国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ハレプ声明「訴えるつもり」

シモナハレプ
元世界ランク1位のハレプ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの不正を監視することを目的とした機関、ITIA(国際テニス インテグリティ・エージェンシー)は12日、女子テニスで元世界ランク1位のS・ハレプ(ルーマニア)に対し、4年間の資格停止処分を決めた。ハレプはこの決定を受けSNSで「スポーツ仲裁裁判所へ訴えるつもり」と声明を発表した。

>>ハレプから禁止成分ロキサデュスタットが検出された理由と経緯<<

2022年10月21日にITIAは四大大会2勝を含むツアー通算24勝を誇るハレプがドーピング検査で陽性反応を示したことを発表。ITIAは同年9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で採取した検体から使用が禁止されているロキサデュスタットが検出されたとした。

昨年10月の発表からハレプは一貫して禁止薬物の摂取を否定。コーチであるパトリック・ムラトグルー氏も無実を訴え続けてきた。約11ヵ月間にわたり聞き取り調査や更なる検査などをしたITIAは12日に結果を発表。暫定的な出場資格停止となった昨年10月7日(発表は21日)から換算して4年間の公式戦出場停止処分を決定した。

また、ITIAは昨年の全米オープンで検出された以外にもう1点不正があったと報告。それはアスリート・バイオロジカル・パスポートの不正に関することで、スポーツ選手から経時的に検体を採取し解析するこの方法で検査を進めるなか、ハレプから提出されたものに不正があったとした。具体的な不正内容は明文化されていないが、上記2点においてITIAの心象を悪くし、4年間もの出場停止処分が言い渡されてしまった。

ハレプは12日に声明を発表。今後も戦っていくことやスポーツ仲裁裁判所へ訴えを出すことも明かした。

「今日、テニスアンチドーピング・プログラムにおける裁判所は、自分の事案における暫定的な決断を発表した。去年は、自分の人生において最も辛い戦いを強いられ、残念ながらその戦いはまだ続いている。私は人生をテニスという美しいスポーツに捧げてきた。そのテニスを統治するルールにとても真面目に従っており、違反物質を認識しながら、また故意に使用したことは1度もないと言う事実に誇りを持っている」

「126ページに及ぶ報告書では、私はテニス不正防止機関(ITIA)によって提起された容疑を犯したと裁判所は判断を下した。それは競技中での違反物質への尿検査での陽性とアスリート・バイオロジカル・パスポートの違反。自分の代理人たちと私は、私の弁護をサポートするためのアスリート・バイオロジカル・パスポートでの結果に関する複数の正当な質問事項が含まれる有力な証拠をITIAと裁判所へ提出した。幾度とない意味不明な遅延がありながらもやっと結果が出たことに感謝してはいるものの、私は彼らの決断にはショックと失望の両方の思いを抱いている」

「クリーンなスポーツであることを信じ、いくつもの大会と2つのグランドスラム優勝を経験するプロテニス選手として信じ、200回もの禁止薬物への血液検査と尿検査を受け、その全てをクリアしてきた。2022年8月29日まではね。2022年のハードコートシーズンへ向けて、信頼しているチームと専門家からの勧めもあり、栄養補助サプリメントの調整をした。記載されている成分に禁止物質は含まれていなかったが、そのうちの1つはロキサデュスタットに汚染されており、私は最初の検査で陽性反応が出てしまった。それから2023年初頭までほぼ毎週検査を受けたが、すべて陰性だった」

「この証拠がありながらも、ITIAは専門家グループが私が誰であるかを知った後で告訴を提起し、その結果、専門家3人中2人がITIAの主張を支持する意見に変わった。ITIAは、私の血液パラメーターだけを検討した専門家の意見のみを信用していた。そのパラメーターは私が10年以上同じ範囲を維持していたものだった。このグループは、8月29日のロキサデュスタット検査で陽性反応が出た1件を除いて、私の血液や尿のサンプルから禁止物質が検出されたことはないという事実を無視した。その検査では極めて低いレベルであり、その3日前の検査で陰性だったことを考えると、ロキサデュスタットが偶発的に検出された可能性がある」

「これまで受けた家族や友人、そして世界中のテニスファンからの溢れるばかりのサポートには、多大な感謝の気持ちでいる。練習とトレーニングを続けているし、この間違った申し立てからの汚名を晴らし、コートへ戻るために全力を尽くしている。この判決に対してスポーツ仲裁裁判所へ訴えるつもりでおり、問題のサプリメント会社に対してあらゆる法的救済を求めるつもり」

現在31歳のハレプは今月末に32歳を迎える。2026年10月の復帰時には35歳となり、仮にこの期間競技復帰できない場合はとてつもなく大きな数年間となる。




■関連ニュース

・錦織「痛みがひどくなった」
・大坂 なおみ「私を心配する人へ」
・フェデラー祝福「何年も応援してた」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年9月13日12時15分)

その他のニュース

5月29日

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

【告知】錦織圭vsシェルトン (4時59分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

5月27日

錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位 (23時36分)

西岡良仁 全仏OP初戦敗退 (23時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェアリアシム (23時05分)

大坂なおみ 2回戦はシフィオンテク (22時03分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

5月26日

右腕に不安残すも完勝で2回戦へ (23時45分)

ダニエル太郎、敗退も「ポジティブ」 (23時28分)

大坂なおみ 初戦突破「緊張していた」 (22時08分)

ダニエル太郎 善戦も全仏OP初戦敗退 (21時24分)

大坂なおみ 全仏OP3年ぶり初戦突破 (21時13分)

【1ポイント速報】大坂なおみ 全仏OP1回戦 (19時00分)

日比野菜緒「すごく調子いい」 (17時38分)

西岡良仁「良いテニスできてる」 (17時07分)

大坂なおみ 四大大会全制覇「目標」 (16時17分)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」 (14時59分)

20歳新星がツアー初V「大きな自信」 (11時21分)

ダブルヘッダー制し12勝目、勢いつけ全仏へ (10時23分)

ナダル「最後の全仏になる可能性は高い」 (8時45分)

西岡、五輪「もちろん出たい」 (7時29分)

【動画】現役引退を迎え涙を流すコルネ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!