- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【コラム】ナルバンディアン、手に出来なかったGSタイトル<2013引退シリーズ その1>

男子でテニスで世界3位までのぼりつめた31歳のD・ナルバンディアン(アルゼンチン)は、今年10月に肩の故障により現役引退を表明した。これまでナルバンディアンはツアー大会で11度のタイトルを獲得したが、グランドスラムでの優勝を飾る事は出来なかった。

2000年にプロへ転向したナルバンディアンは、2002年のウィンブルドンでグランドスラム初の決勝進出を果たす。決勝では世界ランク1位で第1シードだったL・ヒューイット(オーストラリア)にストレートで敗れて準優勝に終わるも、大会初出場で決勝へ駒を進めたのはオープン化以降初の快挙だった。

しかし、これがナルバンディアンの最後のグランドスラム決勝進出だった。

2003年の全米オープンではR・フェデラー(スイス)らを次々と下し、ベスト4進出。準決勝では地元期待のA・ロディック(アメリカ)と対戦し、第1・2セットを先取、勝利まであと1セットと迫った。

第3セットはタイブレークへ突入し、ナルバンディアンはマッチポイントを握った。だが、勢いが衰えなかったロディックに強烈なサービスを叩き込まれるなどで第3セットを落としてしまう。以降は息を吹き返したロディックの勢いを止める事が出来ず、フルセットの末に敗れてしまう。

翌年2004年の全仏オープンでも準決勝へ進出するも、同胞のG・ガウディオ(アルゼンチン)に完敗。2006年の全豪オープンでも4強入りを果たし、全グランドスラムでベスト4へ駒を進めるも、準決勝でノーシードのM・バグダティス(キプロス)に2セットアップからの逆転で敗れる。同年の全仏オープンではフェデラーに逆転負けとなった。

その後はグランドスラム4強入りの壁を超える事が出来なかった。同じアルゼンチン勢では2004年の全仏オープンでガウディオがグランドスラム初優勝、2005年の同大会ではM・プエルタ(アルゼンチン)R・ナダル(スペイン)に敗れるも準優勝を飾った。

またナルバンディアンはフェデラーと相性が良く、2005年の最終戦であるテニス・マスターズ・カップでは決勝でフェデラーを6-7 (7-4), 6-7 (11-13), 6-2, 6-1, 7-6 (7-3)の大逆転で下し、ビッグタイトルを手にした。

国別対抗戦でのデビスカップでは2006・2008・2011年に決勝進出を果たすも、祖国アルゼンチンを優勝へ導く事が出来なかった。

さらに2012年のAEGON選手権では、線審の椅子を囲む広告看板を蹴り、破片が線審の左すねを傷つけ流血騒ぎとなり、非スポーツマンシップ行為により失格となった事もあった。

【ダビッド・ナルバンディアン】
プロ転向:2000年
キャリア通算成績:383勝192敗
自己最高ランク:3位(2006年)


■関連記事■

《ナルバンディアン引退試合にナダルらが参加》

《暴力行為で失格のナルバンディアンに罰金1万2千ドル》

《引退についてフェデラー「それは突然訪れる」》

《突然引退のバルトリ「プロテニス人生に幕を閉じる時」》

《元世界3位ナルバンディアンが引退表明》


■関連動画■

《11年連続で"最も人気のある選手"に選ばれたのは!?ATP男子ツアーマガジン Vol.197》

《ジョコビッチも唖然の完璧なドロップショットに観客が熱狂!ATP男子ツアーマガジン Vol.196》

《秘蔵映像!フェデラーがボールボーラー!?ATP男子ツアーマガジン Vol.195》

《「ベビー・フェデラー」と呼ばれる22歳ディミトロフが念願の初優勝!ATP男子ツアーマガジン Vol.194》
(2013年12月3日12時44分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月27日

ナダル8強 地元キリオス撃破 (21時41分)

15歳ガウフ 熱戦制し複8強 (21時40分)

豪のレジェンドたちが登場 (21時37分)

【1ポイント速報】ナダルvsキリオス (20時45分)

ワウリンカがメドヴェデフ撃破 (16時49分)

大坂 コービー氏の死に悲しみ (16時23分)

全豪OP 練習コートを開放 (16時22分)

三井駿介ら ジュニア日本勢敗退 (16時16分)

フェデラー 次戦相手「俊敏」 (12時43分)

注目のナダルvsキリオス (12時28分)

15歳ガウフ「五輪出たい」 (11時13分)

ナダルら全豪OP8日目詳細 (11時09分)

1月26日

フェデラー 序盤苦戦も8強へ (21時47分)

【1ポイント速報】全豪OP4回戦 (19時07分)

8強ジョコ「うまくできた」 (18時59分)

全豪OP 会場ファン国歌熱唱 (18時57分)

ジョコ撃破なるか「支配する」 (16時40分)

大坂破った15歳ガウフ敗退 (14時55分)

キリオス「ナダル知らない」 (11時27分)

ナダル、キリオス戦へ見解 (10時53分)

ジョコ 4回戦へ最終調整 (10時36分)

1月25日

キリオス 死闘制し全豪16強 (21時59分)

【1ポイント速報】全豪OP3回戦 (16時57分)

プリスコバ敗退「驚きない」 (16時49分)

ナダル完勝 全豪13度目16強 (15時19分)

土居組 日比野/二宮を破る (12時48分)

錦織 2月NYオープン欠場 (11時12分)

死闘フェデラー「タフだった」 (9時53分)

ジョコ「西岡を走らせた」 (9時31分)

大坂撃破ガウフ「証明できた」 (1時45分)

1月24日

フェデラー 劇的勝利で16強 (22時58分)

【1ポイント速報】フェデラーvsミルマン (20時38分)

西岡 ジョコに完敗「勝てない」 (20時25分)

大坂「みんなに申し訳ない」 (19時38分)

大坂敗退 全豪OP連覇ならず (18時23分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsガウフ (17時00分)

セリーナ「勝てる試合だった」 (16時12分)

ジョコ完勝「サーブよかった」 (15時40分)

西岡良仁 ジョコビッチに完敗 (15時22分)

大坂なおみ 3回戦へ最終調整 (15時07分)

涙ウォズニアッキ 現役引退へ (13時51分)

【1ポイント速報】西岡vsジョコビッチ (13時30分)

日比野/二宮 土居組と複で激突 (13時08分)

【ヘッド】「大変貌を遂げた赤いプレステージ5機種の全貌」 (12時10分)

西岡良仁 ジョコ戦へ最終調整 (10時50分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!