"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPパートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻

SPECIAL COLUMNS

Vol.27 パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻

最後に、スライス主体の人がパートナー、というケースを考えてみよう。
スライス主体のプレイヤーが得意としているのは、足元に沈めるリターンや意外なタイミングでのロブなどだ。トップスピンで相手を圧倒できないというハンディはあるが、代わりにボールを前後左右、また上下に打ち分けて翻弄するという長所を持っている。その意味では前に述べた「テクニシャン=非力」タイプと似ている面もある。
ただ決定力には差がある。テクニシャン・タイプには一発で局面を打開する決定力はあるが、スライス主体タイプにそれは期待できない。粘ることはできるが、決めるショットがないのだ。
その短所を補うのがあなたの役目だ。パートナーにチャンスメイク、またはピンチをしのぐショットを任せて、自分がそのフォローを担当。つくる人、決める人という役割分担が明確になっているわけだ。
またどうしても威力に欠けるため、相手前衛にポーチを狙われやすい面もあるので、その状況では自分も素早く後ろに下がって、ポーチに備えることも必要だ。
パートナーの調子が悪くなった場合は、一度ラケットから利き手を離し、リラックスするようアドバイスしよう。スライス主体の人はタッチが生命線。手に力が入りすぎていると、ショットに狂いが生じる。そんなときは、一度ラケットから手を離すと、案外、リラックスできるものだ。タイミングを見計らって、助言してみよう。

自分も後ろに下がっておけば、相手のポーチが無力化することもある

スライス主体とみれば、相手はどんどんポーチを仕掛けてくることが多い。もしその展開になったら、あらかじめ自分も後ろに下がっておけばいい。狙い所が限られるので、相手もポーチのコースに迷うはずだ

パートナーの調子が悪いときの対応策
スライス主体の選手と組んだときのメリット・デメリット
・一度ラケットから手を離し、利き手を
 リラックスするようアドバイス
 
 ロブや足元へのショットがうまい
・自分も後ろに下がって、相手のポーチを警戒
 
 ストロークで粘ることも可能
   
 威力が足りないので、ポーチされやすい

<< 前ページ

(テニスジャーナル 2005年6月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!