- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルがフェデラーとの最大ライバル対決制す<W&Sマスターズ>

男子テニスツアーのW&Sマスターズ(アメリカ/シンシナティ、ハード)は16日、シングルス準々決勝が行われ、第4シードのR・ナダル(スペイン)が昨年覇者で第5シードのR・フェデラー(スイス)を5-7, 6-4, 6-3の逆転で下し、大会初優勝へ向けベスト4進出を果たすと同時に、フェデラーの大会史上初となる6度目の優勝と2連覇を阻止した。

この試合、ナダルはファーストサーブが入った時に73パーセントの確率でポイントを獲得、さらに9度あったブレークチャンスから2度のブレークに成功し、2時間14分で31度目となるフェデラー戦に終止符を打った。

敗れたフェデラーは、第1セットで1度もブレークチャンスを与えないサービスゲームを展開するも、第2セット以降はナダルに試合の主導権を握られてしまった。また、第3セットの第9ゲームではナダルのマッチポイントを4本しのぐ粘りをみせるも、勝利にはつながらなかった。

トータルポイント獲得数は、ナダルが101、フェデラーは95だった。

両者は今回が31度目の対戦となり、ナダルはフェデラーとの対戦成績を21勝10敗とした。また、ハードコートでの対戦成績でもナダルが7勝6敗とリードを広げた。

今年の2月に膝の怪我からの復帰を果たしたナダルは、今季ハードコートで行われたBNPパリバ・オープン男子とロジャーズ・カップ男子の2大会で優勝を飾っている。

先週のロジャーズ・カップ男子で今季8度目のタイトルとキャリア通算58度目のタイトルを獲得したナダルは、その後に発表された世界ランキングでD・フェレール(スペイン)を抜き3位へ浮上するなど、好調を維持している。

今季ナダルは出場した11大会のうち8大会で優勝を飾り、全仏オープンでは前人未到8度目の優勝と2度目の大会4連覇を達成。

大会初の決勝進出をかけてナダルは、第6シードのT・ベルディフと準決勝で対戦する。ベルディフは、準々決勝で第2シードのA・マレー(英国)をストレートで破っての勝ち上がり。

一方、ナダルに敗れた32歳のフェデラーは、波乱に見舞われたウィンブルドン以降も調子が上がらず、ベット・アット・ホーム・オープン準決勝では当時世界ランク114位のF・デルボニス(アルゼンチン)、地元で開催されたクレディ・アグリコル・スイス・オープン2回戦では同55位のD・ブランズ(ドイツ)に敗れてしまった。

フェデラーは、先週行われたロジャーズ・カップ男子は欠場しており、全米オープンへ向けたハードコートでの大会を今大会からスタートさせていた。

また、世界ランク1位N・ジョコビッチ(セルビア)は、フェデラーとナダルについて「僕とマレーは男子テニス界の最大のライバル関係には、まだなっていない。現役選手を見ると、確実にフェデラーとナダルが最大のライバル関係にある。」と、コメントしている。

この日行われた試合結果は以下の通り。

J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)(7) vs. ●D・ツルスノフ(ロシア), 6-4, 3-6, 6-1
●N・ジョコビッチ(1) vs. ○J・アイズナー, 6-7, 6-3, 5-7
●A・マレー(2) vs. ○T・ベルディフ(6), 3-6, 4-6
○R・ナダル(4) vs. ●R・フェデラー(5), 5-7, 6-4, 6-3

《W&Sマスターズ 対戦表》


■関連記事■

《フェデラー、ラケット問題に結論「試していただけ」<W&Sマスターズ>》

《ナダルとフェデラーが31度目の激突へ<W&Sマスターズ>》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

《王者ジョコビッチ、史上初の快挙逃す<W&Sマスターズ>》

《史上初の事態、アメリカの黄金時代は何処へ》

《ジョコビッチ「フェデラーとナダルが最大のライバル関係」<W&Sマスターズ>》


■関連記事■

《錦織も出場するハードコートシーズン開幕!ATP男子ツアーマガジン Vol.182》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》

《フェデラーが語った、ウィンブルドンで学んだこと!ATP男子ツアーマガジンVol.177》
(2013年8月17日12時07分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

10月13日

メドヴェデフ マスターズ2勝目 (23時17分)

メドヴェデフ 上海マスターズV (18時59分)

【1ポイント速報】メドヴェデフvsズベレフ (18時55分)

鉄人メドヴェデフ 次週も出場へ (15時31分)

ダルシスが引退計画を発表 (14時43分)

決勝へ「勢いを維持したい」 (13時30分)

快勝の15歳ガウフ 初Vに王手 (12時23分)

西岡良仁、初戦はアルボット (10時48分)

ズベレフ決勝へ「良い感じ」 (8時44分)

チチパス敗退「いい感触だった」 (7時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!