- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「アメリカのために力になれなくて、ごめんね」<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は、今年地元アメリカ人男子選手がシングルスでベスト16に進出しない初の事態が起きた。

現地9月1日に唯一アメリカ人男子選手で勝ち残っていたのが、世界ランク109位のT・スミチェク(アメリカ)だった。3回戦でスミチェクはM・グラノジェルス(スペイン)と対戦し、4-6, 6-4, 6-0, 3-6, 5-7の逆転で敗れた。

試合後、25歳のスミチェクは自身のツイッターで「人生で最悪の敗戦になったけど、キャリア最高の経験にもなった。」と、つぶやいた。

今大会でスミチェクは、グランドスラムを通して初の3回戦進出を果たしていた。また、昨年の全米オープンでは2回戦で錦織圭(日本)にストレートで敗れた。

「あんな雰囲気を味わった事はない。応援してくれた皆に感謝。アメリカのために力になれなくて、ごめんね。来年の挑戦が待ちきれない。」

今大会の本戦には、第13シードのJ・アイズナー(アメリカ)、第26シードのS・クエリー(アメリカ)J・ブレイク(アメリカ)J・ソック(アメリカ)R・ハリソン(アメリカ)R・ラム(アメリカ)B・ベイカー(アメリカ)D・ヤング(アメリカ)S・ジョンソン(アメリカ)D・クドラ(アメリカ)M・ラッセル(アメリカ)B・クラーン(アメリカ)R・ウィリアムズ(アメリカ)、C・アルラトミラノ(アメリカ)、スミチェクのアメリカ勢男子全15選手が出場したが、4回戦を前に敗れる結果となった。

また33歳にブレイクは、今大会を最後に現役生活に幕を閉じた。

全米オープンで最後に地元選手がタイトルを獲得したのは2003年のA・ロディック(アメリカ)で、その時は決勝でJ・C・フェレーロ(スペイン)をストレートで破っての優勝だった。

さらに、今月12日に発表された男子世界ランキングでも、40年に渡るATPランキング史上初となるトップ20にアメリカ人が1人もいなくなってしまう事態が起きていたが、その後に行われたW&Sマスターズでアイズナーが決勝へ進出した事により、再びアメリカ勢がトップ20に返り咲いた。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《1881年以来初の事態、アメリカ勢男子姿消す<全米オープン>》

《史上初の事態、アメリカの黄金時代は何処へ》

《アメリカの救世主アイズナーが快進撃、大逆転に成功<W&Sマスターズ>》

《33歳ブレイクが14年間のシングルス人生に幕「ありがとう」<全米オープン男子>》

《元世界4位ブレイクが引退表明「全米が最後の大会」<全米オープン>》

《ダブルスも敗れたブレイク、現役引退へ<全米オープン>》

《ロディック「この大会で最後にすることを決断しました」◇全米オープン》


■関連動画■

《今季ハードコートで無敗のナダルが決勝に挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.184》

《新たな伝説を目指す王者ジョコビッチ!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》

(2013年9月5日7時39分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!