- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 史上3人目の快挙

男子テニスツアーのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝)は21日、シングルス決勝が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が世界ランク45位のA・セッピ(イタリア)を7-6 (7-1), 6-4のストレートで下し、3連覇を達成すると同時に大会8度目の優勝を果たした。今回優勝したことにより、フェデラーはオープン化以来、同一大会で8度以上の優勝を飾った史上3人目の選手となった。

【会場でしか買えない 全英タオル】

「もちろん、特別な瞬間さ。ウィンブルドンを直前にしてこの大会で8度目の優勝なんて。感動を覚えずにこの優勝はありえない。」とフェデラーは、この優勝を素直に喜んでいた。

芝の大会でこれが20度目の決勝戦だったフェデラーは、15度目のタイトル獲得となり、通算で86度目の優勝を飾った。現役選手としては、芝の大会では最多優勝で、次に多いのはL・ヒューイット(オーストラリア)の8度となっている。

「全ての事を考えても、この一週間のプレーは最高だった。最後の4試合は、自分のサービスゲームでは一度もブレークされなかったと思う。それは、大切な場面で正しいプレーが出来ていると言う自信を与えてくれている。」と、自身のプレーに満足していた。

今回フェデラーは、ブリスベン、ドバイ、イスタンブールに続く今季4度目の優勝となり、8日後に開幕する今季3度目のグランドスラムであるウィンブルドンへ弾みをつけた。

「芝でのプレーの1つの大きな秘訣は、ボールを打つ瞬間にどのショットを打つか、正しいプレーをするかでポイントに繋がり勝利を導ける。完璧なプレーをしていても、間違った判断を下した瞬間に、それが芝では結局敗戦へと繋がってしまうんだ。」と、芝での戦い方の難しさをフェデラーは語っていた。

フェデラーは同大会の決勝戦ではこれまで2回しか負けていない。2010年にヒューイットに、2012年にT・ハース(ドイツ)に敗れていた。

33歳のフェデラーはオープン化以来、同一大会で8度以上の優勝を飾った史上3人目の選手となった。R・ナダル(スペイン)が全仏オープンで9度、モンテカルロ・マスターズで8度、G・ビラス(アルゼンチン)がブエノスアイレス大会で8度の優勝を飾っていた。

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・フェデラー「ありがとう」
・ダークホースのセッピ健闘
・錦織 フェデラーの決勝ならず


■最新ニュース■ 

・錦織ら襲った芝の脅威
・波乱大会は制したのはマレー
・錦織ら棄権 セッピ「初めて」
(2015年6月22日9時11分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!