- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー ナダル下し7年ぶりV

男子テニスツアーのマスターズ大会であるムチュア・マドリッド・オープン男子(スペイン/マドリッド、レッドクレー、賞金総額4,185,405ユーロ/優勝賞金799,450ユーロ)は10日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードのA・マレー(英国)が第3シードのR・ナダル(スペイン)を6-3, 6-2のストレートで下してナダルの大会3連覇を阻み、同大会2008年以来7年ぶり2度目の優勝を飾った。

両者は今回が21度目の対戦となり、マレーとナダルの対戦成績は6勝15敗とした。クレーでの対戦では、今回マレーは初めてナダルから勝利をあげた。

マレーのサービスゲームから始まったこの試合、第1セットの第2ゲームでマレーはナダルのセカンドサービスに対してしっかり前に入ってリターンエースを決め、最後はナダルのストロークがアウトしてマレーが早くもブレークに成功する。

試合序盤、ナダルは緊張からか堅さが見られ、フォアハンドのミスが多かった。

しかし第7ゲームでは、それまでミスしていたナダルのストロークが決まり始め、マレーは2度のブレークチャンスを与えてしまう。しかし、粘りを見せたマレーがここから4ポイント連取してピンチをしのぎキープ。その後もマレーは、安定したサービスゲームを展開して第1セットを先取。

一方、第1セットでナダルはマレーにブレークされたサービスゲーム以外は、すべてラブゲームでキープしていた。

第2セットでは、第1ゲームでナダルらしくないミスが目立ち、マレーはリターンでナダルにプレッシャーをかけ、最後はナダルのバックハンドがネットにかかり、マレーがブレークに成功する。

その後第3ゲームでもブレークに成功したマレーは3ゲーム連取。その後もナダルに1度もブレークチャンスを与えず、最後まで試合の主導権を握り、攻めの姿勢を変えずマレーが勝利を手にした。

優勝したマレーは「ナダルとスペインで試合することは、大変厳しい状況ではありますが、だからこそこういった厳しい試合、このクレーでナダルに今日勝利をすることが出来たことを非常に嬉しく思っています。」と話し、今大会に関わっている方々に感謝の言葉を送った。

続けて「チームのみなさん、私を信じてくれて、クレーコートシーズンで良いスタートを出来たことを嬉しく思います。もう少しで全仏オープンですが、そこに向けてまた頑張っていきたいと思います。」とコメントした。

世界ランク3位のマレーは過去同大会で、2008年の準決勝でR・フェデラー(スイス)を破り、決勝ではG・シモン(フランス)に勝利して大会初の優勝を飾っている。しかし、この時のサーフェスはハードコートで、クレーになってからはベスト8進出が最高成績となっていた。

今大会は初戦となる2回戦でP・コールシュライバー(ドイツ)、3回戦で主催者推薦枠で出場のM・グラノジェルス(スペイン)、準々決勝で第5シードのM・ラオニチ(カナダ)、準決勝で第4シードの錦織圭(日本)を下して勝ち上がり、今回決勝では大会2連覇中のナダルを下しての優勝となった。

優勝したマレーは、今回がマスターズ10度目の優勝となり、2013年のマイアミ・オープン以来のタイトル獲得となった。

一方、準優勝のナダルは過去同大会で2005・2010・2013・2014年と4度の優勝を飾っており、今大会は決勝まで1セットも落とさない圧倒的な強さで勝ち上がったが、マレーとの決勝ではミスが目立ち、観客の声援を受けるも応えられず大会3連覇とはならなかった。

しかし、今季は不調なシーズン序盤戦となっているナダルだが、先日行われたモンテカルロ・ロレックス・マスターズ準決勝ではN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れるも大会を通じて「自信を取り戻せた」とコメント。

今大会は3連覇こそ出来なかったものの、相性の良い全仏オープンで本調子のクレーキング・ナダルが見られるか期待がかかる。


■関連ニュース■
・ナダルとマレー 決勝で激突
・錦織 ナダルとの決勝ならず
・マレー ラオニチ下し4強入り


■最新ニュース■
・ムチュアマドリッド ドロー表
・錦織 ローマは第5シードで出場
・奈良 くるみ 好調21歳に2連敗
(2015年5月11日5時08分)

その他のニュース

5月20日

賞金総額2万円!団体戦が開催 (14時22分)

【告知】全仏オープン予選1回戦 (13時47分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

5月17日

ナブラチロワとエバートの記録に並ぶ (22時58分)

17歳の西村佳世が4強入り (21時00分)

松井/上杉ペア 2大会連続決勝へ (18時09分)

シュワルツマン不満、活躍に見合わず (16時57分)

収入ランク、テニス選手はトップ50入らず (15時54分)

西岡良仁ら 能登半島地震の支援に参加 (15時25分)

26歳の躍進 カギは「ウナギ」にあり (14時58分)

ワウリンカとマレーは2回戦で敗退 (14時01分)

「WTA1000」 2大会連続同カードの決勝に (12時01分)

ローマ4強 ズベレフがV候補筆頭に (11時12分)

マレー、ラケット変更理由明かす (10時08分)

ガウフに快勝、女王が今季4勝目に王手 (8時40分)

マスターズ1000で2名のチリ人が4強の快挙 (7時32分)

ダニエル太郎 元世界9位に屈し8強逃す (3時14分)

西岡良仁 1回戦で途中棄権 (2時55分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsナカシマ (1時08分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバウティスタ=アグ (0時40分)

トップ10に連勝!激闘制し4強入り (0時09分)

【動画】まさかのミスに審判も味方も爆笑 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!