- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

女王セリーナ2連覇達成「愛を感じてプレーした」、準Vアザレンカ「厳しい敗北」<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は8日、女子シングルス決勝が行われ、第1シードで世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が第2シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)を7-5, 6-7 (6-8), 6-1のフルセットで下し、2連覇を達成と大会5度目のタイトル獲得、さらにキャリア通算55度目の優勝を飾った。

試合後、優勝のセリーナは「皆さんの愛を感じてプレーした。本当にありがとう。」と、コメント。

「ニューヨークでプレーする事は光栄。ヴィクトリア、あなたのプレーは素晴らしかった。ファミリーボックスの皆もありがとう。」

「対戦相手が強かった。何度もグランドスラムで優勝している相手だから、簡単にポイントが取れなかった。」

決勝戦、セリーナはファーストサーブが入った時に76パーセントの確率でポイントを獲得し、アザレンカの2倍以上となる36本のウィナーを放った。さらにアザレンカのサービスゲームを7度ブレークしたセリーナは、2時間45分で優勝を決めた。

両者は昨年の全米オープン決勝で対戦し、その時もセリーナがアザレンカを6-2, 2-6, 7-5の激闘の末に下し、4度目のタイトルを獲得していた。

セリーナは今大会好調で、1セットも落とさずに決勝進出を果たしていた。

両者は今回が16度目の対戦となり、セリーナはアザレンカに対し13勝3敗とした。

今季セリーナは、全豪オープンでベスト8に終わるも、全仏オープンでは2002年以来11年ぶり2度目の優勝を飾ると同時に、グランドスラムでは通算16度目のタイトルを獲得した。しかし、大会6度目の優勝と2連覇を狙ったウィンブルドンでは、4回戦でまさかの敗戦を喫した。

一方、敗れたアザレンカはキャリア通算17度のタイトルを獲得してるが、今回はグランドスラム自身3度目の優勝とはならなかった。

準優勝のアザレンカは「とても厳しい敗北。決勝では最強の相手で、私も全力を出し切った。セリーナ、おめでとう。」

今年アザレンカは、全豪オープンで大会2連覇を達成する好スタートを切り、全仏オープンではM・シャラポワ(ロシア)に敗れるもベスト4進出を果たした。しかし、ウィンブルドンでは2回戦で足を滑らせて転倒、右膝を負傷してしまい途中棄権となった。

その後はサザン・カリフォルニア・オープンで準優勝、W&Sオープン女子では決勝で女王セリーナを大逆転で下して優勝を飾った。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《セリーナ「信じられない」を連呼、女王アザレンカは涙◇全米オープン》

《圧倒的な強さの女王セリーナ、連覇に王手<全米オープン>》

《「信じられない」アザレンカ、2年連続セリーナ戦「食らいつく」<全米オープン>》

《世界3位アザレンカ、恋愛関係の危機か》

《中国人初の快挙成し遂げたリー「とても誇りに思う」<全米オープン>》

《元世界5位ハンチュコバが11年ぶりにベスト8進出<全米オープン>》

《悔やまれるボレーミスの元女王ヴィーナス<全米オープン>》

《女王撃破のアザレンカ、通算17度目のタイトル獲得<W&Sオープン女子>》


■関連動画■

《W&Sオープン【決勝】セリーナ vs アザレンカ》

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》
(2013年9月9日9時25分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月19日

【速報中】土居美咲vsヴェキッチ (15時50分)

大坂 次戦は苦手プチンセワ (14時56分)

昨年Vシモン 快勝で2回戦へ (13時32分)

フェデラー、ナダルを称賛 (12時05分)

ペール 同胞ガスケ破り8強へ (10時44分)

9月18日

大坂「とても安心した」 (20時36分)

大坂なおみ 東レ初戦突破 (18時51分)

【1ポイント速報】大坂vsトモワ (17時09分)

土居/ 日比野組が初戦突破 (16時26分)

大坂らトップを支える職人技 (15時15分)

高温多湿に苦戦も初戦を突破 (14時22分)

フェデラー 東京五輪に言及 (12時39分)

好調ルブレフ 苦戦も初戦突破 (11時22分)

ツォンガ 逆転勝ちで初戦突破 (10時33分)

9月17日

穂積/ 二宮組 逆転で初戦突破 (18時54分)

ジョコ1位在位期間 歴代4位 (18時41分)

2010年王者 18歳下し2回戦へ (18時23分)

土居美咲 快勝で初戦突破 (18時06分)

【1ポイント速報】東レPPO1回戦 (16時57分)

ベルダスコ 快勝で初戦突破 (16時25分)

プリスコバ 最終戦出場権を獲得 (16時06分)

日比野菜緒 東レ初戦敗退 (14時34分)

錦織8位 内山は自己最高位に (11時31分)

錦織8位 9/16最終戦ランク (10時38分)

9月16日

錦織8位 16日付世界ランク (19時34分)

プロ6名が大阪でイベント開催 (19時15分)

加藤未唯 複で初戦突破ならず (18時34分)

ジョルジら 東レ初戦突破 (18時02分)

大坂4位 今週は東レPPO出場 (17時03分)

大坂 初戦は世界181位 (15時57分)

完勝でツアー初タイトル獲得 (14時29分)

メドヴェデフ 地元初V狙い出場 (12時21分)

ATPカップ 組み合わせ発表 (11時22分)

プリスコバ 快勝で今季4勝目 (10時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!