- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

松岡修造「圭が一番悔しい」

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会初日の31日、四大大会初優勝を狙っていた第4シードの錦織圭(日本)は世界ランク41位のB・ペール(フランス)に4-6, 6-3, 6-4, 6-7 (6-8), 4-6のフルセットで敗れ、初戦で姿を消した。試合後、松岡修造(日本)氏が1日に自身のブログを更新し、ショックの大きさを綴った。

>>全米オープン対戦表<<

「ただいま放心状態の松岡修造・・・、同時に放心状態の錦織圭選手・・・どうしてこうなってしまったのか、わからない・・・」

この試合、錦織は第1セットを落とすも、第4セットのタイブレークではマッチポイントを2本握った。しかし大事な場面でミスを犯してしまい、ペールに勢いを与えてしまった。

最後はこの日21本目のサービスエースをペールに決められ、昨年ファイナリストの錦織は3時間14分で敗れた。

松岡氏は「テニス選手として、その気持ちは痛いほどよくわかる。なぜなら圭のテニスは悪くなかった!からだ。ただ、自分のペースに持っていくことができなかった・・・」と綴った。

激しいラリー戦からドロップショットを放つなど、トリッキーなプレーをしてきたペールについては「斬新なテニス、訳がわからないテニス、教科書にないテニス、まさに・・・ペールゾーンテニス(無我の境地テニス)だった。本当にペールは曲者だった!あまりにも常識外テニスだったので、圭はまったく自分のリズムをつかむことができなかった。」と評価した。

また、バックハンドの強打を武器とするペールを「なんでわざわざバックハンドに回り込んで攻撃するんだ!女子テニスにはあるが男子では考えられないこと。ここまで回り込んでくるのは想定外・・・」と松岡氏。

最後に「圭が一番悔しいのは間違いない。」と錦織を気遣い「そして全米オープン後に待ち構えているデ杯(入れ替え戦)、楽天ジャパンオープン、そしてATPファイナル
に向けて切り替えて行かなければいけない。だた、これはそう簡単ではない。そこを乗り越えた時、圭がまた大きく成長していることを期待したい。」と今後の活躍を期待した想いを綴った。

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・錦織撃破ペール「相当嬉しい」
・錦織破る波乱の立役者ペール
・昨年準V錦織 今年は初戦敗退
(2015年9月1日11時31分)

その他のニュース

10月20日

【告知】ダニエル太郎vs綿貫陽介 (7時55分)

杉田祐一、準々決勝はデルポ (7時25分)

鈴木貴男のTENNIS TALK第4弾 (7時00分)

10月19日

清水悠太らスーパーJr8強 (22時28分)

杉田、苦戦も元世界8位を撃破 (21時03分)

【1ポイント速報】杉田vsバグダティス (21時00分)

連敗脱出 4年連続の準々決勝へ (17時51分)

珍事 猫がコート乱入で中断 (17時28分)

ダニエル太郎、綿貫陽介戦へ (17時07分)

【1ポイント速報】太郎vsマトセビッチ (17時06分)

19歳の綿貫陽介 海外CH初8強 (15時08分)

2017年は男子テニスが一変 (12時27分)

MPしのいで大会初8強 (11時13分)

キリオス初戦敗退 逆転許す (8時51分)

トップ4シードが初戦敗退 (7時55分)

マクラクラン組 逆転勝ちで8強 (7時16分)

10月18日

【1ポイント速報】マクラクラン 複1回戦 (22時10分)

守屋宏紀 元世界8位に敗れる (20時58分)

カープ女子 二宮真琴が始球式 (19時28分)

西岡ら主催のイベントが開催 (18時03分)

ジョコ、ズベレフらとジムへ (17時11分)

第1シード ケルバー初戦敗退 (16時16分)

レック興発、西郷幸奈と契約 (16時02分)

伊藤竜馬 第1シードに敗れる (14時45分)

ナダル 膝の負傷でスイス欠場 (12時12分)

19歳ルブレフ 予選勝者に敗れる (12時00分)

ラケット破壊 ペール初戦敗退 (10時32分)

杉田祐一 2回戦は元世界8位 (8時38分)

キリオス 芝開幕戦に出場 (7時28分)

10月17日

シャラポワ 前週Vも初戦敗退 (23時15分)

杉田祐一 大会初の2回戦進出 (21時06分)

【1ポイント速報】杉田vsイストミン (21時05分)

19歳綿貫陽介 海外CH初勝利 (17時15分)

21歳以下最終戦 2人目が確定 (16時49分)

ダニエル太郎 快勝で初戦突破 (14時36分)

エース15本放ち逆転勝利 (12時39分)

ファイナルズ 出場枠残り4つ (10時59分)

怪我でシーズン終了を報告 (9時23分)

清水悠太ら 本戦ドロー発表 (7時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!