- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 再び4位に浮上なるか

男子テニスのマスターズ大会、BNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、賞金総額7,107,445ドル)のドローが発表され、先日行われたデビスカップで日本は2勝3敗でカナダに敗れるものの、2戦全勝しエースとしての役割を果たした錦織圭(日本)が第5シードとして出場することとなった。

今大会の上位シード勢は1回戦免除のため、2回戦からの登場となる。

1回戦免除の錦織は、初戦となる2回戦でプロテクトランキングで出場のM・フィッシュ(アメリカ)と主催者推薦枠で出場のR・ハリソン(アメリカ)の勝者と対戦することが決まった。

フィッシュは現在33歳で、キャリア通算6勝をあげており、2011年8月には自己最高位の7位を記録。その年の11月には、シーズン最後のツアー大会であり、年間で獲得したポイントの上位8選手しか出場できないツアーファイナルにも出場した実力者。

2012年5月に心臓の不整脈を治療するための手術を受け、その後治療を続けつつ大会にも出場していたが、9月の全米オープン以降は大会を欠場する状態が続いていた。

その後、2013年3月のBNPパリバ・オープンから復帰するがアメリカ国内の6大会のみに出場し、2013年8月に行われたウィンストン・セーラム・オープン2回戦敗退を最後に大会出場は無かった。

フィッシュは今年2月に行われた下部大会のRBCテニス・チャンピオンシップのダブルスにのみ出場し、今大会はプロテクトランキング※を使用してシングルス復帰を果たすこととなった。

(※プロテクトランキング…ケガや病気で大会出場が出来ない選手が使用できる制度。)
錦織とフィッシュは、2011年の米男子クレーコート選手権で1度だけ対戦しており、その時は錦織がストレートで勝利をおさめていた。

一方、ハリソンは22歳で現在世界ランク110位で自己最高ランクは2012年7月に記録した43位。

先日行われたアビエルト・メキシコ・テルセル男子では、予選を勝ち上がり本戦に出場。本戦では2回戦でG・ディミトロフ(ブルガリア)、準々決勝でI・カルロビッチ(クロアチア)らシード勢を破ってベスト4進出を決めていた。

錦織とハリソンは、2月のメンフィス・オープン2回戦で対戦しており、その時は第1セットを落とした錦織だが、その後第2・第3セットを先取して逆転で勝利をおさめた。

《逆転勝利の錦織 3年連続8強》

今大会のシード勢が順当に勝ち上がると、錦織は3回戦で第28シードのF・ベルダスコ(スペイン)、4回戦で第12シードのF・ロペス(スペイン)、準々決勝で第4シードのA・マレー(英国)、準決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する可能性がある。

過去同大会で錦織は、2013年と2014年に3回戦進出したのが同大会での最高成績となっており、昨年は元世界ランク2位のT・ハース(ドイツ)に敗れて4回戦進出を逃した。

《昨年同大会の記事はこちら》

現在世界ランク5位の錦織は、4位のマレーとはわずか10ポイント差。昨年同大会でマレーは4回戦で敗れている。

もし、マレーが4回戦より前に敗れ、錦織が4回戦進出を決めた場合、他選手の活躍にもよるが錦織はマレーを再び抜いて4位に浮上する可能性がある。


■関連ニュース■ 

・錦織「2勝出来て誇りに思う」
・エース錦織 ラオニチ下す
・錦織「自信を持って出来た」


■最新ニュース■ 

・錦織圭 マレーと入れ替わる
・フェデラー「いつかは破られる」
・クルム伊達 涙の途中棄権


■最新動画■ 

・ジョコビッチが世界王者の意地を見せる
・全豪で4強入りしたドディグ/メロ組特集
(2015年3月11日12時00分)

その他のニュース

1月29日

【速報中】ナダルvsティーム (19時25分)

国枝と上地 全豪OP初戦突破 (19時20分)

キリオス「5年前より進化」 (16時16分)

【告知】ジョコビッチvsフェデラー (15時50分)

ズベレフ初4強 ワウリンカ撃破 (15時06分)

女王バーティ 全豪OP初4強 (13時57分)

ハレプ 圧勝で2年ぶり4強へ (12時27分)

死闘フェデラー 地元紙「奇跡」 (12時18分)

ズべレフvsワウリンカに注目 (11時54分)

ナダルら全豪OP10日目詳細 (11時11分)

ハレプら全豪10日目詳細 (10時36分)

1月28日

ジョコ4強 フェデラー戦へ (20時41分)

フェデラー「本当にラッキー」 (20時40分)

【ポイント速報】全豪OP準々決勝 (19時44分)

サフィンらレジェンドが登場 (19時18分)

フェデラー 死闘制し4強へ (16時50分)

ケニン 四大大会初の4強へ (12時56分)

ワウリンカ「自信失っていた」 (12時50分)

フェデラーら全豪9日目詳細 (12時07分)

ナダル「キリオス才能ある」 (9時49分)

キリオス「悲惨なニュース」 (8時54分)

バーティに豪現地紙が注目 (7時34分)

バーティら全豪9日目詳細 (7時32分)

1月27日

ナダル8強 地元キリオス撃破 (21時41分)

15歳ガウフ 熱戦制し複8強 (21時40分)

豪のレジェンドたちが登場 (21時37分)

【1ポイント速報】ナダルvsキリオス (20時45分)

ワウリンカがメドヴェデフ撃破 (16時49分)

大坂 コービー氏の死に悲しみ (16時23分)

全豪OP 練習コートを開放 (16時22分)

三井駿介ら ジュニア日本勢敗退 (16時16分)

フェデラー 次戦相手「俊敏」 (12時43分)

注目のナダルvsキリオス (12時28分)

15歳ガウフ「五輪出たい」 (11時13分)

ナダルら全豪OP8日目詳細 (11時09分)

1月26日

フェデラー 序盤苦戦も8強へ (21時47分)

【1ポイント速報】全豪OP4回戦 (19時07分)

8強ジョコ「うまくできた」 (18時59分)

全豪OP 会場ファン国歌熱唱 (18時57分)

ジョコ撃破なるか「支配する」 (16時40分)

大坂破った15歳ガウフ敗退 (14時55分)

キリオス「ナダル知らない」 (11時27分)

ナダル、キリオス戦へ見解 (10時53分)

ジョコ 4回戦へ最終調整 (10時36分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!