国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ハレプ ITFの対応に「不公平」

シモナハレプ
シモーナ・ハレプ(昨年の全米OP)
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスで世界ランク26位のS・ハレプ(ルーマニア)は『Tennis Majors』の独占インタビューに応じた。ドーピング検査で陽性反応が出てから約6カ月が経過したにもかかわらず、国際テニス連盟(ITF)の対応が遅いことに不満を露わにしている。

>>西岡、アルカラスらマドリッドOP組合せ<<

>>シフィオンテクらマドリッドOP組合せ<<

テニスの不正を監視することを目的とした機関、ITIA(国際テニス インテグリティ・エージェンシー)は昨年10月21日、グランドスラム2勝を含むツアー通算24勝を誇る元世界ランク1位のハレプがドーピング検査で陽性反応を示したため、暫定的な出場停止処分が科されたことを発表。ITIAは昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)時に採取されたハレプのサンプルから、使用が禁止されているロキサデュスタットが検出されたとした。

今回のインタビューに登場したハレプは「本当に辛い状況が続いている。このようなことに直面するとは思ってもみなかったのでストレスは大きい。私はクリーンなスポーツを支持する立場なのでドーピングには常に反対してきた。だから、最初はどう対処したらいいのか分からなかった。でも、自分がクリーンであること、禁止されていることを知りながら摂取したわけではないことがわかったので、自信を持つことができた。少し気分が良くなったが、できることをしようと思っている」とコメント。

禁止薬物ロキサデュスタットが体内に入った理由については次のように明かした。

「私はいつも摂取しているサプリメントの全ての成分をチェックし、認可されていることを確認するように注意してきた。この物質がどこから来たのか、初めは全く分からなかった。そして、専門家にどうしてこうなったのか、どこから来たのか、説明してもらいたかった。というのも、私はこの物質について聞いたことがなかったので、どのように摂取するのか、そして実際、どうして尿に含まれているのかが分からなかった。色々と調べた結果、サプリメントのコンタミネーション(混入)があった。コンタミネーションとは、それを販売する会社のミスで、本来入ってはいけない物質がごく少量入ってしまうこと。このコンタミネーションの原因を探るために専門家がいろいろと調べてくれた結果、サプリメントに非常に少量のロキサデュスタットが混入していることが分かった」

また、この結果をITFに送ったことを明かし「ITFに証拠を送ったけど、彼らは認めなかった。12月に送ったがITFはそれを否定し、私たちはまだそれを調べているところ。ITFが否定した以上、この件が解決する唯一のチャンスは法廷に行って私のケースについてヒアリングを受け、私の陽性反応はコンタミネーションによるものだというすべての証拠を提示すること」とした。

「次のステップは5月末の公聴会だけど、ITFがそれもキャンセルするかもしれないと言っていた。もしそうなれば、私が初めて暫定的な出場停止処分を受けてから約8カ月が経過することになるけど、判決も受けずに8カ月を過ごすのは不公平だと思う。ここまでの期間は簡単なものではなかった。私はただ、ファンや支持者、そして実際に一般の人々に対して、声を大にして話す必要性を感じていた。彼らは何が起こっているのか、なぜこんなに時間がかかっているのか、本当に知りたいと思っているはず。事件が解決するまで黙っていたかったけど、あまりにも重いので、声を大にして話すことが本当に良いことだと思った」

最後にハレプは「この年齢(31歳)で数日、数週間、数ヶ月を失うのは本当に辛いこと。怪我が怖い。公式戦がないときは、よりリスキー。このように時間が経過すると、復帰するのが難しくなる」と胸の内を明かしている。



>>【NEW ERA】テニス用 吸水速乾キャップ&Tシャツ新発売<<



■関連ニュース

・ハレプ ドーピングで出場停止
・ハレプ 4年ぶり3度目V
・元1位ハレプ 史上3人目の記録

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年4月28日10時26分)

その他のニュース

4月16日

【速報中】島袋将 CH1回戦 (11時02分)

【告知】ダニエル太郎vsオコネル (10時20分)

負傷続くアルカラス「できる限りのことを」 (9時01分)

ナダル「最後の年として、1秒1秒を楽しみたい」 (7時32分)

4月15日

シャラポワ「記憶に残る試合は敗戦」 (18時58分)

チチパスVで世界6位以下が混戦に (18時01分)

37歳ガスケがツアー1000試合目へ (17時05分)

マッケンロー以来 34年ぶり快挙 (16時02分)

前週Vの内山靖崇 74上げ167位に (14時59分)

大坂なおみ 1つ上げ192位 (14時01分)

チチパス父「息子の力疑ったことない」 (10時46分)

準Vルード「追いかけ続ける」 (9時57分)

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ (8時39分)

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!