- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

年間1位ジョコビッチが勝因語る◇ATPワールド・ツアー・ファイナル

男子テニスツアーの最終戦であるATPワールド・ツアー・ファイナル(イギリス/ロンドン、賞金総額550万ドル、インドアハード)は5日月曜日に開幕し、予選ラウンドロビンのグループAから2試合が行われ、再び世界ランク1位へ返り咲きを果たした第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が昨年の今大会の準優勝者で第7シードのJW・ツォンガ(フランス)に7-6 (7-4), 6-3のストレートで退けた。

第1セットではジョコビッチに1度もブレークポイントを握らせないサービスゲームを展開したツォンガだったが、ジョコビッチから3度握ったブレークチャンスを生かすことができず、このセットはタイブレークへと持ち込まれた。

そのタイブレークの序盤でミニブレークに成功したジョコビッチが4−1とリードし、その後もリードを守り切ると、第1セットを接戦の末に先取した。

第2セット、第1ゲームでいきなりブレークを奪ったジョコビッチがリードする。その後ゲームカウント5−3の第9ゲーム、ツォンガのサービスゲームでは、30−40とジョコビッチがマッチポイントを握る。

そこでサーブ&ボレーを試みたツォンガに対し、ジョコビッチは足元へのリターンを返球。最後ツォンガのボレーがサイドアウトし、ゲームセットとなった。

勝利したジョコビッチは「第1セットはどちらへ転んでもおかしくない内容だった。正直、第1セットは終始彼の方が良いプレーをしていた。全くブレークポイントを握らせてくれなかったし、自分は何度もブレークポイントを握られてしまった。何とか良いサーブを打ち、良いテニスをして、精神的に辛抱強さを維持して、こうして勝利を導くことができた。」と、勝利を手にした要因を語っていた。

「第1セットでは何度もチャンスがあった。」とツォンガ。また「その時にミスが出てしまった。それがこの日の差だと思う。彼の方がよりチャンスを生かしていた。自分は肝心なところでミスを犯してしまった。この大会で予選を突破するためには、そういうポイントを勝ち取らなければならない。今後の試合には全力を尽くすよ。」と、敗戦ながらも今後の試合へ向けて意識を高めていた。

現地水曜日にジョコビッチは第3シードのA・マレー(英国)と、ツォンガは第5シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)と対戦する。

ジョコビッチはマレー戦へ向けて「次の試合は水曜日にマレーとさ。彼との試合は常に大きなチャレンジ。彼はここロンドンで数々の成功を収めている。地元だし多くの観客を味方につけることもできる。そして、お互いのプレーも熟知しているから、必ず良い試合になるはずさ。」と、接戦への心構えができているようだった。

この予選ラウンドロビンのグループBには第2シードのR・フェデラー(スイス)、第4シードのD・フェレール(スペイン)、第6シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、第8シードのJ・ティプサレビッチ(セルビア)がエントリーしている。

現地火曜日にはこのグループB2試合が予定されており、フェデラーがティプサレビッチと、フェレールがデル=ポトロと対戦する。

この日行われた試合結果は以下の通り。

【シングルス】
N・ジョコビッチ (1) ○-× JW・ツォンガ (7), 7-6 (7-4), 6-3
A・マレー (3) ○-× T・ベルディフ (5), 3-6, 6-3, 6-4

【ダブルス】
M・グラノジェルス(スペイン)/ M・ロペス(スペイン) (6) ○-× B・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ) (1), 7-5, 5-7, 11-9
M・ミルニ(ベラルーシ)/ D・ネスター(カナダ) (2) ○-× R・リンドステッド(スウェーデン)/ H・テカウ(ルーマニア) (4), 4-6, 7-6 (7-1), 12-10

(翻訳/弓削忠則)

(2012年11月6日11時15分)

その他のニュース

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

10月13日

メドヴェデフ マスターズ2勝目 (23時17分)

メドヴェデフ 上海マスターズV (18時59分)

【1ポイント速報】メドヴェデフvsズベレフ (18時55分)

鉄人メドヴェデフ 次週も出場へ (15時31分)

ダルシスが引退計画を発表 (14時43分)

決勝へ「勢いを維持したい」 (13時30分)

快勝の15歳ガウフ 初Vに王手 (12時23分)

西岡良仁、初戦はアルボット (10時48分)

ズベレフ決勝へ「良い感じ」 (8時44分)

チチパス敗退「いい感触だった」 (7時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!