- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

奈良 2回戦で昨年覇者と激突

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は30日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク57位の奈良くるみ(日本)が同97位のM・リネッタ(ポーランド)と対戦し、3-6, 6-3, 4-3の時点でリネッタの途中棄権を申し入れたため、奈良は2年連続の初戦突破を果たした。2回戦では、昨年覇者で第2シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)と対戦することが決まった。試合後、奈良はリネッタ戦について、さらに昨年初のツアータイトルを獲得した後の変化について語った。

【会場でしか買えない 全英タオル】

気温が高い中行われたこの試合、第1セットでリードしていたのは奈良だったが、その後リネッタにペースを奪われてこのセットを落とす。

第2セットでは、両者ブレーク合戦の続く中、奈良が第9ゲームでこのセット3度目のブレークに成功してこのセットを奪い返し、1セットオールとした。

勝敗を決める第3セットでは、第7ゲーム終了時にリネッタがメディカルタイムアウトを要求。結果、第8ゲームに途中棄権を申し入れることとなり、奈良が2回戦進出を決めた。

暑い中での試合だった奈良は「ウィンブルドンでこれだけ暑いのは珍しいので、そこはちょっと暑いなと思いましたけど、暑さには強いので大丈夫でした。」とコメント。

リネッタとの1回戦については「彼女(リネッタ)もストロークがすごくしっかりしている選手なので、お互いミスが少なくラリーが多かったと思うんのですが、その中で今日はセカンドセットからコートの中に入っていくことを意識出来たので、それが良かったです。」と振り返った。

昨年2月のリオ・オープンでツアー初優勝を飾った奈良。

優勝前と優勝後で変わったことについては「やはり、優勝は考えられないくらい自分の中で大きなことだったので、もっと上にいけるんじゃないかという気持ちにさせてくれました。」と話した。

1回戦を突破した奈良は、2回戦では昨年覇者で第2シードのクヴィトバと激突する。

(コメントはWOWOWから抜粋)

ウィンブルドンタオル

中古ラケット買取


■関連ニュース■ 

・奈良くるみ 相手棄権
・反省の奈良、課題残る
・奈良と土居 下半分に固まる


■最新ニュース■ 

・錦織 同ブロック選手も登場
・新鋭18歳 ジョコらに続くか
・杉田 敗戦の悔しさ露わに
(2015年7月1日16時45分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!