- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

女王セリーナの敗戦、コーチ「彼女だって人間さ」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)で、優勝候補にあげられていた第1シードで世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)だったが、4回戦でS・リシキ(ドイツ)にまさかの敗退を喫した。

セリーナのコーチであるパトリック・ムラトグルー氏は、その敗戦を冷静に受け止めながら、敗戦を力に変えて更に強くなって戻ってくるとセリーナの今後を占なった。

「彼女(セリーナ)だって人間さ。もし、彼女が史上最強の選手だとしても、年間を通して全ての試合で完璧でいる事は期待出来ないからね。今の彼女だってそうだし、これからの彼女だってそうさ。」

「それでも、彼女は調子が悪い時のレベルが、以前ほど低いものにはなっていないとも感じている。でも、やっぱり彼女は人間なんだ。試合に負ける事だってある。我々は、そんな時に備える必要があるのさ。」

全豪オープン直後のドーハ大会の決勝戦でV・アザレンカ(ベラルーシ)に敗れて以来ウィンブルドンまで、31試合連続勝利を飾るなど絶好調だったセリーナ。他を圧倒する強さは、ムラトグルー氏をコーチに招いてから始まった。

昨年の全仏オープンでは、自身初となるグランドスラムでの1回戦敗退を喫した。その後にムラトグルー氏をコーチとして招いてからは、ウィンブルドンで5度目の優勝、ロンドンオリンピックでもシングルスに加え、姉のV・ウィリアムズ(アメリカ)と組んだダブルスでも金メダルを獲得。

以降、地元での全米オープンに優勝すると、上位8選手しか出場出来ないツアー最終戦でも優勝するなど、世界ランク1位への返り咲きは時間の問題と言われる強さを見せ始めていた。

その勢いのまま今季も好調を維持したセリーナは、2月のドーハ大会の準優勝後には見事世界ランク1位への返り咲きに成功した。その状態で迎えたウィンブルドンでの敗退だったが、セリーナ自身にとってはショックという言葉とは違う思いがあったと敗戦後に語った。

「ショックではないわ。彼女(リシキ)は、特に芝ではとても良いプレーをする選手だし、芝での彼女のサーブはかなり強烈なの。だから、試合前に彼女とウィンブルドンで対戦するのは、本当に簡単ではないってわかっていたわ。だから、ショックとかではないの。」と、セリーナ。

そしてムラトグルー氏は、ここまでの連戦の疲れも敗戦の要因になったのではないかと推測していた。

「彼女はちょっと疲れていたのかもしれない。それは可能性の話だけどね。似たような試合が全仏オープンの時にもあった。S・クズネツォワ(ロシア)との1戦さ。自分からしてみると、その2試合は同じような1日だった。だから、もし彼女があのリシキ戦に何とか勝っていたら、大会にも優勝出来ただろうね。」

「そして彼女の凄いところは、昨年の全仏オープンで初戦敗退した後、それをバネにして更に強くなって戻ってきた。彼女は負けると、よりモチベーションが上がり、これまで以上の練習をして、更に強い選手になってコートに戻ってくるんだ。他の選手達にとっては、悪いニュースかもしれないけどね。」

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《世界1位セリーナ連覇逃す、連勝は34でストップ<ウィンブルドン>》

《大金星の23歳リシキ「縁起がいいの」、女王セリーナの連覇阻止<ウィンブルドン>》

《元女王グラフ以来の快挙逃したリシキが涙のスピーチ「圧倒されてしまった」<ウィンブルドン>》

《クルム伊達「やっぱりセリーナは強かった!」<ウィンブルドン>》

《クルム伊達は世界1位セリーナに脱帽「格が違う」<ウィンブルドン>》

《31歳セリーナ、11年ぶりの優勝「信じられない、もう1度優勝したいわ」<全仏オープン>》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年7月10日11時49分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

11月26日

ビッグ3の年間最終ランクに注目 (16時00分)

マレーら 各分野最高の選手選出 (12時32分)

手術後のリハビリ動画を公開 (11時26分)

マドリッドOP 開催期間2週間に (10時13分)

マラドーナ氏急逝、選手ら追悼 (8時03分)

11月25日

TFight プレゼント企画 (16時39分)

最終戦「印象的な瞬間」を投稿 (16時02分)

錦織ら23日付の日本勢ランク (14時52分)

【GEEK通信】「プリンス白ツアー5機種で5連勝」 (14時00分)

レーバー杯参戦へ「楽しみ」 (10時57分)

白石、阿部がV 無観客インカレ (9時06分)

大坂3位 23日付世界ランク (8時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!