- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

完全復活狙うフェデラー、初戦は1時間33分<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は27日、男子シングルス1回戦が行われ、第7シードのR・フェデラー(スイス)G・ゼミヤ(スロベニア)を6-3, 6-2, 7-5のストレートで下し、大会6度目のタイトル獲得へ向け好発進した。

この試合は前日の26日に行われる予定だったが、雨によりこの日に順延となっていた。これについて、フェデラーは「早めに順延の連絡をもらったから、特に支障はない。」と、コメントしていた。

1回戦でフェデラーはガッツポーズをみせるなど、終始集中したプレーを披露した。

この試合、フェデラーはファーストサーブが入った時に85パーセントの確率でポイントを獲得、さらに12本のサービスエースと35本のウィナーを放った。また、11度のブレークチャンスから5度のブレークに成功し、1時間33分で勝利した。

2回戦でフェデラーは、C・ベルロク(アルゼンチン)と対戦する。

これまでの全米オープンで、フェデラーは2004年から2008年まで5連覇している。昨年は準々決勝でT・ベルディフに敗れた。

今季フェデラーは不調と囁かれている。7度の優勝を誇るウィンブルドンでは、2回戦で当時世界ランク116位のS・スタコフスキ(ウクライナ)に敗れる大番狂わせに見舞われた。フェデラーがグランドスラムでベスト8を前に敗れるのは2004年の全仏オープン以来で、その時は3回戦でG・クエルテン(ブラジル)に敗れた。

さらに、ベット・アット・ホーム・オープン準決勝では当時世界ランク114位のF・デルボニス(アルゼンチン)、地元で行われたクレディ・アグリコル・スイス・オープン2回戦では同55位のD・ブランズ(ドイツ)に敗れてしまう波乱が起きた。

そして、昨年優勝を飾ったW&Sマスターズでは準々決勝でライバルであるR・ナダル(スペイン)と対戦し、第1セットを取るも逆転負けを喫した。加えて大会後に発表された世界ランキングでは、2003年2月以来、約10年ぶりにトップ5から転落し7位に後退した。

しかし、敗戦後の会見では「今までの3カ月以上のものを得る事が出来た。だから(敗れてしまったけど)、試合の内容には満足しているし、全米オープンに向けて良い準備になったと思う。」と、手応えを感じていた。

また32歳のフェデラーは、これまで使用してきた90平方インチから黒塗りの98平方インチのラケットを使用し、注目を集めていた。しかし、全米オープンを含め、ハードコート・シーズンからは以前のラケットを使用する事を決意した。

シード勢が順当に勝ち進んだ場合、フェデラーは準々決勝で第2シードのナダルと対戦する可能性がある。また、4回戦では第11シードの錦織圭(日本)と対戦する可能性があったが、錦織が初戦で姿を消したため、その対戦はなくなった。

一方、敗れたゼミヤは今年の全仏オープン2回戦で錦織と対戦した。昨年の全米オープンで予選を勝ち抜いたゼミヤは、本戦で3回戦進出。さらに、同年のエルステ・バンク・オープンでは、T・ハース(ドイツ)J・ティプサレビッチ(セルビア)ら強豪を次々と下し、J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)との決勝へ勝ち進んでいた。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《ナダルがフェデラーとの最大ライバル対決制す<W&Sマスターズ>》

《フェデラー、ラケット問題に結論「試していただけ」<W&Sマスターズ>》

《フェデラーがトップ100圏外に敗れる波乱、キャリア通算12度目<ベット・アット・ホーム・オープン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《錦織が世界179位に敗れる波乱、2年ぶりの初戦敗退<全米オープン>》


■関連動画■

《存在感抜群の大器「デル=ポトロ」が復活!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《錦織も出場するハードコートシーズン開幕!ATP男子ツアーマガジン Vol.182》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》
(2013年8月28日6時43分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!