- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 「全てを出しきる」

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ決勝(フランス/ リール、インドアクレー)、スイスとフランスの対戦は2日目の22日、ダブルスが行われ、R・フェデラー(スイス)/ S・ワウリンカ(スイス)組がJ・ベネトー(フランス)/ R・ガスケ(フランス)組を6-3, 7-5, 6-4のストレートで下し、スイスは2勝1敗と初優勝に王手をかけた。

最終日に行われるリバース・シングルスの第1試合でフェデラーがJW・ツォンガ(フランス)を下すと、その時点でスイスの初優勝が決まる。もしフェデラーが敗れると、続いて行われるワウリンカとG・モンフィス(フランス)の一戦で勝敗が決まる。

17回のグランドスラム優勝を誇るフェデラーは、初日に行われたシングルスでは腰の怪我が心配される中モンフィスとの試合に登場するもストレートで敗退。しかしこの日もフェデラー自身もまだ手にしていないデビスカップのタイトル獲得のためにダブルスに急遽出場し、フランス・ペア相手に最高のプレーを披露していた。

「今はもう大丈夫。」と現状を語るフェデラーは、先週行われたATPワールドツアー・ファイナルズのワウリンカとの壮絶な準決勝の試合中に腰を負傷し、翌日の決勝戦を棄権するほどの怪我を負っていた。

「腰の状態を知りたいのはよく分かる。でも自分もみんなと同じくらい分かっているんだ。これまでも何も隠さず正直に話している。自分にとっては今が大切で、どう感じているかに関わらず、今の自分が100パーセントだと感じているし、全てを出しきるつもりでいる。」

2008年の北京オリンピックで金メダルを取っていたフェデラーとワウリンカだったが、デビスカップではこのペアでここまで4試合連続で勝利を飾れていなかった。この日はこのペアで約3年ぶりの勝利を飾ると同時にクレーコートでの初勝利を決めていた。

「今回のダブルスへ向けての精神的な準備の仕方がこれまでとは違ったんだと思う。良いプレーさえ出来れば必ず勝てると信じて臨んでいたんだ。」と、ワウリンカが試合へは勝利への高い意識で臨んでいた事を明かした。

会場となった新しく改修されたピエール・モーロワ・スタジアムはドラムやベルや声援で溢れる中、フェデラーとワウリンカは1度もブレークを許さず、第2セットでは相手ペアに握られたピンチを切り抜けると、大切なポイントでは主導権を握る展開を披露していた。

今年の全仏オープンで地元優勝を飾ったベネトーは「彼等はとても安定したプレーをしていた。ロジャー(フェデラー)はとてもサービスが良かったし、スタン(ワウリンカ)と共にサービスの次のショットがとても有効的に打ってきていた。ほとんどミスをしなかった。いや、全くと言うほどだった。」と、親指を上げて相手のプレーを称賛していた。

そして「ネットではスタンがミスも少なく本当に良かった。今日自分達は、二人の信じられないビッグ・サーバーと対戦したようなものだった。」と、完敗を認めていた。

当初スイスは、M・キウディネッリ(スイス)とM・ランマー(スイス)をダブルスに起用する予定だった。しかしスイス監督のスヴリン・ルッチ氏は、フェデラー自身に十分戦える状態である事を確認した上で、ワウリンカとのペアでのダブルスへと試合直前に変更した。

一方のフランス監督であるA・クレマン(フランス)氏は、予定通りベネトーとガスケのペアで試合に臨んでいた。この決勝戦前はガスケとツォンガのペアでダブルスの練習をしていたが、ツォンガではなくベネトーを起用した事で、もしかしたらツォンガが怪我をしているために、シングルスへ向けて休養させているのではないかと憶測が飛んでいた。

しかしクレマン氏は「もし何かあったと想像してみてくれ。そうだったら、これ以上何も言わないよ。もちろん今日は、ジョー(ツォンガ)をとある理由から休養させた。でも明日のシングルスには全く問題はないさ。」と、そんな憶測を一蹴していた。

しかし後に、フランス・テニス協会会長のジャン・ガシャサン氏は地元フランスのテレビのインタビューに、ツォンガが肘に痛みがあるために、日曜日のシングルスに出場するかが微妙であるとコメントしていた。

フェデラーがダブルスでは更に良いプレーが出来るだろうとする予測は正しかった。彼はサービスもフットワークも前日のシングルスより更に良くなっていた。スイス・ペアは第1セットと第6ゲームでこの日初めてのブレークを奪うと、そのままサービスをキープしそのセットを先取した。

しかし第2セットでは、徐々にフランス・ペアのリターンが良くなり、5回のブレークポイントを握った。しかし好調なプレーを続けるスイス・ペアがその全てを切り抜けると、フェデラーは難しいロブをスマッシュで決めるなど、腰の不安を感じさせないプレーでそのセットの終盤でブレークに成功しそのセットも奪い、詰め掛けたスイス・ファンは歓喜に包まれた。

第3セットもフランス・チームは先にブレークポイントを握られる苦しい展開を強いられたがそれを退けるも、第5ゲームで握られたブレークポイントでは、ワウリンカが鮮やかなパッシング・ショットを決め貴重なブレークを奪い勝利を引き寄せた。

「我々はそのポイントを取りにコートに向かったんだ。終止攻撃的なプレーをし、何をしなければならないかも分かっていたし、その全てが出来たと思う。お互いの事を十分に知っているから、良いコンビでプレーが出来た。」とワウリンカはこの日の試合を振り返り、勝利の喜びを味わっていた。


■関連記事■ 
・ワウリンカが1勝あげる
・フェデラー「彼の方が勝ってた」
・フェデラー モンフィスと対戦
・フェデラー ワウリンカと和解
・フェデラー 「リスクが高過ぎる」


■関連動画■ 
・ディミトロフが連覇に挑む
・錦織が今季飛躍を遂げた理由
(2014年11月23日19時00分)
  • コメント -

    その他のニュース

    1月18日

    YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

    ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

    錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

    フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

    大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

    錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

    ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

    全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

    ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

    1月17日

    ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

    便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

    世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

    ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

    ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

    西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

    全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

    全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

    1月16日

    全豪OP 選手搭乗機に陽性者 (16時55分)

    若手9選手 今季躍進するのは誰? (16時08分)

    獲得賞金の10%寄付を発表 (14時22分)

    大坂に「一貫性が必要」と指摘 (13時00分)

    バーティに伝えた4つのルール (11時49分)

    コロナで祖母と叔母亡くし悲痛 (8時29分)

    1月15日

    大坂 隔離中の写真を公開 (22時09分)

    全豪OPのコロナ対策に感銘 (21時30分)

    錦織らツアーでの親友明かす (17時35分)

    コロナ陽性も渡豪を認める (17時28分)

    ヨネックスとJSTAが契約 (15時10分)

    膝の故障で全豪OPなど欠場へ (15時08分)

    豪に到着「自信を深めたい」 (13時53分)

    「勉強と努力が必要」とコルダ (11時49分)

    陽性のマレーに全豪「残念」 (10時29分)

    渡豪直前にコロナ陽性「失望」 (9時01分)

    大坂 24時間密着企画に出演 (7時35分)

    大坂なおみ ジョコら豪に到着 (0時52分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る
    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!