- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレーの元コーチ 復帰「まだ早い」

ATPが統括するシニア大会のチャンピオンズ・ツアーであるラ・グランデ・スフィーダ(イタリア/ジェノバ&ミラノ)へ出場するためにイタリア入りした元世界ランク1位のI・レンドル(アメリカ)が、コーチ復帰について問われ「それにはまだ早い」と、その意思がまだない事を明かした。

「すぐにそうなるとは思わない。誰にも分からないさ。常に感じている事だが、正しい状況が必要だし、正しいタイミングも必要なんだ。それが6カ月先になるかも知れないし、4年先になるかも知れない。」と、レンドルはコーチ復帰について語っていた。

数日前、同じチェコ出身で現在世界ランク7位のT・ベルディヒ(チェコ共和国)がレンドルへ自身のコーチになって欲しいとのリクエストを出す話し合いを持った事を明かしたが、「今は忙し過ぎる」との理由から断られたと発表していた。

レンドルはA・マレー(英国)のコーチに就き、2012年に地元で行われたロンドン五輪での金メダル獲得、そしてその年の全米オープンではマレーのグランドスラム初優勝へ導くばかりか、2013年には地元で行われるウィンブルドンで、イギリス人として77年ぶりとなる悲願の優勝へも導く手腕を発揮していた。

「今は自分でプレーしているのが楽しいし、もうちょっと自由な時間を持つことを楽しんでいたいんだ。年間25週間も世界を飛び回るのはちょっと長過ぎさ。この年齢ではそれをしたいとは今は思わないんだ。」と、コーチ業についてコメントしていた。

ベルディヒは長い間レンドルと一緒に戦いたいと言って来たが、月曜日に自身のツイッターで「今日レンドルとテニスについて語り合い、素晴らしい時間を過ごした。結果は?彼は僕を助けたいとは言ってくれたけど、今は忙し過ぎるそうさ。」と呟いていた。

10月17日にジェノバで、18日はミラノで開催されるそのシニア大会には、レンドルに加えJ・マッケンロー(アメリカ)G・イバニセビッチ(クロアチア)M・チャン(アメリカ)が出場する。

イバニセビッチは現在M・チリッチ(クロアチア)のコーチをしており、先に行われた全米オープンではチリッチの初優勝へ導き、その決勝戦でチリッチは錦織圭(日本)を下していたが、その錦織のコーチにはチャンが就いている。

レンドル、マッケンロー、イバニセビッチ、チャンの4人が出場するシニア大会であるラ・グランデ・スフィーダは、17日にジェノバで準決勝を行い、18日にはミラノで準決勝の敗者同士で3位決定戦が、そして勝者同士で決定戦が行われる。


■関連記事■ 
・ベルディヒ 今季2勝目に前進
・マレー 最終戦を視野に初V狙う
・ラオニチ初戦敗退 最終戦は暗雲
・デル=ポトロ 復帰は先延ばし
・フェデラー 年間王者なるか


■関連動画■ 
・今シーズンの序盤を振り返る
・チリッチの多忙な1日に密着
(2014年10月17日23時56分)
  • コメント -

  • ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!