- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

杉田 敗戦の悔しさ露わに

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は30日、男子シングルス1回戦が行われ、予選を勝ち抜き2年連続の本戦入りを果たした杉田祐一(日本)は本戦初勝利とはならなかった。世界ランク107位のB・カブチッチ(スロベニア)に6-7 (3-7), 3-6, 6-7 (5-7)のストレートで敗退。試合後、杉田はカブチッチ戦について、さらに今後の意気込みを語った。

【会場でしか買えない 全英タオル】

この試合、9度のダブルフォルトを犯した杉田は、ファーストサービスの調子が上がらず、6度のブレークを許してしまう。しかし、杉田も4度のブレークに成功して2度タイブレークに持ち込んだが、ストレートで敗れることとなった。

昨年のウィンブルドン予選で3試合を勝ち抜き、グランドスラム初の本戦入りを決めた杉田。今年も予選突破し、2年連続で本戦入りを決めるも、本戦1回戦の壁は今年も破れなかった。

「非常に悔しかったです。毎年毎年、良い成績を選手である以上狙っているので、今年こそという想いで挑んだのですが。サービスがあまり調子良くなかったんですけど、何かが悪くても他でカバー出来るような、変幻自在なプレーをもう少し出来ないなといけないなと思っています。」と、敗戦の悔しさを露わにした杉田。

さらに「全米前にツアー大会がアメリカで多くあるので、まずはそこで良い成績を出して良い形で全米に挑みたいです。」と、今季最後のグランドスラムである全米オープンを視野に、今後の意気込みを語った。

また、今大会には杉田含め第5シードに錦織圭(日本)添田豪(日本)、予選を勝ち上がった守屋宏紀(日本)が本戦に出場していたが、杉田、添田、守屋は1回戦敗退。日本勢男子は錦織のみ勝ち残っている。

(コメントはWOWOWから抜粋)

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル

中古ラケット買取


■関連ニュース■ 

・杉田 2年連続の本戦へ
・杉田祐一 初GSは格上に大健闘
・杉田祐一「必ず戻って来たい」


■最新ニュース■ 

・錦織 同ブロック選手も登場
・新鋭18歳 ジョコらに続くか
・BIG4順当 期待ソック敗れる
(2015年7月1日15時43分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!