- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレーがウィリアム王子から大英帝国勲位を授与

男子テニスで、77年ぶりの地元イギリス人ウィンブルドンチャンピオンになったA・マレー(英国)が、現地木曜日にウィリアム王子から大英帝国勲位を授与するために、ロンドンにあるバッキンガム宮殿へ両親とガールフレンドであるキム・シアーズと共に訪れた。

マレーは昨年、地元イギリスで行われたロンドンオリンピックで金メダルを獲得。その後の全米オープンで自身初となるグランドスラム優勝を果たすと、今年7月に行われたウィンブルドンで悲願の地元優勝を飾った。

マレーは授与式の後「ウィリアム王子から、ウィンブルドン優勝後はプレッシャーなどはないかとか、どのように過ごしているかと尋ねられた。王子はとてもスポーツが好きで、オリンピック会場にも訪れていたし、会場のどこにでも現れていた。ウィンブルドンでも何度かお会いした事もあった。」と、式での会話や王子について語った。

先月マレーは、小さな腰の手術を受けて今季の活動を終わらせていた。

「王子は腰の手術についても尋ねてくれた。シーズンの最後にこんな素晴らしい名誉を受ける事が出来て、最高な気分。特に王子の最初の認証式だったからね。」とマレーは、これまでは女王エリザベス2世がプレゼンターを務めていたが、数カ月前にその大役を女王からウィリアム王子に任され、最初の式典だった事を受けてコメントしていた。

そして「ウィンブルドン後にキャサリン妃から祝福の直筆の手紙を頂いた。以前ウィリアム王子からも手紙をもらったけど、キャサリン妃の文字は驚くほどきれいだった。」と、キャサリン妃への印象も語った。

しかし、式の直前にはアクシデントに見舞われたマレー。会場へ向かう車の出発予定時間のわずか10分前に、無作為に行われる薬物検査官が現れ、薬物検査を受けなければならなかった。

「もう準備をして出かける時に、彼等が現れた。だから、式に遅刻してしまうのではないかと、かなり不安になった。でも、迎えの車の運転手はロンドン市内に詳しく、しっかり時間までに到着してくれた。」と、そのハプニングについても語った。

マレーは今季獲得ポイントの上位8選手しか出場出来ないATPワールドツアー・ファイナルへの出場権を獲得していたものの、手術からの治療により欠場を表明している。

既にリハビリを始めていると語るマレーは、コートに立てるまではあと4・5週間必要だと現状を説明していた。100パーセントの状態になるまではコートに立つつもりはないと語るマレーは、来年1月にある全豪オープンに照準を合わせている。


■関連記事■

《マレー「一生忘れられない」金メダル◇ロンドンオリンピック》

《マレー、77年ぶりの快挙達成して「何が起きたか覚えてない」<ウィンブルドン>》

《マレーが手術に成功、元気な姿の画像もアップ》

《「本当にショック」マレー、欠場余儀なくされる<ATPワールド・ツアー・ファイナル>》

《マレーが告白「とてもショック、自信もなくなっていた」》


■関連動画■

《ジョコビッチが史上9人目の偉業を達成!ATP男子ツアーマガジン Vol.190》

《芸術的なバックハンドを放つ天才ガスケを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.187》

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》

(翻訳・記事/弓削忠則)
(2013年10月18日10時36分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月20日

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!