- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

最長戦制したアルゼンチン8強

男子国別対抗戦であるデビスカップのワールドグループ1回戦は9日、アルゼンチン対ブラジルの第5試合が行われ、2日に渡って行われたF・デルボニス(アルゼンチン)T・ベルッチ(ブラジル)の試合は6-3, 3-6, 6-2, 7-5でデルボニスが勝利し、アルゼンチンがベスト8進出を決めた。

当初8日に行わるはずだったが、第4試合のL・マイェール(アルゼンチン)J・ソウザ(ブラジル)の試合がデビスカップのシングルスで史上最長試合、6時間42分となったため、デルボニスが1セット先取した段階で日没により順延となった。

《マイェール 史上最長時間制す》

世界ランク83位のデルボニスは試合再開後に第2セットを落とすが、その後の2セットをデルボニスが取り2時間59分で勝利した。

勝利したアルゼンチンは準々決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)擁するセルビアと対戦する。

2010年から毎年準決勝以上の成績を残していた南米の強豪アルゼンチンは2013年に準決勝進出を果たしていたが、昨年は1回戦でイタリアに敗れワールドグループ残留を懸けてプレーオフでの戦いを強いられていた。

初タイトルを狙うアルゼンチンは1981、2006、2008、2011年と準優勝に終わっている。

敗れたブラジルはG・クエルテン(ブラジル)がエースとして活躍していた2001年以来となる準々決勝進出を狙っていたが惜しくも叶わなかった。ブラジルは1992年と2000年の準決勝進出が最高成績となっている。


■関連ニュース■ 
・イタリア敗退 8強入り逃す
・2勝ポスピシル「結果を残せた」
・8強決めたマレー「最高の気分」


■最新ニュース■ 
・クルム伊達 試合終盤で棄権
・錦織 圭 マレーと入れ替わる
・奈良 くるみ 8強入りで上げる


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年3月10日12時29分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!