- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織の飛躍にチャンの存在

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は6日、第10シードの錦織圭(日本)が第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3で下し日本人初の決勝進出を果たしたが、その影には元世界ランク2位で現在錦織のコーチに就いているM・チャン(アメリカ)の力がある事は間違いない。

1989年にわずか17歳の若さで全仏オープンを制したチャン。それは今でもグランドスラム・チャンピオンの最年少記録である。そんなチャンは選手としてもグランドスラムでの勝ち方を知っていたが今となってはコーチとしても錦織を決勝へ導く手腕を発揮している。

チャンは全米オープン中のこの2週間も、錦織の試合には全てコートサイドで観戦していた。鍵を握る場面は手すりに寄りかかり身を乗り出したり、時には飛び上がったり、素晴らしいポイントを取ると握りしめた拳を突き上げたりもしていた。そしてコートサイドから大きな声で錦織を奮起される声援も送っていた。

錦織は「疲れた時やイライラが溜まった時などは、彼(チャン)からのアドバイスは本当に役に立っています。コートサイドからもいつも応援してくれています。」とチャンについてコメントしていた。

1980年代から1990年代にチャンとライバル関係にあり、現在はR・フェデラー(スイス)のコーチをしているS・エドバーグ(スウェーデン)も、錦織の試合中の1ポイント1ポイントで、チャンの力の入れ具合の大きさに気付いていた。

エドバーグの事に対してチャンは「ステファン(エドバーグ)が昨日、僕にコメントしていたんだ。彼は僕に“ 君は実際はコートサイドで観戦しているけど、コート上でプレーしているようさ ”って言うんだ。なぜなら錦織の試合への強い思い入れがあるからね。」と語り、錦織への自身の思いも語っていた。

「興奮せずにはいられないし、圭が良いプレーをした時に気持ちが高ぶらないはずがない。圭は人間的にも素晴らしい。本当に熱心に練習をするし、自分のテニスにもとても真剣に臨んでいるんだ。そんな彼がこうして好成績をあげているのを見るのはとても嬉しい事。」とチャンは続けていた。

錦織のエージェントであるオリビエ・ヴァン=リンドンク氏が最初にチャンに錦織をコーチして欲しいと話を持ち掛けたのは、ちょうど一年前、去年の全米オープン中だった。そしてその数ヶ月後、日本で行われたチャリティ・エキシビションの時に錦織は初めてチャンと顔を合わせた。

そして去年の12月に正式にチャンがコーチとして就任する運びとなった。

チャンは初めはパートタイム・コーチとして錦織のチームに参加し、それまでの4年間ずっとフルタイムでコーチをしていたダンテ・ボッティーニも錦織はそのままコーチとしてチームに残していた。

そしてその3人体制での試みはしっかり実を結び始め、今年の5月には日本人男子として初めてトップ10入りする世界ランク9位を記録した。

ボッティーニは「チャンが選手として経験した事を全て錦織へ伝授している。我々は本当に上手く一緒にやって行けているんだ。お互いの良い所を上手く引き出せている。」とチャンとのコンビについて気持ちを明かしていた。

錦織は、チャンはとても厳しいコーチだが試合中の精神面での大きな助けになっていると言う。

一方のチャンは、錦織と身体的に似ているために、大きな選手との戦い方など共通点があると言う。チャンの身長は175cmで錦織は178cmである。

「圭と自分に共通しているのは、同じようなプレースタイルで試合をする事。だから彼に戦い方を伝授するはそれほど難しい事ではないんだ。大きな選手との対戦だったり、ビッグ・サーバーとの戦い方に対するアドバイスもね。」とチャンは自分のコーチとしての役目を把握していた。

台湾からの移民の両親の下でニュージャージー州で生まれたチャン。アジア人として錦織と共通する部分も感じていた。

「文化的に違いもあるが、お互いアジア人だと言う事から似ている所もある。そんな共通点がコミュニケーションを上手く取れる手助けにもなっているんだ。」

現地月曜日に行われる男子シングルス決勝戦で第14シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する錦織。もしその試合に勝つと錦織は、アジア出身選手として初めてグランドスラムでトロフィーを掲げる事となる。

その試合へ向けてのアドバイスは?と問われたチャンは「まだ何も伝えてはいない。ただどの試合に勝った後でも同じ事を言い続けているんだ。それは “まだ大会は終わっていない ”とね。」とチャンはしっかり優勝を見据えながら、錦織の集中を切らさないようにしていた。




■関連記事■ 

・ジョコビッチ 錦織を称賛
・錦織「もう最高のプレーでした」
・錦織 1億ドルの価値
・日本のエース錦織が見せる強さ
・錦織「準備を整えていきたい」


■関連動画■ 

・錦織圭vsフェデラー【ソニー・オープン男子】
・錦織と激戦を繰り広げたラオニチが語る躍進の理由!
(2014年9月7日19時57分)

その他のニュース

10月26日

【告知】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

10月23日

波乱 第1・2シードが初戦敗退 (16時50分)

望月慎太郎、野口莉央破り8強へ (15時54分)

528位ベルグス 敗退も「自信」 (15時05分)

35歳シモン8強「大変だった」 (13時47分)

土居美咲 3時間超え死闘制し8強 (12時26分)

サバレンカ、ガウフ下し8強 (11時45分)

トップ10入り後初戦は快勝 (10時05分)

コロナ感染後の復帰戦は黒星 (8時55分)

西岡良仁 逆転勝ちで8強へ (5時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!