- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

モンフィス 地元優勝ならず

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は4日、男子シングルス準々決勝が行われ、第23シードで地元期待のG・モンフィス(フランス)は第7シードのA・マレー(英国)に4-6, 1-6, 6-4, 6-1, 0-6のフルセットの末に敗れ、準決勝進出ならなかった。

雨のため約3時間ほど遅れて始まった大会11日目、雨が止んだ後は晴れたが強風の元、日没直前まで試合が行われた。

この試合モンフィスはマレーに7度のブレークを許し3時間15分で敗れた。

モンフィスは第1セット第2ゲームで早くもブレークを許し、ゲームカウント0-3とリードを許すも第4ゲームから3ゲーム連取し3-3と追いつくが、第10ゲームで再びブレークを許し第1セット先取される。

第2セットもマレーに2度のブレークを許し、5ゲーム連取され6-1と後が無くなる。

第3セット第1ゲームでモンフィスがサービスゲームをキープし会場が湧き上がる。その後両者サービスキープが続き第10ゲームでモンフィスが6度目のチャンスからブレークに成功し、一気に会場がモンフィスへの声援一色になる。

第4セットは第3ゲームからモンフィスが5ゲーム連取し、ファイナルセットに突入する。

日没順延まで1時間を切り、第5セット目が始まると再びマレーのペースとなり、素晴らしいロングラリーを見せ会場を沸かすが、モンフィスは1ゲームも取る事無く試合終了となった。

マレーとしては翌日に持ち越すことなく準決勝に備えることが出来た。

両者は6度目の対戦となりモンフィスはマレーに2勝4敗とし、4年ぶりの対戦はマレーが勝利した。

モンフィスは2008年以来の準決勝進出とならなかった。

また昨年は腰の怪我により欠場したマレーは2011年以来、2度目の準決勝進出となる。

勝利したマレーは準決勝で第5シードのD・フェレール(スペイン)を4-6, 6-4, 6-0, 6-1で下した第1シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。


■関連記事■ 

・モンフィス フルセットの激戦制す
・マレー 連日の激戦制し8強へ
・ナダル完勝 フェレールと対戦へ
・王者撃破のガルビス初の4強
・フェデラー 10年連続8強逃す


■関連動画■ 

・快進撃続ける錦織が”クレーキング”ナダルに挑む!
・躍進を遂げる錦織とディミトロフに直撃!
(2014年6月5日5時00分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!