- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

添田豪、疑惑の判定に泣く<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は28日、男子シングルス1回戦が行われ、予選3試合を勝ち抜いた添田豪(日本)は元世界ランク8位のM・バグダティス(キプロス)に4-6, 3-6, 1-6のストレートで敗れ、大会初勝利を飾る事が出来なかった。

この試合の第1セット終盤で、添田豪に不利な判定があった。

第1セット、世界ランク131位の添田豪は同53位バグダティスと互角の打ち合いを展開するも、第10ゲームで凡ミスを重ねてしまいバグダティスにセットポイントを握られる。この場面でバグダティスの放ったフォアハンドのクロスへの際どいショットがインの判定となり、添田豪は第1セットを落としてしまう。

添田豪とバグダティスの1回戦が行われた11番コートはビデオ判定によるチャレンジシステムが導入されておらず、添田豪は主審に抗議するもバグダティスのセットポイントでのショットはインの判定となった。

その後、気持ちを切り替えようとした添田豪だったが、バグダティスから試合の流れを引き戻す事が出来ず、1時間31分で初戦敗退となった。

この試合、添田豪はバグダティスに16本のサービスエースと40本のウィナーを決められた。また、自身のサービスゲームでは5度のブレークを許してしまった。

両者は昨年のロンドンオリンピック1回戦で対戦し、その時もバグダティスが勝利していた。添田豪はバグダティスに対し、0勝2敗とした。

試合後、添田豪は「自信もありましたが、バグダティスのような格上になると自分のレベルを上げなくてはいけない。サービスがもう少し良くなれば、ストロークも良くなる。」と、コメント。

今後については「今年が終わる時に(世界ランキングで)100位以内に入っている事と、来年の全豪オープンで本戦にダイレクトで入る事を目標にやっている。最後まで頑張っていきたい。」と、意気込みを語った。

これまで添田豪は全米オープンの本戦で1度も勝利をあげた事はないが、3年連続の本戦出場を果たした。

今年、28歳の添田豪は全豪オープンでJW・ツォンガ(フランス)に敗れるも2回戦へ進出。その後は不調に陥り、全仏オープンでは初戦で姿を消した。以降も調子は上がらなかったが、予選から出場したウィンブルドンでは本戦1回戦で勝利し、復活を印象付けた。

一方、添田豪を破ったバグダティスは、2006年の全豪オープンでノーシードから快進撃を続けた。当時トップ10プレーヤーだったA・ロディック(アメリカ)I・リュビチッチ(クロアチア)D・ナルバンディアン(アルゼンチン)らを次々を下し、グランドスラム初の決勝進出を果たした。決勝ではR・フェデラー(スイス)から第1セットを先取するも、逆転で敗れ準優勝に終わった。

その後、同年の8月に発表された世界ランキングでは、自己最高となる8位までのぼりつめた。

28歳のバグダティスは2回戦で、第17シードのK・アンダーソン(南アフリカ)D・ブランズ(ドイツ)の勝者と対戦する。

その他の日本勢では、伊藤竜馬(日本)杉田祐一(日本)守屋宏紀(日本)は予選敗退。第11シードで出場した錦織圭(日本)は初戦で姿を消した。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《錦織が世界179位に敗れる波乱、2年ぶりの初戦敗退<全米オープン>》

《完全復活狙うフェデラー、初戦は1時間33分<全米オープン>》

《世界1位ジョコビッチが元ジュニア王者に完勝<全米オープン>》

《ナダルが3年ぶりのタイトル獲得へ好発進<全米オープン>》

《添田豪が予選突破、元世界8位との対戦へ<全米オープン>》


■関連動画■

《存在感抜群の大器「デル=ポトロ」が復活!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《錦織も出場するハードコートシーズン開幕!ATP男子ツアーマガジン Vol.182》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》
(2013年8月29日12時10分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月17日

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

【画像】本田尚也とナダルの2ショット写真 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!