- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレーが4強 好調元12位と対戦

男子テニスツアーのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、賞金総額約59万ユーロ/優勝賞金約9万4千ユーロ)は17日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードのA・マレー(英国)J・シュトルフ(ドイツ)を6-2, 7-5のストレートで下し、初のベスト4進出を決めた。

両者は今回が初めての対戦となった。

この試合、マレーはファーストサービスが入った時に86パーセントと高い確率でポイントを獲得し、シュトルフのサービスゲームを8度のブレークチャンスから4度ブレークに成功して1時間26分で勝利をおさめた。



準決勝でマレーは、元世界ランク12位で予選勝ち上がりのV・トロイキ(セルビア)と対戦する。

世界ランク11位のマレーは、先日行われたシンセン・オープン決勝でT・ロブレド(スペイン)を逆転で下し、昨年のウィンブルドン以来で今季初優勝を飾った。

《マレー優勝の記事はこちら》

その後のチャイナ・オープンは、準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れるもベスト4進出を果たし、相性の良い上海マスターズでは3回戦でD・フェレール(スペイン)に敗れて準々決勝進出を逃した。

11月9日から行われるATPワールドツアー・ファイナル6度目の出場を狙うマレーは、現在最終戦ランク10位となっており、今大会、さらに翌週以降に行われる大会で好成績を残すことが必須となる。

一方、マレーと準決勝で対戦するトロイキは、昨年7月に血液検査を拒否したことが原因で12ヶ月の出場停止を命じられ、今年7月に復帰した。

出場停止によりランクが847位まで落ちたが、復帰後はチャレンジャー大会で2度の優勝を果たし、先月行われたシンセン・オープンでは2回戦でフェレールを下してベスト8進出を決めた。そしてランクを徐々に上げていき、現在127位にまでランクアップした。


■関連記事■ 

・チリッチ 元5位に逆転勝利
・復帰の元12位 初のベスト4入り
・ディミトロフ 逆転で4強入り
・元世界3位 ダビデンコ引退
・マレーの元コーチ 復帰「まだ早い」


■関連動画■ 

・錦織らトップ選手が出場を目指す"ツアー最終戦"とは!?
・力強いプレーを可能にする臀部のトレーニングを紹介!
(2014年10月18日16時13分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!