- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー、錦織などシード順決まる◇ロンドンオリンピック

28日に開幕するロンドンオリンピックのテニス競技のシード順位が発表され、男子シングルスはR・フェデラー(スイス)、女子シングルスはV・アザレンカ(ベラルーシ)が第1シードとなった。日本期待の錦織圭(日本)は第15シードに選出されている。ドロー抽選は現地時間26日の午前11時から行われる。

今年のウィンブルドンを制しグランドスラム通算17勝を達成するとともに、世界ランク1位に返り咲いたフェデラーに続き、北京五輪で銅メダルを獲得しているN・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードに。第3シードには地元期待のA・マレー(英国)、そして第4シードはD・フェレール(スペイン)となっている。

30歳のフェデラーは、今回が4度目のオリンピック出場となるが、シングルスでのメダル獲得には至っていない。ダブルスでは、前回の北京五輪でS・ワウリンカ(スイス)とのペアで金メダルを獲得している。

一方の女子シングルスでは、今年の全豪オープン女王であるアザレンカを筆頭に、ウィンブルドン準優勝のA・ラドワンスカ(ポーランド)が第2シード、全仏オープンで生涯グランドスラムを達成したM・シャラポワ(ロシア)が第3シード、そしてウィンブルドンで優勝したS・ウィリアムズ(アメリカ)が第4シードとなっている。

日本勢から唯一のシード選手となった錦織は、前回の北京五輪では推薦枠で出場を果たしたものの初戦敗退に終わっていた。今回のロンドンでは、添田豪(日本)伊藤竜馬(日本)とともにメダル獲得を目指す。

シード順位は男女ともに7月23日付の世界ランキングをもとに決定され、ダブルスはペアとなる選手のシングルスとダブルスのランキングの高い方を合わせた数字をもとに決定されている。

男子ダブルスでは、北京で銅メダルを獲得したB・ブライアン(アメリカ)M・ブライアン(アメリカ)の双子ペアが第1シードに。ディフェンディング・チャンピオンとなるフェデラーとワウリンカは、第6シードとして今大会に臨む。日本代表の錦織と添田はノーシードとなった。

女子ダブルスではL・フーバー(アメリカ)L・レイモンド(アメリカ)が第1シード。その一方、北京、シドニーに続き通算3度目のダブルス制覇を目指すセリーナとV・ウィリアムズ(アメリカ)の姉妹ペアはノーシードとなった。

今大会のドローは通常のツアー大会とは違い、同じ国同士の選手が序盤で対戦しないように考慮される。もし同一国から2人の選手が出場する場合、その2人はそれぞれドローの反対側となり、3人以上の場合は準決勝より前に対戦することのないような組み合わせとなる。

今大会のシード順位は以下の通り。

【男子シングルス】

1.R・フェデラー
2.N・ジョコビッチ
3.A・マレー
4.D・フェレール
5.JW・ツォンガ(フランス)
6.T・ベルディフ(チェコ共和国)
7.J・ティプサレビッチ(セルビア)
8.J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)
9.J・モナコ(アルゼンチン)
10.J・アイズナー(アメリカ)
11.N・アルマグロ(スペイン)
12.G・シモン(フランス)
13.M・チリッチ(クロアチア)
14.F・ベルダスコ(スペイン)
15.錦織圭
16.R・ガスケ(フランス)

【女子シングルス】

1.V・アザレンカ
2.A・ラドワンスカ
3.M・シャラポワ
4.S・ウィリアムズ
5.S・ストザー(オーストラリア)
6.P・クヴィトバ(チェコ共和国)
7.A・ケルバー(ドイツ)
8.C・ウォズニアキ(デンマーク)
9.S・エラーニ(イタリア)
10.N・リー(中国)
11.A・イバノビッチ(セルビア)
12.D・チブルコワ(スロバキア)
13.V・ズヴォナレーワ(ロシア)
14.M・キリレンコ(ロシア)
15.S・リシキ(ドイツ)
16.N・ペトロワ(ロシア)

【男子ダブルス】

1.B・ブライアン/M・ブライアン
2.M・ロドラ(フランス)/JW・ツォンガ
3.J・ティプサレビッチ/N・ジモンイッチ(セルビア)
4.M・フィルステンベルク(ポーランド)/M・マトコウスキー(ポーランド)
5.T・ベルディフ/R・シュティエパネック(チェコ共和国)
6.R・フェデラー/S・ワウリンカ
7.M・ブパティ(インド)/R・ボパンナ(インド)
8.N・ジョコビッチ/V・トロイキ(セルビア)

【女子ダブルス】

1.L・フーバー/L・レイモンド
2.S・エラーニ/R・ビンチ(イタリア)
3.M・キリレンコ/N・ペトロワ
4.A・フラヴァコバ(チェコ共和国)/L・フラデカ(チェコ共和国)
5.A・ケルバー/S・リシキ
6.E・マカロバ(ロシア)/E・ヴェスニナ(ロシア)
7.F・ペネッタ(イタリア)/F・スキアボーネ(イタリア)
8.N・ヤゴステラ=ビベス(スペイン)/MJ・マルチネス=サンチェス(スペイン)

(2012年7月26日11時45分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月20日

【告知】マレーvsワウリンカ (18時46分)

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

10月19日

内山 決勝進出でTOP100確定 (20時34分)

4度目の4強 ハチャノフ撃破 (17時00分)

「残念」プイユが今季終了へ (13時57分)

昨年Vゲルゲス 逆転で4強 (13時55分)

杉田祐一4強「感動的な試合」 (11時50分)

チリッチ 熱戦制し4強へ進出 (11時36分)

ワウリンカ4強 シモン撃破 (11時33分)

マレー 復帰後初の4強進出 (9時38分)

杉田祐一 死闘制し4強入り (7時40分)

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!