- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーが15度目のグランドスラム制覇◇ウィンブルドン

テニスのグランドスラム大会であるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は大会最終日の5日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が、第6シードのA・ロディック(アメリカ)を5-7, 7-6 (8-6), 7-6 (7-5), 3-6, 16-14で破り、2年ぶり6度目の優勝を果たした。

フェデラーは15個目、ロディックは2個目となるグランドスラムタイトルをかけて行われたこの決勝は、タイブレークのないファイナルセットで史上最多となるゲーム数を要した。

ファイナルセットだけでも90分を超える接戦を制したフェデラーは、第5セット第30ゲームでこの日唯一となるブレークに成功すると、史上3人目となる通算6度目のウィンブルドンタイトルを獲得した。またフェデラーは、これまでにUSオープンで5勝、全豪オープンで3勝、そして全仏オープンで1勝しており、グランドスラム勝利数を15とすると、これまでの記録であったP・サンプラス(アメリカ)の14を抜き、単独トップとなった。

この日の試合途中で歓声とともにロイヤルボックスに登場していたサンプラスは、「彼はすでに伝説だ。そして今、象徴になった。」とフェデラーを評した。

サンプラスはすでにフェデラーを「史上最高のプレイヤー」と賛辞を贈ってはいるが、27歳のフェデラーがそのような評価を受けるのは、疑いのないところだ。

優勝セレモニーのインタビューでフェデラーは「子供の頃に決めた本当のゴールの一つではないけれど、何てキャリアで、何て1ヶ月だったんだろう。」とその喜びを語っている。

フェデラーは、先月行われた全仏オープンで優勝し、生涯グランドスラムを達成するとともに、サンプラスが持っていたグランドスラム最多勝記録に並んでいた。

「ごめんよ、ピート。君の記録を守れなかったよ。」とロディック。ロディックはこの試合で、フェデラーに50本ものサービスエースと107本のウィナーを決められ、記録が取られ始めた1927年以降、最長となったフルセットマッチに敗れている。

ロイヤルボックスで試合を観戦していた歴代のチャンピオン達、サンプラス、R・レーバー(オーストラリア)B・ボルグ(スウェーデン)らも満足に値する内容だった4時間16分の激闘では、全てを簡単にこなすように見えるフェデラーであっても、最大限の努力を要し、ロディックは紙一重のところでウィンブルドン初優勝のチャンスを逃した。

元世界ランク1位のロディックは、2004年と2005年の決勝でもフェデラーに敗れており、これでウィンブルドン決勝での成績を0勝3敗とした。フェデラーのマッチポイントで、ロディックがフォアハンドをミスすると、フェデラーはその場で飛び上がり喜びを爆発させた。その後ネットに歩み寄ると、ただの握手ではなく、互いに抱き合い健闘を称えあった。

試合終了後、「15」と刺繍されたジャケットを羽織り歓声に応えるフェデラーに対し、敗者という言葉が不釣合いなロディックは、ベンチにぐったりと座り、頭を抱えていたが、会場からの「ロディック!ロディック!」という大歓声に気付くと、ゆっくりと顔を上げた。

「スポーツやテニスは時々残酷だ。僕もいくつかグランドスラムの決勝でフルセットでの敗退を経験しています。とても辛いことです。」と、フェデラーは敗者に気遣いを見せた。

昨年の今大会決勝でフェデラーは、大会6連覇の偉業が懸かっていたもののR・ナダル(スペイン)にファイナルセット7-9で敗れ、偉業達成を阻まれていた。さらに、その6週間後には、237週間守り続けていた世界ランク1位の座をナダルに奪われている。

しかし、ディフェンディング・チャンピオンであるナダルはヒザの故障のために今大会に出場していない。この日の決勝はフェデラーにとって、グランドスラムのタイトルだけではなく、世界ランク1位の座への返り咲きも懸かっており、見事にそれを成し遂げたことになる。

「こんなに長い間、怪我もなくプレーを続けることが出来たなんてビックリすることだね。大きな試合に勝つために必要なことはわかっている。こんなに多くのタイトルをこんなに短い期間で取れたなんて、気が狂いそうだよ。」とフェデラー。

当時31歳でグランドスラム14勝目を達成したサンプラスが、第1セット第3ゲーム後のチェンジコート時、センターコートに登場した際、フェデラーは軽く会釈し、小さく手を振ることでそれに答えた。そのことについてフェデラーは「無礼なことはしたくないな、と思ったんだ。」と振り返った。

この日の試合までフェデラーに対し、2勝18敗と大きく負け越しており、グランドスラムでは0勝7敗といまだに勝ち星がなかったロディックであったが、第1セット第12ゲームでこの日最初のブレークに成功し、第1セットを先取する。

第2セットではお互いにサービスキープが続き、タイブレークに突入。番狂わせを期待する歓声が上がる中、ロディックが6-2とし4本のセットポイントを獲得、セットカウント2-0とする絶好のチャンスを迎える。しかし、ここで緊張したのか、そのチャンスをロディックが取りこぼすと、フェデラーが6ポイントを連取して1セットオールとなる。

第3セットでもタイブレークの末にセットを奪ったフェデラーだったが、第4セットでこの日2度目のブレークをロディックに許し、試合はファイナルセットに突入する。ウィンブルドンでは、ファイナルセットでのタイブレークは採用しておらず、両者の戦いは夜にまで及ぶと思われた。

ファイナルセットで先にチャンスを得たのはロディック。ゲームカウント8-8でロディックに2本のブレークポイントが訪れるも、フェデラーがサービスウィナーとボレーウィナーでここはしのぎ、ここをしのぐと、お互いにブレークポイントにたどり着けぬまま第30ゲームを迎える。

運命を分けた第30ゲーム、デュースからロディックのフォアハンドがベースラインを割ると、フェデラーにこの日7本目となるブレークポイントが訪れる。この試合ここまでブレークに成功していなかったフェデラーだったが、この日最初にして最後のブレークに成功し、長かった2週間に終止符を打った。

「最後の最後までアンディのサーブをブレークできなかったから、いらいらしていた。だから満足感はとても大きなものだよ。全く試合のコントロールが出来なかったわけだからね。」とフェデラーは試合を振り返っている。

表彰式が終わった後、ロッカールームでフェデラーが優勝の喜びをかみ締めていると、コートキーパーたちが記念品としてセンターコートのネットがプレゼントした。

今年のウィンブルドンは、歴史上初めてセンターコートに屋根が設置された大会となった。しかし、今年は晴天に恵まれ、最初から屋根が閉じられて行われたのはわずかに1試合のみ。この日の決勝も青空の下で行われていた。

(2009年7月6日12時53分)
その他のニュース

3月1日

11連敗阻止「1つ返せてうれしい」 (22時46分)

ルード 21歳シェルトン下し4強 (22時01分)

ルーネ4強 ドイツ人には6戦全勝 (19時43分)

ジョコが大学へ 背面ショット披露 (18時50分)

2024年ジャパンOP日程が決定 (17時47分)

清水悠太 CH通算5度目の4強 (17時03分)

マレーらに次ぐ英国3人目の4強 (16時30分)

あわや大惨事 ベンチに激突し向こう側へ (15時51分)

大学進学せず 17歳がプロ転向決断 (15時14分)

緊迫場面で選手スマホに着信 (13時56分)

マイアミOP ヴィーナスら3選手にWC (12時30分)

11度目の正直 デミノーがチチパス撃破 (11時29分)

【1ポイント速報】デミノーvsチチパス (9時02分)

昨年王者メドら順当に4強入り (8時33分)

錦織 マイアミOP出場を発表 (6時58分)

2月29日

激闘制し30年前の父に並ぶ8強 (22時48分)

ナダル 練習で強烈フォア披露 (21時52分)

19歳フィス 完勝で今季3度目8強 (21時00分)

昨年Vデ ミノー8強 “天敵”と激突 (19時27分)

「マレーが今年引退すると思わない」 (18時30分)

西岡「身体の状態あまり良くない」 (17時32分)

清水悠太 第1シード撃破で8強 (16時34分)

チチパス、ツアー70度目の8強 (14時54分)

ATP サウジ政府系ファンドと提携 (14時32分)

負傷に苦しむ元世界6位 半年ぶり復帰へ (13時16分)

幾多のピンチ乗り越え逆転勝ち (12時24分)

43分圧勝劇で父の記録に並ぶ コルダが8強へ (11時24分)

西岡良仁 世界50位に完敗で8強逃す (10時27分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsドレイパー (9時04分)

珍記録?9セット連続タイブレーク (9時00分)

メド逆転勝ち「緊張しすぎ」も8強 (8時09分)

元世界1位マレー 今夏での引退を示唆 (6時47分)

2月28日

島袋将 今季初CH8強ならず (21時51分)

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

【動画】フルカチュ勢い余ってベンチに突っ込む あわや大事故の瞬間 (0時00分)

【動画】試合中、選手のバッグからスマホのコール音が… (0時00分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!