- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元世界5位ハンチュコバが11年ぶりにベスト8進出<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は2日、女子シングルス4回戦が行われ、元世界ランク5位のD・ハンチュコバ(スロバキア)A・リスケ(アメリカ)を6-3, 5-7, 6-2のフルセットで下し、11年ぶりのベスト8進出を果たした。

この試合、ハンチュコバは15本のサービスエースと46本のウィナーを決め、ファーストサーブが入った時には81パーセントの確率でポイントを獲得した。さらにリスケのサービスゲームで4度のブレークに成功したハンチュコバは、2時間1分で8強入りを決めた。

全米オープンで2002年以来11年ぶりのベスト8進出を果たした30歳のハンチュコバは、グランドスラムを全体では2008年の全豪オープン以来5年ぶりの8強入りとなった。2008年の全豪オープンではベスト4へ駒を進めている。

準々決勝でハンチュコバは、第2シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)と第13シードのA・イバノビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

またハンチュコバは、今大会のダブルスに6年ぶりに現役復帰を果たした元世界ランク1位のM・ヒンギス(スイス)とペアを組み出場するも、第1シードのS・エラーニ(イタリア)/ R・ビンチ(イタリア)組にストレートで敗れ、初戦敗退となった。

一方、主催者推薦で出場した地元のリスケは、2回戦で第28シードのM・バーテル(ドイツ)、3回戦では第7シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)にそれぞれストレートで下す快進撃で、ハンチュコバとの4回戦へ進出していた。

《全米オープン対戦表》


■関連記事■

《ヒンギス、四大大会ダブルス復帰戦は黒星<全米オープン>》

《20歳スティーブンス、セリーナについて「爆弾サーブ」<全米オープン>》

《元女王に大健闘の奈良「達成感と悔しい気持ち」、惜しくも杉山以来9年ぶり16強逃す<全米オープン>》

《クルム伊達組は五輪銀メダル組にリベンジ許す<全米オープン>》

《悔やまれるボレーミスの元女王ヴィーナス<全米オープン>》


■関連動画■

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》
(2013年9月3日11時20分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!