ワウリンカ 200位台へ大後退

ゲッティ イメージズ
200位台へ後退したワウリンカ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの6月11日付ATP世界ランキングが発表され、S・ワウリンカ(スイス)は前回から233下げ、263位へ後退した。

昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で準優勝を飾ったワウリンカは今年1月にけがから復帰。しかし、今年の全仏オープンは1回戦で敗れたため1,190ポイントを失い、2003年以来15年ぶりの200位台となった。

元世界ランク3位のワウリンカは、これまで四大大会3勝を誇る。

トップ10では全仏オープンで9年ぶりにベスト4へ進出したJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が前回から2つ上げ、自己最高タイの4位へ浮上。同大会で準優勝を飾ったD・ティーム(オーストリア)K・アンダーソン(南アフリカ)を抜いて1つ上げ、7位となった。

また、錦織圭は前回から5つ下げ26位へ後退した。

6月18日開幕の男子テニスATPワールドツアー500 ハレ / ロンドンをWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程配信予定。 第1日は無料配信。

【放送予定】
2018年6月18日(月)~6月24日(日)
 
■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・フェデラーとワウリンカの関係
・ワウリンカ 交際相手を観戦
・錦織 手首「芝ちょっと怖い」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2018年6月11日8時55分)
その他のニュース
アシックステニスシューズ
ナイキテニス