- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

USオープン◇本戦組み合わせ アガシ、モレスモはタフドロー

(アメリカ、ニューヨーク)

今年のUSオープンは、例年になく大混戦が予想される。なんと5人のグランドスラム覇者がノーシードでの出場となっているのだ。男子では94年、95年に全米を制しているA・アガシ(アメリカ)を筆頭に、M・サフィン(ロシア)(2000年全米優勝)、C・モーヤ(スペイン)(1998年全仏優勝)、T・ヨハンソン(スウェーデン)(2002年全豪優勝)が、女子では1999年、2002年に全米を制しているS・ウィリアムズ(アメリカ)がノーシードでの出場となっている。

せっかくシード権を得て出場しても、初戦でいきなりセリーナやサフィンと当たったのではたまったものではないというわけだ。M・J・フェルナンデスも、「選手は皆、セリーナがどこに入るかに注目している。彼女(セリーナ)のポジション次第で状況は一気に変わってしまう。」と話していた。

早速、発表になったばかりの本戦ドローをみてみると、男子では王者R・フェデラー(スイス)が昨年とは打って変って、比較的楽なドローを得たといえるだろう。4回戦のJ・C・フェレーロ(スペイン)戦までは主要な選手との対戦はなく、順当に行けば準々決勝の第5シードのJ・ブレーク(アメリカ)戦が大きな山になる見込み。もしフェデラーが優勝し大会3連覇を達成すれば、I・レンドル(アメリカ)(1985-87)とJ・マッケンロー(アメリカ)の記録に並ぶことになる。

フェデラーに次ぐ第2シードのR・ナダル(スペイン)もドローに恵まれたといえる。初戦こそM・フィリプーシス(オーストラリア)というタフな相手と戦うことになるが、そこを乗り越えれば4回戦のJ・ニエミネン(フィンランド)戦までは主だった選手との対戦はない。

男子の部で最もタフな山となったのは、A・ロディック(アメリカ)のいる山で、ここにはロディックをはじめ、第3シードのI・リュビチッチ(クロアチア)、第8シードのM・バグダティス(キプロス)、第15シードのL・ヒューイット(オーストラリア)、第20シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第25シードのR・ガスケ(フランス)、そしてノーシードのA・アガシが顔をそろえることとなった。最後のUSオープンで有終の美を飾りたいアガシにとっては、極めて厳しい組み合わせとなった。

一方女子では、第1シードA・モレスモ(フランス)の山が最も厳しい山となった。

USオープン初制覇を狙うモレスモの山には、モレスモのほかに第8シードのM・ヒンギス(スイス)、第12シードのD・サフィーナ(ロシア)が入っており、注目のセリーナも名を連ねている。順当に行けば、モレスモ対セリーナという注目の新旧女王対決が4回戦で実現することになる。

第2シードJ・エナン(ベルギー)=アルデンヌの山は準々決勝を除けばイージードローとなった。ただし準々決勝でエナン=アルデンヌを待ち構えるのはL・ダベンポート(アメリカ)。モレスモ対セリーナと並び注目が集まるところだ。

復活優勝を目指す妖精M・シャラポワ(ロシア)は、ドローに恵まれたといえるだろう。同じ山にはA・ミスキナ(ロシア)N・ペトロワ(ロシア)がシードとして入っているが、両選手とも絶頂期ほどの勢いがないだけにベスト4までは順当に勝ち進むと予想される。

(2006年8月24日15時47分)
その他のニュース

7月22日

崖っぷちから第5シード撃破 (16時59分)

第1シード 準々決勝で敗退 (15時31分)

フェレール 激闘制し4強へ (14時09分)

八百長疑惑 全仏など四大大会も (11時22分)

ベルダスコ 昨年覇者にリベンジ (10時51分)

20本エース決め快勝で4強 (9時07分)

ゴファン 世界412位に敗れる (8時04分)

7月21日

錦織、米に戻り練習開始 (21時06分)

元世界1位 ズベレフのコーチに (17時01分)

逆転勝ちでツアー初4強 (15時38分)

第1シード 世界140位に敗れる (13時38分)

30本のエース放つも4強ならず (11時46分)

錦織ら 全米本戦出場者発表 (11時00分)

番狂わせ モンフィス初戦敗退 (8時10分)

2本のMPしのぎ逆転勝利 (7時12分)

7月20日

錦織 NBAスターと対面 (21時43分)

快進撃 二宮真琴の素顔に迫る (20時51分)

二宮真琴 快進撃の裏側明かす (17時32分)

錦織出場の大会にトップ2選手 (15時40分)

錦織 イベントにサプライズ登場 (10時59分)

全仏悲劇から復帰し8強 (10時02分)

世界4位コンタが東レ初参戦 (9時01分)

途中棄権 全仏OPの怪我響く (8時02分)

7月19日

伊達公子 逆転許し初戦敗退 (21時31分)

錦織 東京五輪へ意気込み (20時59分)

錦織「恥ずかしいの一言。笑」 (16時55分)

全米OP 賞金が過去最高額へ (15時59分)

プロ転向12年で通算200勝達成 (13時32分)

錦織 全米へ「しっかり準備」 (12時20分)

世界1位マレー 2年連続出場 (9時20分)

LLのチャンス活かし初戦突破 (8時26分)

今井慎太郎 初戦突破ならず (7時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!