- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達「終わってしまった」、18年ぶりの初戦突破ならず<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は26日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク62位のクルム伊達公子(日本)は同71位のP・オルマエチェア(アルゼンチン)に3-6, 6-7 (7-9)のストレートで敗れ、18年ぶりの初戦突破とはならなかった。

試合後、クルム伊達は「シングルスのグランドスラムは終わってしまった。」と、肩を落とした。

大会前、クルム伊達はアキレス腱の張りなどにより本調子ではなかった。試合前には「怪我をせずに試合をやるのが第一。その次に、今の現状を試合の中で受け入れられるか。」と、コメントしていた。

これまでの全米オープンでクルム伊達は、1993・1994年にベスト8へ進出している。また最後に初戦突破を果たしたのは1995年で、その時は4回戦へ進出した。

今年に入り42歳のクルム伊達は、全豪オープンシングルスで1995年以来18年ぶりとなる3回戦進出の活躍をみせた。さらに、ウィンブルドンでは1968年のオープン化以降最年長となる3回戦進出を果たした。

クルム伊達はシングルスで敗れはしたものの、今大会のダブルスにもA・パーラ=サントンハ(スペイン)とのペアで出場しており、1回戦で第5シードのA・フラヴァコバ(チェコ共和国)/ L・フラデカ(チェコ共和国)組と対戦する。今年の全豪オープン2回戦でクルム伊達/ パーラ=サントンハ組は、フラヴァコバ/ フラデカ組をフルセットで破っている。

ダブルスに向けては「試合数をこなしながら、自分のテニスの手応えを感じられればいいと思っています。」と、話した。

クルム伊達組の他にも、今年のウィンブルドンダブルスで2007年の杉山愛(日本)以来6年ぶりとなるベスト4進出を果たした青山修子(日本)C・シーパース(南アフリカ)とのペアで出場、初戦で第2シードのE・マカロバ(ロシア)/ E・ヴェスニナ(ロシア)組と顔を合わせる。

またシングルスでは第11シードの錦織圭(日本)は初戦敗退するも、予選から勝ち上がった奈良くるみ(日本)A・カダントゥ(ルーマニア)をストレートで破っている。森田あゆみ(日本)は第4シードのS・エラーニ(イタリア)と対戦する予定だったが、腰の痛みにより棄権を申し入れた。

予選3試合を勝ち抜いた添田豪(日本)は1回戦で元世界ランク8位のM・バグダティス(キプロス)土居美咲(日本)は第7シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)とそれぞれ1回戦で顔を合わせる。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《錦織が世界179位に敗れる波乱、2年ぶりの初戦敗退<全米オープン>》

《21歳の奈良くるみ、グランドスラムで3年ぶり2度目の初戦突破<全米オープン>》

《クルム伊達ペアが銀メダルペアを撃破◇全豪オープン》

《添田豪が予選突破、元世界8位との対戦へ<全米オープン>》

《青山修子「信じられない」、元世界1位の杉山愛以来となるベスト4<ウィンブルドン>》
(2013年8月27日17時51分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!