- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ラオニチが快進撃阻止 初4強

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は2日、男子シングルス準々決勝が行われ、第8シードのM・ラオニチ(カナダ)が主催者推薦枠で出場しているN・キルジオスを6-7 (4-7), 6-2, 6-4, 7-6 (7-4)の逆転で下し、グランドスラム初のベスト4進出を決めた。

両者は今年の全仏オープン1回戦で対戦しており、その時はラオニチがストレートで勝利している。

ビッグサーバー同士の対決となったこの試合、ラオニチは試合を通して39本ものサービスエースを決め、ファーストサービスが入った時に88パーセントと高い確率でポイントを獲得した。

第1セットから両者サービスキープのシーソーゲームとなり、タイブレークへ突入。第1セットの接戦を最初にものにしたのは、快進撃を続けるキルジオスだった。

第2セットでラオニチは、このセットでファーストサービスが入った時に100パーセントと非常に高い確率でポイントを獲得し、完璧なサービスゲームを展開した。さらに2度のブレークに成功して、ゲームカウント6−2で追いつく。

第3セットで先にブレークに成功したのはキルジオスだが、その後ラオニチがすぐにブレークバックに成功。第5ゲームでもブレークに成功したラオニチは、このセットをゲームカウント6−4で連取する。

第4セット、両者サービスゲームキープが続き、この試合2度目のタイブレークに突入。最後はラオニチがセンターにサービスエースを決め、ビッグサーバーのラオニチらしい試合の終え方で勝利をおさめた。

グランドスラムで初の4強入りとなったラオニチは、準決勝で第4シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する。

ラオニチは、今大会の4回戦で錦織圭(日本)を逆転で下し、グランドスラムで2大会連続のベスト8進出を決め、今回初の準決勝進出となった。

《ラオニチvs錦織の記事はこちら》

一方、ラオニチに敗れた19歳のキルジオスは、今回がウィンブルドン初出場で初のベスト8進出となった。今大会は1回戦でS・ロバート(フランス)、2回戦で第13シードのR・ガスケ(フランス)、3回戦でJ・ヴェセリ(チェコ共和国)に、そして4回戦で世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)を破る快進撃を続けてきたが、ラオニチに阻止されることとなった。

過去には2013年に全豪オープンのジュニアで優勝を飾っており、ジュニアランキングでは1位を記録していた。

《キルジオスの記事はこちら》

現在は世界ランク144位だが、今大会でベスト8進出を決めたことにより、大会後に発表される世界ランキングでは、60位台後半に浮上することが予想される。

また、この試合にはキルジオスと同じオーストラリアで元王者L・ヒューイット(オーストラリア)も、キルジオスの快進撃を見に来ていた。


■関連記事■ 

・ジョコビッチ フルセット戦制す
・波乱 昨年優勝のマレーが敗退
・フェデラー 逆転で9度目の4強
・ナダル 快進撃の144位に敗れる


■関連動画■ 

・日本男子初となるトップ10入りを果たした錦織を特集!
・ナダルの歴史的快挙で幕を閉じた全仏決勝を振り返る!
(2014年7月3日5時35分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!