- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元女王に大健闘の奈良くるみ「達成感と悔しい気持ち」、惜しくも杉山愛以来9年ぶり16強逃す<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は30日、女子シングルス3回戦が行われ、予選から勝ち上がった世界ランク109位の奈良くるみ(日本)は第9シードで元世界ランク1位のJ・ヤンコビッチ(セルビア)に4-6, 6-7 (5-7)のストレートで敗れ、四大大会で自身初の4回戦進出を逃すと同時に、日本女子で杉山愛(日本)以来9年ぶりのベスト16入りとはならなかった。

世界ランキングだけで見ると12位のヤンコビッチに対し奈良くるみは106位だが、試合を通して両者互角のラリー戦を披露した。ウィナーの数ではヤンコビッチは20、奈良くるみはそれを上回る28本だった。

試合後、奈良くるみは「達成感と悔しい気持ち。」と、コメント。

奈良くるみはヤンコビッチとの激しい打ち合いの中、短いボールに対しては叩き、すかさずネットへつめるなど、積極的に攻め続けた。

「(ヤンコビッチは)しつこい選手なので、前に入って自分からポイントを取りにいく事を心掛けた。試合前はどうなるかと思ったけど、相手が強いというのは思わずに入れた。チャンスがあれば前にいく姿勢を出せたと思う。」

敗因については「相手はトップ選手なので、ポイントを締めるショットが今の自分には足りない。ネットプレーでポイントを締める形をしていきたい。」と、今後の課題も加えて語った。

今大会で21歳の奈良くるみは予選3試合を勝ち抜き、本戦では1回戦でA・カダントゥ(ルーマニア)、2回戦では格上の第19シードのS・キルスチャ(ルーマニア)を破り、1セットも落とさずに日本女子で杉山愛以来5年ぶりの3回戦へ駒を進めた。

「今大会でこのような結果が出て、今までやってきた事が間違いではなかった事を感じた。観客の皆さんも盛り上がってくれたので、全米オープンは改めていい大会だと思った。」

今後については「来週から始まるタシケント・オープンに出て、その後はアジア・シリーズが始まるので、そこでまた頑張りたいと思います。」と、奈良くるみ。

また今回の活躍により、大会後に発表される世界ランキングでは自身初のトップ100入りが決まっていた。

次なる目標については「WTAのトーナメントに出続けて、その中でトップ100に定着し続ける事。そこからトップ50を目指していければいいと思います。」と、語った。

21歳の奈良くるみは、今大会でグランドスラムを通して自身初の3回戦進出を果たした。それまでのグランドスラム自己最高成績は2010年のウィンブルドンで、その時は予選3試合を勝ち抜き、本戦ではN・リー(中国)との2回戦へ駒を進めていた。

試合に着用していたウエアについては「今日の服は、勝負服だった。明るい色が大好き。」と、話した。

一方、勝利した28歳のヤンコビッチは2008年の全米オープンで準優勝を飾っており、世界ランキングでは同年の8月に世界1位へのぼりつめていた。これまでのツアー大会では13度の優勝を飾っているが、未だグランドスラムでのタイトル獲得には至っていない。

4回戦でヤンコビッチは、L・ロブソン(英国)をストレートで下した第5シードのN・リーと対戦する。

その他の日本勢では、第11シードの錦織圭(日本)添田豪(日本)クルム伊達公子(日本)土居美咲(日本)は初戦敗退となった。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《金星の奈良くるみがGS初の3回戦、さらにトップ100入り確定「それが1番嬉しい」<全米オープン>》

《錦織ら敗れる中、奈良が快進撃「嬉しい」<全米オープン>》

《21歳の奈良くるみ、グランドスラムで3年ぶり2度目の初戦突破<全米オープン>》

《添田豪、疑惑の判定に泣く<全米オープン>》

《錦織が世界179位に敗れる波乱、2年ぶりの初戦敗退<全米オープン>》

《クルム伊達「終わってしまった」、18年ぶりの初戦突破ならず<全米オープン>》

《土居美咲、敗れるも世界10位と互角の打ち合い披露<全米オープン>》


■関連動画■

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》
(2013年8月31日11時12分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!