- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー「一生忘れられない」金メダル◇ロンドンオリンピック

ロンドンオリンピックのテニス競技(イギリス/ロンドン、芝)は大会9日目の5日、男子シングルス決勝が行われ、第3シードのA・マレー(英国)が第1シードのR・フェデラー(スイス)に6-2, 6-1, 6-4のストレートで勝利、地元英国で悲願の金メダル獲得を決めた。

25歳のマレーは、過去フェデラーとの対戦で8勝8敗としていた。5セットマッチで行われた男子シングルス決勝は、大声援を受けるマレーが期待に応えるプレーで会場を盛り上げた。

過去4度グランドスラム決勝に進出しながらも、いまだ無冠のマレーは今回の優勝で「オリンピックで金メダルを獲得出来た。グランドスラムでは優勝していない。タフな決勝でタフな敗戦を経験してきて、それらは辛いものだった。今ではトップ選手が出場しているから、オリンピックでのテニスの価値が上がっていると思う。キャリアで最高の勝利です。」と、喜びを語った。

第1セットは互いにサービスキープするも、第6ゲーム、フェデラーのサービスゲームで試合が動く。フェデラーは0−30からデュースにするが、マレーにブレークポイントを与える。そして、フェデラーのバックハンドのショットがネットにかかり、自らのサービスゲームを落としてしまう。

ゲームカウント4−2とリードしたマレーはこれで勢いに乗り、第8ゲームもブレークに成功、6−2でセットを先取する。このセット、マレーの凡ミスはフェデラーの約半分となる6本だった。

試合の流れを掴んだマレーは第2セットに入ってからも勢いを維持し、第2ゲームをブレーク、ゲームカウント2−0とする。

巻き返しを狙うフェデラーは、第3ゲームで6本のブレークポイントを握る。だが、このチャンスを活かす事が出来ず、結局マレーにサービスキープをされてしまう。

手がつけられない状態のマレーは5ゲーム連取し、ゲームカウント5−0と大きくリードする。第6ゲームはフェデラーにサービスキープされるも、続く第7ゲームをきっちりサービスキープしたマレーが2セットアップとする。

第3セット、第5ゲームでこの日5度目となるブレークをマレーが奪い、このセットもリードする。以降、両者サービスキープを続け、マレーは第10ゲームでサービング・フォー・ザ・マッチを迎える。プレッシャーが中、マレーは最後サービスエースを決め、1時間56分で念願の金メダル獲得を決めた。第3セットでマレーは、自らのサービスゲームでフェデラーにわずか1ポイントしか与えない安定したプレーをした。

マレーの金メダル獲得が決まった瞬間、会場は総立ち。マレーは見守ってくれていた家族、チームと喜びを分かち合った。

金メダル獲得を決めたマレーは「一生忘れる事はないでしょう。色々な状況に対応することが出来ます。コートでも自信を持ってる。最後の方のサーブでは、ファンの皆から少しスピードをもらった。何本かビッグサーブが決まった。」

敗れたフェデラーはゴールデンスラム達成がかかっていたが、マレーに敗れたことによりその夢は叶わなかった。

試合後フェデラーは「満足しています。マレーは自分より多くの場面でいいプレーをしていた。素晴らしい1ヶ月だった。ウィンブルドンで優勝し、世界ランク1位に返り咲き、そして銀メダルを獲得した。それほど悪い気分ではありません。」

また「銀メダル獲得したことをとても誇りに思います。1回戦から決勝までとても感情的になる大会だった。1回戦で負ける可能性もあった。準決勝でも同じことです。負けたのではなく、銀メダルを勝ち取った気分です。とても満足している。」とフェデラー。

両者は今年のウィンブルドン決勝でも対戦し、その時はフェデラーが4-6, 7-5, 6-3, 6-4の逆転で優勝を決めていた。フェデラーはその優勝で、およそ2年ぶりに世界ランク1位に返り咲き、P・サンプラス(アメリカ)が持つウィンブルドン史上最多記録に並ぶ7度目の優勝、さらに自らの持つグランドスラム最多勝記録を17に更新していた。

またこの日、準決勝でフェデラーに敗れた第8シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、マレーに敗れた第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)の、銅メダル獲得をかけた3位決定戦も行われた。

試合開始から激しいラリー戦となったこの試合、第1セットで6本のサービスエースと13本のウィナーを決めるジョコビッチは、5度のブレークチャンスを握るも、それをものに出来なかった。

それに対しデル=ポトロは第11ゲームでブレークに成功し、続く第12ゲームをサービスキープ、第1セットを先取する。

第2セットに入ってもメダル獲得の執念がぶつかり合う激しいラリーの応酬が続く。そして、第3ゲームでブレークに成功したデル=ポトロが、以降サービスキープを続ける。最後は強烈なサービスを決めて、7-5, 6-4で元王者ジョコビッチを破ったデル=ポトロが銅メダル獲得を決めた。試合時間は1時間48分だった。

デル=ポトロは「この瞬間は、世界で最高に幸せな人間だと思う。2日前の準決勝は本当に悲しい結果だった。そういった試合から立ち直るのは簡単ではない。だけど、体にも心にもエネルギーを注いで、この大きなチャレンジに挑むことが出来た。」

また「アルゼンチンにいる皆が、僕がこの試合でベストのプレーが出来るように応援してくれたと思いますし、本当に感謝している。この銅メダルは、僕ら皆のもの。」

デル=ポトロは準決勝でフェデラーに6-3, 6-7 (5-7), 17-19の大激闘の末に敗れ、この日の3位決定戦に臨んでいた。また、準々決勝では第15シードの錦織圭(日本)にストレートで勝利していた。

また銅メダル獲得とはならなかった世界ランク2位のジョコビッチは、2008年北京オリンピックで銅メダルを獲得していた。

(2012年8月6日5時42分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!