- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アザレンカ 3年連続4強ならず

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は3日、女子シングルス準々決勝が行われ、同大会2度の準優勝を果たした第16シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)が第17シードのE・マカロバ(ロシア)に4-6, 2-6のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

両者は今回が6度目の対戦となり、アザレンカとマカロバの対戦成績は3勝3敗となった。

この試合、第1セットの第5ゲームでアザレンカが先にブレークに成功。しかし、その直後にマカロバにブレークバックを許してしまう。第9ゲームでは、ブレークチャンスをものに出来ず、第10ゲームでアザレンカは再びブレークを許し、ゲームカウント4−6で先取される。第2セットでも、第6・第8ゲームと2度のブレークを許したアザレンカは、第2セットをゲームカウント2−6で連取され、1時間27分で敗れた。

元世界ランク1位のアザレンカは、2012・2013年と2度決勝進出を果たしており、ともに決勝でS・ウィリアムズ(アメリカ)に敗れるも2年連続で準優勝を飾っている。今回はマカロバに敗れて3年連続のベスト4進出とはならなかった。

《昨年の決勝記事はこちら》

また、アザレンカは左足の怪我のため、3カ月以上ツアーから離れ治療とリハビリにあてていた。そのため、今年の全仏オープンを欠場し、ウィンブルドンでは2回戦で姿を消していた。

《アザレンカ欠場の記事はこちら》

一方、勝利したマカロバは、今大会4回戦で第7シードのE・ブシャール(カナダ)を破って勝ち上がり、準々決勝で元女王アザレンカを下して、グランドスラム初のベスト4進出を決めた。今年のウィンブルドンでは、4回戦A・ラドワンスカ(ポーランド)を破ってベスト8進出を果たした。

マカロバは準決勝で、第1シードのセリーナと第11シードのF・ペネッタ(イタリア)の勝者と対戦する。

《アザレンカ選手、東レPPOテニス2014にエントリー!詳しくはこちらから》




■関連記事■ 

・クルム伊達 GS22年ぶりの8強
・ヒンギス 16年ぶり優勝なるか
・セリーナ 単複優勝逃す
・元14位 快進撃の17歳下し初4強
・ブシャール GS連続4強入り逃す


■関連動画■ 

・フェレールvsズベレフ【ベット・アット・ホーム・オープン】
・コールシュライバーvsマイェール【ベット・アット・ホーム・オープン】
(2014年9月4日4時03分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!