- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

激闘続けるヒューイットが4強入、世界8位下す<AEGON選手権>

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、賞金総額77万9665ユーロ、芝)は14日にシングルス準々決勝を行い、L・ヒューイット(オーストラリア)が第3シードで世界ランク8位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を6-2, 2-6, 6-2のフルセットで下す金星をあげベスト4進出を決めた。

32歳のヒューイットは、試合後「今やろうとしているのは1つでも多く試合をすること。本当だよ。今日はいいテニスができた。ボールの打ち込みが絶好調だった。第2セットは0−4と追い込まれていたけれど、間違ったプレーをしていたとは思わない。彼(デル=ポトロ)はすばらしいプレーをみせていた。」と振り返った。

今大会ヒューイットは大激闘を繰り広げてここまで勝ち進んでいる。

初戦では、M・ラッセル(アメリカ)から4-6, 6-1, 6-3と逆転勝利を奪うも、立ち上がりに課題を残したヒューイットだった。しかし2回戦では第10シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)にベテランの格を見せ6-4, 6-3の快勝、3回戦では世界19位で第6シードのS・クエリー(アメリカ)から5-7, 6-3, 6-4と格上からの勝利で、試合に手応えを感じるほどまで調子をあげ準々決勝に駒を進めていた。

ヒューイットは準決勝で第5シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。

チリッチは第2シードのT・ベルディフを7-5, 7-6 (7-4)と1時間47分で振り切り、格上から金星をあげた。チリッチはこれでトップ10選手に対する戦績を14勝38敗とした。今季は4度の対戦があり、2勝2敗のタイとしている。

この日の勝利で大会40勝目を決めたヒューイットは、今大会過去4度の優勝を誇っているが、2012年7月以降決勝進出から見放されており、次の準決勝で勝利を収めて久しぶりに決勝に進みたいところ。

その準決勝に向けてヒューイットは「チリッチ戦も昨日や今日の試合と同様にタフなものとなるだろう。準備はできていると思うけれど、彼は昨年優勝しているからね。」と述べ、チリッチを警戒していた。

【大会6日目スケジュール】

■関連記事■

《ヒューイットが世界19位下す、今季初の8強「良いプレーが出来た」<AEGON選手権>》

《元王者ヒューイット、若手相手に経験の差を見せつけ快勝<AEGON選手権>》

《元王者ヒューイット、フルセットものにし新星との対戦へ<AEGON選手権>》

《アイズナーとヒューイットが決勝進出◇キャンベル殿堂テニス選手権》

この日行われた試合結果は以下の通り。

●T・ベルディフ(2) vs. ○M・チリッチ(5), 5-7, 6-7
●J・M・デル=ポトロ(3) vs. ○L・ヒューイット, 2-6, 6-2, 2-6
A・マレー(英国)(1) vs. ●B・ベッカー(ドイツ), 6-4, 7-6
JW・ツォンガ(フランス)(4) vs. ●D・クドラ(アメリカ), 6-3, 6-2
(2013年6月15日10時43分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!