- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーがトップ100圏外に敗れる波乱、キャリア通算12度目<ベット・アット・ホーム・オープン>

男子テニスツアーのベット・アット・ホーム・オープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー)は20日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)は予選から勝ち上がってきた世界ランク114位のF・デルボニス(アルゼンチン)に6-7 (7-9), 6-7 (4-7)のストレートで敗れる波乱が起きた。フェデラーがトップ100位圏外の選手に敗れるのは、1998年にプロへ転向して以降12度目で、今年だけでもウィンブルドンに続き2度目の事となった。

「残念だけど、今回のような事は時々起きてしまう。」

この試合、第1セットのタイブレークでフェデラーは、左利きから繰り出すデルボニスの強烈なストロークに押されてしまう。そして、タイブレーク7−7の時にフェデラーはネットへ詰めるもポイントを取る事が出来ず、続くポイントで勢いに乗ったデルボニスに最後はボレーを決められ、このセットを落とす。

第2セットもタイブレークへ突入する。しかし、デルボニスの勢いは衰えず、フェデラーは最後得意のフォアハンドをネットにかけてしまい、1時間53分で準決勝敗退となった。

フェデラーを破る大金星をあげたデルボニスは、ファーストサーブが入った時に82パーセントの高い確率でポイントを獲得した。また、1ブレークしか出来なかったものの、フェデラーの2度を上回る7度のブレークチャンスを握っていた。

試合後、フェデラーは「彼(デルボニス)は、僕よりいいプレーをしていた。試合の終盤では良い感触を掴んでいただけに、セットを取れなかったのは残念。」と、落胆した。

フェデラーは前日に行われた準々決勝で、世界ランク45位のF・マイヤー(ドイツ)にフルセットの苦戦を強いられ、辛くもベスト4進出を果たしていた。

グランドスラム最多17度の優勝を誇るフェデラーは、今年のウィンブルドンで当時世界ランク116位のS・スタコフスキ(ウクライナ)に敗れる大波乱に見舞われていた。フェデラーがグランドスラムでベスト8を前に敗れるのは2004年の全仏オープン以来で、その時は3回戦でG・クエルテン(ブラジル)に敗れた。

また、フェデラーが3回戦を前に敗退するのは、グランドスラムでは全仏オープン初戦で敗れた2003年以来10年ぶり、ウィンブルドンでは初戦敗退した2002年以来11年ぶりの事だった。

さらに、ウィンブルドン後に発表された世界ランキングでは、2003年6月以来10年ぶりにトップ4から転落し5位へ後退した。

今季フェデラーは、ゲリー・ウェバー・オープンでタイトルを獲得するものの、グランドスラムでは全豪オープンでベスト4、全仏オープンでベスト8、ウィンブルドンで2回戦敗退となっている。

そして、今大会からフェデラーは、これまでは10年以上使用していたラケットフェイスが90平方インチのものから98平方インチへと大きい黒塗りのラケットを使用している事も大きな話題となっていた。

一方、フェデラーを破った22歳のデルボニスは今大会では予選を勝ち抜き、2回戦で第10シードで元世界ランク5位のT・ロブレド(スペイン)、準々決勝では第14シードで元世界ランク7位のF・ベルダスコ(スペイン)に逆転で勝利するなど、快進撃を続けている。

2007年にプロへ転向したデルボニスの自己最高ランクは、今年4月に記録した98位である。

ツアー初優勝を狙うデルボニスは、決勝で第12シードのF・フォニュイーニ(イタリア)と対戦する。

この日行われた試合結果は、以下の通り。

N・アルマグロ(スペイン)(3) vs. ○F・フォニュイーニ(12), 4-6, 6-7
●R・フェデラー(1) vs. ○F・デルボニス, 6-7, 6-7


■フェデラー関連モデル■

《ウイルソン PRO STAFF(プロスタッフ)SIX.ONE 90》


■関連記事■

《フェデラー「大きなラケットにトライ」、90から98平方インチへ》

《フェデラーは世界45位に苦戦、準決勝は快進撃続ける予選勝者<ベット・アット・ホーム・オープン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《7度優勝フェデラーにまさかの波乱「こんな結果は望んでいない」<ウィンブルドン>》

《フェデラーから金星飾ったスタコフスキ「人生で最高のプレー」<ウィンブルドン>》

《フェデラーに打ち勝った力は何処へ、番狂わせ起こした世界116位姿消す<ウィンブルドン>》

《フェデラー、10年ぶりにトップ4から転落<世界ランキング>》


■関連動画■

《フェデラーが語った、ウィンブルドンで学んだこと!ATP男子ツアーマガジンVol.177》

《フェデラーが芝のコートで躍動!ATP男子ツアーマガジンVol.176》
(2013年7月21日14時18分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月18日

インカレ女子 単複4強が出揃う (20時48分)

ジョコ脱帽「世界のトップ」 (17時35分)

メドヴェデフ 3週連続決勝へ (16時05分)

全日本Jr 男子は藤原智也がV (16時00分)

全日本Jr女子、山口瑞希がV (15時17分)

ゴファン マスターズ初の決勝へ (14時22分)

インカレ 準決勝からライブ配信 (14時21分)

マレー 2週連続で単に臨む (13時48分)

錦織 練習再開、全米へ向け調整 (11時40分)

ジョコ逆転負けで2連覇ならず (9時01分)

大坂なおみ 世界1位キープ確定 (1時17分)

8月17日

羽澤慎治や小林雅哉が敗退 (23時11分)

佐藤南帆ら単8強出揃う (23時10分)

全日本Jr 17日女子結果一覧 (21時08分)

全日本Jr男子 17日結果一覧 (20時42分)

メドヴェデフ 7位以上が確定 (18時02分)

大坂から世界1位奪取王手 (15時16分)

西岡棄権「点滴2リットル」 (11時56分)

ジョコビッチ 7度目4強入り (11時41分)

大坂なおみ「全米OP心配」 (8時52分)

けがから復活 ガスケ4強へ (8時26分)

大坂なおみ途中棄権 4強逃す (6時27分)

【1ポイント速報】大坂vsケニン (6時25分)

西岡良仁、体調不良で棄権 (4時30分)

【中止】西岡vsゴファン (4時29分)

8月16日

東レ 大坂ら出場選手決定 (20時33分)

全日本Jr女子 16日結果一覧 (19時28分)

全日本Jr 16日男子結果一覧 (19時15分)

フェデラー脱帽「完璧だった」 (18時18分)

大坂8強「うまくできた」 (13時39分)

西岡「最高のプレー出来た」 (13時20分)

ジョコビッチ 9度目の8強へ (12時59分)

大坂なおみ 熱戦制し8強進出 (7時29分)

フェデラー 3回戦敗退の波乱 (6時57分)

【1ポイント速報】大坂vsシュウェイ (6時56分)

西岡良仁 マスターズ初8強 (1時36分)

【1ポイント速報】西岡vsデ ミノー (1時27分)

8月15日

インカレ 15日結果一覧 (20時26分)

大坂 次戦シュウェイを警戒 (19時33分)

錦織らシード勢が初戦敗退 (13時02分)

西岡「錦織は日本のヒーロー」 (11時43分)

錦織圭 勝者の西岡良仁を称賛 (11時16分)

錦織破った西岡「緊張した」 (9時50分)

ズべレフ 5年連続の初戦敗退 (9時28分)

チチパス 死闘の末に初戦敗退 (9時17分)

ワウリンカ破りフェデラー戦へ (9時04分)

シャラポワ破り初戦突破 (9時04分)

錦織、体調不良「息苦しい」 (7時18分)

大坂なおみ 苦戦も初戦突破 (7時00分)

【1ポイント速報】大坂vsサスノビッチ (6時59分)

錦織 西岡にストレート負け (1時54分)

【1ポイント速報】錦織vs西岡 (1時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!