- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー「かなり落胆」「必ず強くなって戻ってくる」<全米オープン>

男子テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は2日、シングルス4回戦が行われ、過去5度の優勝を誇る第7シードのR・フェデラー(スイス)は第19シードのT・ロブレド(スペイン)に6-7 (3-7), 3-6, 4-6のストレートで敗れた。元世界ランク1位のフェデラーがシーズンを通してグランドスラム決勝の舞台に1度も立てないのは、2002年以来11年ぶりの事となった。

試合後、フェデラーは「今日は、自分自身に負けてしまった試合だった。」と、自身のプレーに落胆した。

この試合、ロブレドの26本に対し、フェデラーは43本もの凡ミスを犯した。

「特に得意としている早いコートでの試合で自滅してしまった事は、かなり落胆している。サーブが助けになってくれる中で、どこかで流れを変えなければならなかった。ただ、それが出来なかった。今日のパフォーマンスは、ストレスがたまるものだった。」

フェデラーはロブレドに過去10連勝しており1度も負けていなかったが、今回の敗戦により10勝1敗とした。

もしフェデラーがロブレドに勝利していた場合、第2シードのR・ナダル(スペイン)と準々決勝で対戦する事となったが、それは実現しなかった。

「今日のようなプレーだったら、例えラファ(ナダル)と対戦出来たとしても勝ち目はないよ。」

また、今後についてもフェデラーは語った。

「しっかり練習して、必ず強くなって戻ってくる。今日の負けはなるべく早く忘れ去るよ。ここから先にこんなプレーは続けたくないからね。もっと良いプレーをしたいし、自分が出来ると信じている。今大会前の数週間でそれを見せる事も出来たんだ。」

フェデラーは今季獲得ポイントの上位8選手しか出場できないツアー最終戦への出場権に向けて、10月6日からの上海マスターズ、その後地元でのスイス・インドア、そしてシーズン最終週に行われるBNPパリバ・マスターズの3大会に望みをつなぐ。

「今後のスケジュールを変更するつもりはない。良いプレーさえ出来れば、結果はついてくるはず。」

フェデラーに勝利したロブレドは、準々決勝で第2シードのナダルとの同胞対決に臨む。ナダルはこの日、第22シードのP・コールシュライバー(ドイツ)を6-7 (4-7), 6-4, 6-3, 6-1の逆転で下しての勝ち上がり。

《全米オープン対戦表》


■関連記事■

《元王者フェデラーは10年ぶりに8強逃す、さらにナダル戦実現せず<全米オープン>》

《フェデラー、ラケット問題に結論「試していただけ」<W&Sマスターズ>》

《完全復活狙うフェデラー、初戦は1時間33分<全米オープン>》

《ナダルがフェデラーとの最大ライバル対決制す<W&Sマスターズ>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《フェデラーがトップ100圏外に敗れる波乱、キャリア通算12度目<ベット・アット・ホーム・オープン>》


■関連動画■

《今季ハードコートで無敗のナダルが決勝に挑む!ATP男子ツアーマガジン Vol.184》

《新たな伝説を目指す王者ジョコビッチ!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》
(2013年9月3日11時17分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!