- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

中国人初の快挙成し遂げたリー「とても誇りに思う」<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は3日、女子シングルス準々決勝が行われ、第5シードのN・リー(中国)が第24シードのE・マカロバ(ロシア)を6-4, 6-7 (5-7), 6-2のフルセットで下し、中国人選手として大会初のベスト4進出を果たす快挙を成し遂げた。

「私にとって、この大会での初めての準決勝進出。とても誇りに思う。第2セットをリードしながら落としてしまった時は悲しかったけど、“OK、まだ1セットオール。まだチャンスはある。1ポイントずつ戦って諦めずに続けよう。しっかりコートに立って戦うの”って自分に言い聞かせた。」

「今日のプレーは、あまり満足出来るものではなかった。今日はとても緊張してしまった。試合の始めから最後までそうだった。そんな中、少なくとも終始戦い続けられた事は満足している。例えベストのテニスが出来なくても、また戦いの途中だし、こうして大会に残る事も出来た。」

準決勝でリーは、第1シードで世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦する。この日セリーナは、第18シードのC・スアレス・ナバロ(スペイン)を6-0, 6-0のダブルベーグルで退けた。

リーの試合が終わった時は、まだセリーナの試合が行われておらず、準決勝の対戦相手が決まっていなかった。

「ホテルに帰って、ベッドに横になって、ポテトチップスでも食べながら試合を見ようと思っているわ。彼女達が戦っている間、私はリラックスするの。」とリーは、ジョークを交えてコメントしていた。

準決勝は予定で現地金曜日に行われるため、2日間のオフがあるリーは「今日はもうテニスの事はあまり考えず、2日間のオフがあるから、今日と明日はリラックスするように努める。ちょっとしたウォーミングアップをして、金曜日に備えるつもり。」

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《世界6位リーに批判「私は普通の人間」》

《リーがタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出》

《世界1位セリーナ連覇逃す、連勝は34でストップ<ウィンブルドン>》

《元女王に大健闘の奈良「達成感と悔しい気持ち」、惜しくも杉山以来9年ぶり16強逃す<全米オープン>》

《悔やまれるボレーミスの元女王ヴィーナス<全米オープン>》

《女王セリーナの敗戦、コーチ「彼女だって人間さ」<ウィンブルドン>》


■関連動画■

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》
(2013年9月4日8時07分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!