- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコビッチ 8年連続ベスト8

テニスのグランドスラム、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、賞金総額17,748,600ドル)は26日、男子シングルス4回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)がノーシードで勝ち進んだG・ミュラー(ルクセンブルグ)を6-4, 7-5, 7-5のストレートで下し、大会8年連続ベスト8進出、グランドスラムでは2009年ウィンブルドンから24大会連続ベスト8以上に進出した。

この試合、ジョコビッチはファーストサービスが入った時82パーセントと高い確率でポイントを獲得し、ミュラーに1度もブレークを許すことなく、各セット1度ずつ3度のブレークに成功し、2時間8分で勝利した。

第1セット中盤、ミュラーに逆を突かれたジョコビッチは反応することができず転倒してしまう。その際にラケットを手に持ったまま地面に右手をつけてしまい手の甲を擦りむいてしまう場面があったが、ゲームを終えチェンジエンドの際にトレーナーを呼び、擦りむいた右手の治療を受けその後のプレーに支障無く続けられた。

両者は今回が初対戦となり、勝利したジョコビッチは準々決勝で第12シードのF・ロペス(スペイン)を6-4, 4-6, 6-3, 6-7 (7-9), 6-3で下した第8シードのM・ラオニチ(カナダ)と対戦する。

ジョコビッチとラオニチは5度目の対戦となり、これまでの対戦は全てジョコビッチが勝利、前回対戦した昨年のBNPパリバ・マスターズ決勝ではインドアで圧倒的な強さを見せるジョコビッチがラオニチを一蹴した。

《ジョコビッチvsラオニチ BNPパリバ・マスターズ》

この日も安定した強さを見せつけたジョコビッチは今大会、1回戦で予選勝ち上がりのA・ベデネ(スロベニア)、2回戦でA・クズネツォフ(ロシア)、3回戦でF・ベルダスコ(スペイン)、4回戦のミュラーと1セットも落とすことなく勝ち進んでおり、今大会男子で1セットも落とさずに勝ち進んでいるのはジョコビッチと第7シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)のみとなっている。

過去同大会で、過去同大会で2008年にJW・ツォンガ(フランス)を下して初優勝を飾り、2011年はA・マレー(英国)、2012年はR・ナダル(スペイン)、2013年はマレーを下して大会3連覇、4度の優勝を達成しており、2年ぶり5度目の優勝を狙う。

ジョコビッチとラオニチの準々決勝は28日に予定されており、この試合の勝者は準決勝で第4シードのS・ワウリンカ(スイス)と第5シードの錦織圭(日本)の勝者と対戦する。


■関連ニュース■ 
・ジョコビッチ プロポーズを祝福
・ジョコビッチ 9年連続4回戦へ
・ジョコビッチ ベッカーを語る


■最新ニュース■ 
・V2狙うワウリンカ 錦織と対決
・錦織「全部本当によかった」
・マレー 地元キリオスを警戒


■関連動画■ 
・マレー/ マッケンロー組vsヘンマン/ キャッシュ組
・フェデラーvsワウリンカ【最終戦準決勝】
(2015年1月27日4時48分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!