- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界1位ジョコビッチが元ジュニア王者に完勝<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は27日、男子シングルス1回戦が行われ、第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)R・ベランキス(リトアニア)を6-1, 6-2, 6-2のストレートで下し、2年ぶりのタイトル獲得へ向けて順当に初戦突破を果たした。

この試合、ジョコビッチは10本のサービスエースと28本のウィナーを放ち、凡ミスを9本に抑える安定したプレーを披露した。また、14度のブレークチャンスから7度のブレークに成功し、1時間22分で勝利した。

2回戦でジョコビッチは、L・ロソル(チェコ共和国)B・ベッカー(ドイツ)の勝者と対戦する。

今大会の結果次第では、世界ランキングで1位のジョコビッチと2位のR・ナダル(スペイン)が入れ替わる可能性がある。

これまでの全米オープンで、ジョコビッチは2011年に優勝、2007・2010・2012年には準優勝を飾っている。また、全米オープンで2007年からはベスト4以上の成績を残しており、相性の良い大会となっている。

今季ジョコビッチは、全豪オープンでオープン化以降初となる大会3連覇を達成すると同時に、大会4度目の優勝を飾った。モンテカルロ・マスターズではナダルの前人未到9連覇を阻止して大会初タイトルを獲得。

キャリア・グランドスラム達成を狙った全仏オープンでは、準決勝でナダルに4時間37分の大激闘の末に敗れた。その後のウィンブルドンでは決勝進出を果たすも、A・マレー(英国)にストレートで敗れ準優勝に終わった。

一方、ジョコビッチに敗れた23歳のベランキスは、2007年の全米オープン・ジュニアで優勝し、ジュニア・ランキング1位を記録していた。今季は全豪オープンで予選3試合を勝ち抜き、本戦ではA・マレーとの3回戦へ進出した。

また、全仏オープンではP・H・マチュー(フランス)、ウィンブルドンではJ・ベネトー(フランス)に敗れ、初戦敗退となった。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《王者ジョコビッチ抜く可能性あるナダル「努力するだけ」<全米オープン男子>》

《完全復活狙うフェデラー、初戦は1時間33分<全米オープン>》

《ナダルが3年ぶりのタイトル獲得へ好発進<全米オープン>》

《ナダル「覚悟は出来ていた」、4時間37分で王者下す<全仏オープン>》

《錦織が世界179位に敗れる波乱、2年ぶりの初戦敗退<全米オープン>》

《元世界4位ブレイクが引退表明「全米が最後の大会」<全米オープン>》


■関連動画■

《新たな伝説を目指す王者ジョコビッチ!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《存在感抜群の大器「デル=ポトロ」が復活!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《錦織も出場するハードコートシーズン開幕!ATP男子ツアーマガジン Vol.182》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》
(2013年8月28日10時37分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!