- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 1億ドルの価値

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は6日に行われる準決勝で、第10シードの錦織圭(日本)がグランドスラム初の決勝進出をかけて第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦するが、両者は偶然にもユニクロとスポンサー契約している。

日本のカジュアル・ブランドとして成長して来たユニクロだが、約3年前から錦織とウエアー契約を結び、その後には当時も世界ランク1位たったジョコビッチにもアプローチしウエアー契約を結ぶ事に成功し、スポーツ・アパレルの仲間入りを果たした。

既にアメリカでもユニクロUSAとして展開しているユニクロ。そのユニクロUSAの代表取締役のラリー・メイヤー氏は「我々はもちろんとても喜んでいるのと同時に大変誇りに思っています。メディアが私達のブランドについて取り上げてくれている事だけでも信じられない事です。」と、この大舞台でのユニクロ対決が実現した事に喜びと驚きを語った。

アメリカの3大ビジネス紙であるフォーブス紙の世界長者番付に資産165億ドル(約1兆7325億円)を持つ日本人最高額の人物として名前をあげられている柳井正氏が社長を務めるファーストリテイリング社の主要子会社であるユニクロ。その柳井氏の最大のゴールは、ユニクロを世界一のアパレル・チェーンにする事で、東アジアを中心に既に1400店舗を構え、東京、上海、ニューヨークにはユニクロのロゴの大きな旗を掲げる店舗も開いている。

その柳井氏が最初に目を付けたのは、日本を代表する世界のトップ選手に成長している錦織にウエアー契約を持ち掛けた事だった。錦織は当時、アディダスと契約していたがユニクロへと契約を変更した。次に柳井氏が目をつけたのはセルジオ・タッキーニと契約していたジョコビッチだった。

スポーツ・アパレルとしてはほぼ無名で、その時にユニクロと契約しているプロ選手は錦織のみだったにも関わらず、ジョコビッチとの契約に成功した柳井氏、そして今現在もユニクロとウエアー契約しているのは錦織とジョコビッチの二人だけだが、その二人が全米オープンの準決勝で戦う。

スポーツ・ブランドの専門家であるアレン・アダムソン氏はユニクロは大変ラッキーだったと語る。加えてブランドがファッションとして有名かスポーツとして有名かの違いが無くなって来ていると言う。「なぜならここ数年、スポーツとファッションの境界線がぼやけて来ているからだ。」と説明していた。

そのユニクロがテニス以外のプロ選手と契約しているのは、プロゴルファーのアダム・スコットのみである。

アダムソン氏は「ブランドが成功するには、素晴らしいストーリーが必要で、錦織がその素晴らしいストーリーと言える功績を今回の全米オープンで残した。」と、準々決勝で全豪オープン覇者のS・ワウリンカ(スイス)をフルセットの接戦の末に下し日本人男子として96年ぶりとなるベスト4入りを果たす快挙を成した功績について述べていた。

錦織はフォーブス紙が発表した2014年版のプロテニス選手の長者番付では第9位にランクされていた。第1位はR・フェデラー(スイス)で獲得賞金とスポンサー料など含めその年間収入は約5620万ドル(約59億円)で、錦織は約1100万ドル(約11億5500万円)としていた。錦織はユニクロに加えて、ウィルソン、タグホイヤー、日清食品などをスポンサーに付けている。

シラキュース大学のスポーツ・マーケティング専門家のリック・バートン氏は、今回の錦織の勝ち上がりで更に賞金獲得額が増えるだろうと予測している。同時に、世界のトップで活躍する数少ない日本人としてスポンサー契約料も増えるのは必至で、この先の数年間で1億ドル(約105億円)を越えてもおかしくはないと推測している。

「彼の日本でのポテンシャルの高さは半端ではない。」とバートン氏は錦織を評価していた。

ユニクロUSAのメイヤー氏は、土曜日の準決勝は正にユニクロ史上最高の瞬間になるだろうと語り、世界にユニクロのブランドをアピールする最高の舞台になるとも感じていた。しかし、柳井氏がその試合を観戦に訪れる事は否定していたが「私達は観戦に行くだろう。」と、自身が観戦に行く意志がある事を明かしていた。

錦織のグランドスラム初の決勝進出をかけた一戦は、日本時間9月7日午前1時、(現地時間9月6日12時)から開始し、アーサーアッシュ・スタジアムの第1試合に組まれている。




■関連記事■ 
・錦織vsジョコビッチは第1試合
・初4強の錦織「言葉が出てこない」
・錦織 自己最高位に返り咲くか
・M・ チャン 錦織の状態を語る
・錦織以来 中川 直樹の優勝なるか



■関連動画■ 
・帰ってきた元王者ロディック
・錦織らがマンU所属のスター選手と夢の対面
(2014年9月6日15時57分)

その他のニュース

10月20日

西岡良仁、快勝で初戦突破 (0時46分)

10月19日

【1ポイント速報】西岡vsエドモンド (22時58分)

錦織36位 西岡は56位に (21時50分)

ナダルの快挙「想像絶する」 (21時46分)

YouTube 田島とジョコの秘話とは (18時38分)

ジョコ 路上で子どもにレッスン (18時37分)

2時間超えの熱戦制しV (16時53分)

大坂は3位 19日付世界ランク (14時54分)

17歳新星、史上2番目の年少記録 (13時43分)

世界31位、食中毒で次戦欠場 (11時56分)

今季4勝目のルブレフ「幸せ」 (10時38分)

ズベレフ今季初V 20歳を称賛 (9時03分)

錦織36位 19日付世界ランク (8時13分)

10月18日

ラオニッチ、ビッグ3の記録語る (16時30分)

20歳新星が初タイトルへ王手 (15時47分)

大坂が9月の最優秀選手に (15時11分)

18歳新星に「驚き」も決勝へ (14時51分)

ズベレフ 今季初Vへ王手 (14時25分)

錦織 ディミトロフと練習公開 (11時21分)

西岡良仁 1回戦は世界47位 (11時19分)

ルブレフ 今季4勝目に王手 (8時03分)

錦織 初戦は世界54位に決定 (2時31分)

10月17日

ルブレフ 今季32勝目で4強入り (16時06分)

好調のオジェ アリアシム4強へ (15時03分)

エース15本で難敵撃破「満足」 (13時35分)

ズベレフ 地元ドイツで4強入り (11時52分)

WB 観客有りで開催も検討 (10時40分)

ゴファン 再検査も陽性「残念」 (9時40分)

躍進18歳 ツアー初4強「最高」 (8時24分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!