- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元女王グラフ以来の快挙逃したリシキが涙のスピーチ「圧倒されてしまった」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は6日、女子シングルス決勝が行われ、快進撃を続けていた第23シードのS・リシキ(ドイツ)は第15シードのM・バルトリ(フランス)に1-6, 4-6のストレートで敗れ、グランドスラム初優勝を逃すと同時に、ドイツ女子で1996年にタイトルを獲得した元世界ランク1位S・グラフ(ドイツ)以来17年ぶりの優勝とはならなかった。

この試合、世界ランク24位リシキは持ち味の強烈なサービスとストロークが試合序盤で決まらなかった。終盤では本来の力を発揮するも、サービスエースの数は6本、ウィナーは21本を記録するも凡ミスを25本犯してしまい、1時間21分で同15位バルトリに敗れた。

試合後リシキは、涙ながらに「ちょっと圧倒されてしまった。彼女(バルトリ)は素晴らしいプレーをしていた。彼女に、また挑戦したいわ。」と、コメント。

「この大会は大好きなの。このコートも、皆さんの事も。2週間を通して、応援してくれてありがとう。私は今回の困難を乗り越えようとしたけど、上手くいかなかった。」

「私のチームの皆、本当にありがとう。私達は色んな事を一緒にやってきて、グランドスラム決勝へ遂に進出した。また、次のチャンスを狙いたい。」

両者は今回で5度目の対戦となり、リシキはバルトリに対し3勝2敗とした。

リシキは準決勝でA・ラドワンスカ(ポーランド)に勝利した時点で、ウィンブルドンでは1999年以来14年ぶりのドイツ勢決勝進出となった。1999年にはグラフが決勝へ進出するも、L・ダベンポート(アメリカ)に敗れ準優勝に終わった。

今年のウィンブルドンで世界ランク24位のリシキは、快進撃を続けての決勝進出だった。

1回戦で2010年の全仏オープン覇者で元世界ランク4位のF・スキアボーネ(イタリア)、2回戦ではウィンブルドンの前哨戦であるAEGON国際オープン女子で優勝のE・ヴェスニナ(ロシア)、3回戦では2011年の全米オープンで優勝を飾った第14シードのS・ストザーに勝利した。

そして、4回戦では第1シードで前年度チャンピオンのS・ウィリアムズ(アメリカ)を破る大金星をあげると同時に、世界ランク1位セリーナの連勝記録を34でストップさせた。

さらに、準々決勝では元世界ランク15位のK・カネピ(エストニア)に快勝、準決勝では第4シードで昨年のファイナリストであるラドワンスカを6-4, 2-6, 9-7の激闘の末に下し、グランドスラム初の決勝進出を果たした。

一方、今年のウィンブルドンは上位シード勢がベスト8を前に敗退する波乱に見舞われており、8強入りしていた中でのグランドスラム優勝経験者は第6シードのN・リー(中国)と第8シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)だったが、その2選手は準々決勝敗退となった。そのため、ベスト4へ進出した4選手では、誰が優勝してもグランドスラム初のタイトル獲得となっていた。

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《18人目の全英女王バルトリ「この瞬間を夢見ていた」、トップ10返り咲きも確定<ウィンブルドン>》

《23歳リシキが初の決勝へ、元女王グラフ以来17年ぶりの快挙なるか<ウィンブルドン>》

《世界15位バルトリがフランス勢7年ぶりの優勝へ王手<ウィンブルドン>》

《世界1位セリーナ連覇逃す、連勝は34でストップ<ウィンブルドン>》

《77年ぶりの地元優勝へあと1勝のマレー、残すは王者戦<ウィンブルドン>》

《4時間43分の大激闘、ジョコビッチが王者の底力発揮<ウィンブルドン>》

《「信じられないような試合」で王者に敗れたデル=ポトロ「やっぱり悲しい」<ウィンブルドン>》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

《青山、杉山以来の複決勝逃すも「今回の結果は自信になる」<ウィンブルドン>》
(2013年7月7日1時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!