- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

デ杯 フランスの敗因は監督か

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ決勝(フランス/ リール、インドアクレー)、フランスとスイスの試合は1勝3敗でスイスが勝利し、スイスの初優勝で大会を終えた。

決勝を行うに当たりフランスはR・フェデラー(スイス)を封じ、勝つためにすべての事を行った。

まずホームで開催のフランスは国民のサポートを得る。そして会場をフランスのリール北部のサッカースタジアム、ピエール・モーロア・スタジアムでクレーコートを選択。フェデラーとS・ワウリンカ(スイス)は先日まで行われていたツアー・ファイナルズのハードコートからわずか1週間程度でサーフェスの変化に対応しなくてはいけない状態にした。

そしてフランスはチーム力強化のため1週間前から合宿を行ったが上手く行かなかった。

「私たちはいろんなことがどのように変化したがすぐに見たよ。週の前半ではロジャー(フェデラー)の背中の状態についてと、フランスチームの準備の完璧さについて報道されていた。しかし終わってみると反対だったね。」とワウリンカは話している。

フランスは10度目の優勝を逃した。2010年にはセルビアに、2002年にはロシアに敗れ準優勝としている。今回の敗因は監督A・クレマン(フランス)の采配によるものではないかという声が浮上している。

クレマンは23日、地元メディアからの批判に直面していた。その内容はJW・ツォンガ(フランス)が試合前から腕を痛めていたにもかかわらず、22日に行われたシングルスに出場させたことについてだ。

ツォンガは合宿中に腕を痛めたにも関わらず、シングルスに出場すると決めた。しかしツォンガはワウリンカと対戦し敗れた。そしてツォンガに代わりR・ガスケ(フランス)が出場したダブルスでもフランスは敗れ、1勝2敗と後が無くなっていた。

23日に行われたシングルスでもガスケが出場し、フェデラーと対戦するもストレートで敗れフランスの準優勝が決まった。

「監督としてもちろん考えてた。より良い作戦は無いかと。トレーニング中にも試合中にも自分に問いかけていた。」とクレマンは話し、「私には素晴らしい未来が必要だった。しかしスイスは私たちより優れていた。」とコメントした。

ツォンガの怪我は23日までフランスは確認できていなかったが、フランス・テニス協会会長のジャン・ガシャサン氏が地元フランスのテレビのインタビューで、ツォンガは肘に痛みがあるため、23日のシングルスに出場するかわからないとコメントし、混乱を招いていた。

クレマンはツォンガの怪我を隠しておきたかった。

フェデラーはツォンガと対戦するつもりでいたが、ガスケとの対戦に変更されても6-4, 6-2, 6-2のストレートで勝利した。

フランスは選手層が厚いためツォンガに代わる選手が多くいる。

今回控えのG・シモン(フランス)はチャンスが与えられるべきだったのではという質問に対し、「そういう考えはずいぶん前にやめたよ」と答え、ツォンガの試合出場については、「ジョー(ワウリンカ)が決めたこと。何が起こるかなんて考える必要もないよ。」と話した。

シモンは10月に行われた、上海マスターズでワウリンカを下し、フェデラーに敗れるも準優勝を果たしていた。

フランスにとって唯一嬉しかったことといえば、21日に行われたシングルス2試合目でG・モンフィス(フランス)がフェデラーを下し、1勝1敗としチームの勝利に貢献したことだった。

顔を暗くしていたモンフィスはただ一言「残念だった。」とコメントを残した。


■関連記事■ 
・フェデラー勝利 デ杯初優勝
・フェデラー 「全てを出しきる」
・ワウリンカが1勝あげる
・フェデラー「彼の方が勝ってた」
・フェデラー 「リスクが高過ぎる」


■関連動画■ 
・ディミトロフが連覇に挑む
・錦織が今季飛躍を遂げた理由
(2014年11月24日12時24分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!