- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルが3年ぶりのタイトル獲得へ好発進<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は26日、男子シングルス1回戦が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が地元のR・ハリソン(アメリカ)を6-4, 6-2, 6-2のストレートで下し、3年ぶりの優勝を向け好発進した。

ナダルは2010年の全米オープンでタイトルを獲得しており、今年は2度目の優勝を目指す。

この試合、ナダルはファーストサーブが入った時に82パーセントの確率でポイントを獲得し、ハリソンに1度もブレークを許さないサービスゲームを展開した。さらに7度のブレークチャンスから5度のブレークに成功し、2時間6分で勝利した。

今季ナダルは好調を維持しており、全米オープンの前哨戦であるロジャーズ・カップ男子とW&Sマスターズの2大会連続で優勝を飾っており、大会後に発表された世界ランキングでは2位へ浮上した。ロジャーズ・カップ男子とW&Sマスターズの2週連続でタイトルを獲得は、2003年のA・ロディック(アメリカ)以来10年ぶりの快挙となった。

また今年2月に膝の怪我から復帰したナダルは、今季出場した12大会のうち9大会で優勝を飾っている。そのうち全仏オープンでは前人未到8度目の優勝と同時に2度目の4連覇を達成した。しかし、その後のウィンブルドンではキャリア初となるグランドスラム初戦敗退と喫した。

2回戦でナダルは、V・ポスピシル(カナダ)R・デュトラ・シルバ(ブラジル)の勝者と対戦する。

敗れた21歳のハリソンは現在の世界ランクを97位とするも、2012年の7月には自己最高の43位を記録している。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《錦織が世界179位に敗れる波乱、2年ぶりの初戦敗退<全米オープン>》

《ナダル「とっても特別な勝利」、前人未到V8と2度目の4連覇達成<全仏オープン>》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《ナダルが2週連続V「意味は大きい」、全米へ弾み<W&Sマスターズ>》

《ナダルがフェデラーとの最大ライバル対決制す<W&Sマスターズ>》

《ナダルとジョコビッチに不仲説》


■関連動画■

《新たな伝説を目指す王者ジョコビッチ!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《錦織も出場するハードコートシーズン開幕!ATP男子ツアーマガジン Vol.182》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》
(2013年8月27日7時20分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!