- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルが2週連続V「意味は大きい」、全米へ弾み<W&Sマスターズ>

男子テニスツアーのW&Sマスターズ(アメリカ/シンシナティ、ハード)は18日、シングルス決勝が行われ、第4シードのR・ナダル(スペイン)がノーシードのJ・アイズナーを7-6 (10-8), 7-6 (7-3)のストレートで下し、大会初優勝を飾った。さらに2週連続でハードコート大会を制したナダルは、8月26日から開幕する全米オープンへ弾みをつけた。

キャリア通算59度目のタイトルを獲得したナダルは、今シーズン5度目のマスターズ大会優勝を決めた。これはナダルのキャリアの中では最高の数字で、今季の戦績を53勝3敗とした。

ナダルは、先週のロジャーズ・カップ男子でも優勝を飾っており、2週連続でハードコートでのタイトル獲得となった。

試合後、ナダルは「ハードコートで2週連続優勝を達成出来た事の意味は大きい。自分でも驚いている。これまでのキャリアでハードで2週連続優勝はなかったからね。今とても感動している。」と、コメント。

「我慢強いプレーをし、チャンスを待った。辛抱強く待ったんだ。」

決勝戦、ナダルはアイズナーに11本のサービスエースを決められるも、ファーストサーブが入った時に83パーセントの高い獲得でポイントを獲得した。

そして、両者ブレークを許さないサービスゲームを展開する中、ナダルが2度のタイブレークを制して1時間54分でゲームセットとなった。

今大会でナダルは、2回戦でB・ベッカー(ドイツ)、3回戦でG・ディミトロフ(ブルガリア)を破り、ベスト8へ進出していた。そして、準々決勝では第5シードのR・フェデラー(スイス)と31度目の対戦を制し、準決勝では第6シードのT・ベルディフをストレートで退けた。

一方、準優勝のアイズナーは「ラファ(ナダル)は全米の優勝候補だね。いいプレーが出来ていたとは思う。でも、残念ながら史上最強の選手の1人がコートの向こう側にいた。」と、勝者を称えた。

アイズナーは今大会で快進撃を続けており、2回戦で第8シードのR・ガスケ(フランス)、3回戦で第12シードのM・ラオニチ(カナダ)、準々決勝では第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)、そして準決勝で第7シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を下しての決勝進出だった。

「最近は多くの試合をこなし、勝利数も多かった。これは自分のモチベーションになっている。体も持ちこたえているし、これからシーズン残りの試合に向けて気持ちが盛り上がっている。」

また、先週のロジャーズ・カップ男子で初戦敗退と喫したアイズナーは、大会後に発表された世界ランキングで、40年に渡るATPランキング史上初となるトップ20にアメリカ人が1人もいなくなってしまう事態が起きていた。

しかし今大会の活躍により、8月19日付の世界ランキングでアイズナーがトップ20へ返り咲く事が決まっている。

《W&Sマスターズ 対戦表》


■関連記事■

《フェデラー、約10年ぶりにトップ5からの転落確定》

《ナダルがフェデラーとの最大ライバル対決制す<W&Sマスターズ>》

《アメリカの救世主アイズナーが快進撃、大逆転に成功<W&Sマスターズ>》

《錦織「マイナスの思考になっていってます」》

《フェデラー、ラケット問題に結論「試していただけ」<W&Sマスターズ>》

《王者ジョコビッチ、史上初の快挙逃す<W&Sマスターズ>》


■関連記事■

《錦織も出場するハードコートシーズン開幕!ATP男子ツアーマガジン Vol.182》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》

《フェデラーが語った、ウィンブルドンで学んだこと!ATP男子ツアーマガジンVol.177》
(2013年8月19日7時55分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!