国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーに魅せられた男たち【後編】

ロジャーフェデラー
ロジャー・フェデラー
画像提供: Julian Finney, Getty Images
男子テニスで元世界ランク1位のR・フェデラー(スイス)を長年追い続けている、2名のスポーツフォトグラファーのインタビューを前編・後編に分けてお届けする。両名とも世界100カ国以上でデジタルコンテンツを提供するゲッティイメージズ(Getty Images)に所属するスポーツフォトグラファーで、前編ではクライブ・ブランスキル氏、今回の後編ではジュリアン・フィニー氏が、被写体としてのフェデラーの魅力を語る。

>>フェデラーに魅せられた男たち【前編】<<

後編に登場するフィニー氏は2004年からゲッティイメージズでフォトグラファーを務めており、テニスのみならず、サッカープレミアリーグやチャンピオンズリーグ、ラグビーワールドカップ、世界陸上などの取材経験を持つ。

Q1.フォトグラファーの視点から、被写体としてのフェデラーの魅力は?
A. 彼は写真を撮るには美しい被写体です。彼の優雅さと、コート中を簡単に動き回れる見事なまでの運動能力。競技中のコートでは片手打ちのバックハンドで、腕が抜けるように頭の後ろでフィニッシュする素晴らしいフォロースルーを見せる。バックハンドのスライスを繰り出し、フォアハンドは素早く低い打点で打ちます。
サービスゲームでは、相手に落ち着く暇を与えず、あっという間に終わってしまうことが多い。そのスピードと無表情から、写真を撮るのが最も難しいテニスプレーヤーだと思います。完璧に見えるほどうまい。たまに違うことが起こるかもしれませんが、ロジャーの場合はそれがほとんどないので、非常にユニークで、これほどの成功の理由になっています。

Q2.特に印象に残っている写真3枚とその理由は?
1枚目:ロジャー・フェデラーがレーバーカップで優勝したこと。彼はあまり大げさに喜ばないのですが、ジュネーブのレーバーカップで取材した際に、彼はチームメイトに向かって大きなスタイルで喜びを表していました。


ロジャー・フェデラー(1176426812)
画像提供:Julian Finney, Getty Images

2枚目:ロジャーはテニスのアイコンであると同時に、スタイリッシュでもあります。プロモーションのために彼を撮影したとき、彼はとてもうまく着こなし、テニススキルとスマートな服装が融合していました。スタイリッシュなロジャーの姿です。


ロジャー・フェデラー
画像提供:Julian Finney, Getty Images

3枚目:最も素晴らしい功績を挙げたウィンブルドンでの8回目のグランドスラム達成。


ロジャー・フェデラー(815568516)
画像提供:Julian Finney, Getty Images

Q3.フィニーさんの考えるフェデラーのライバルとは。その理由と、その選手とのベストマッチは?
A. ラファエル・ナダルは彼の最大のライバルでした。2008年のウインブルドンの決勝戦は、夜9時半ごろに終わったのですが、まだ屋根も投光照明もない時代でした。雨により試合も遅れてもいました。試合は変わり続け、誰が勝つかわからない状態でした。
ロジャーは、それまでの数年間、ラファを上回っていましたが、この試合は両者のキャリアの中で極めて重要な瞬間であったようです。いくつかのタイブレークがあり、非常に緊迫した試合となり、第5セットは9-7で終了しました。ロジャーにとっては残念な結果となりました。

Q4.フィニーさんが知っている、ファンが知らないフェデラーの一面は?
A. ファンも知っているかもしれませんが、9月のレーバーカップで彼が最後の練習に臨んだとき、ラケットをすっかり忘れてしまったという面白い瞬間がありました。彼は練習が遅れた理由を私に教えてくれたんです。ロジャーもそろそろ引退かな?笑

Q5. ロジャーの引退を知ったときの気持ちは?
A. 悲しいですね、いつかはそうなると思っていましたが。これまでにない長さの活躍で、これまで私を驚かせてくれました。もうみんな引退しているだろうと思っていたんです。ロジャーがしばらくプレーに復帰していなかったので、レーバーカップで引退する可能性があることには驚かなかったよ。でも、総じてとても悲しかった。
彼のプロフェッショナリズムとテニスゲームへの貢献は、記憶に残り、惜しまれることでしょう。ツアーで多くの時間を彼のいるコートサイドで過ごしたので、すべての良いことにはいつかは終わりが来るのです。

Q6.今後もフェデラーを撮り続ける?
A. もちろん、彼のプレースタイルやオールラウンドな性格は、見ていて楽しいものです。当たり前だよ!




ジュリアン・フィニー プロフィール



自らも多くのスポーツで活躍していることから、スポーツへの愛情を写真というメディアと融合させた。ゲッティイメージズでは、プレミアシップやチャンピオンズリーグ、テニスのグランドスラムや、ラグビーワールドカップ、世界陸上、ウィンブルドンなどの取材を行っている。2008年北京大会、2012年ロンドン大会、2014年ソチ大会、2016年リオ大会のようなオリンピックや様々な世界選手権などでの取材経験を持つ。ATP、WTA、LTAテニス、FIFA、UEFAサッカー、ナイキ、アディダスなどのクライアントや組織とも仕事をしている。

>>フェデラーに魅せられた男たち【前編】<<


■関連ニュース

・錦織とフェデラー 有明で共演
・フェデラー「終わりではない」
・ナダル フェデラー復活に興奮

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年11月16日19時00分)

その他のニュース

11月28日

ラオニッチ「最高の瞬間」 (12時53分)

ルードがナダルから初白星 (11時55分)

フェレールとピケ、デ杯を観戦 (11時10分)

シャポ「気持ちが強かった」 (10時33分)

オジェ、デ杯Vに「夢見てた」 (9時22分)

ジョコ、デ杯優勝カナダを祝福 (8時19分)

カナダ 豪を破りデ杯初優勝 (7時41分)

11月27日

テニス選手会 公式グッズ登場 (18時01分)

綿貫陽介「最高の締めくくり」 (17時58分)

ナダル 空港でリフティング披露 (17時15分)

清水悠太 CH複で2週連続V (15時22分)

綿貫陽介 CHで2週連続優勝 (14時02分)

ナダル、ブラジルでルード破る (12時53分)

綿貫、決勝「死ぬ気で頑張る」 (11時41分)

オジェ「優勝するのが目標」 (10時44分)

カナダがイタリア破り決勝へ (9時56分)

11月26日

YouTube 兵庫ノアチャレンジャー取材! (20時17分)

綿貫陽介 CH2週連続Vに王手 (17時38分)

初V目指すカナダ「飢えている」 (16時47分)

内田海智、四日市CH決勝ならず (15時43分)

「片足だけでもプレーしたい」 (14時02分)

錦織 ワイキキではプレーせず (12時21分)

フェデラー WBへ「また会えた」 (11時41分)

デミノー「祖国のチャンス」 (10時27分)

デ杯29度目Vに豪が王手 (9時25分)

11月25日

全日本Jr室内、開幕迎える (21時09分)

性的暴行疑惑の会長 辞任表明 (20時47分)

初トップ100に「あっという間」 (20時01分)

ナダル ルード下す「皆に感謝」 (18時36分)

内田と綿貫、四日市CHで4強 (17時28分)

ジョコら豪華メンバーが出場へ (16時36分)

「痛みと付き合っていく」と告白 (15時43分)

トップ20から6選手が集結 (14時45分)

2試合に出場したシャポ「最高」 (12時19分)

「幸せ」46年ぶりVまであと2戦 (11時01分)

カナダがドイツ破り4強へ (10時07分)

元4位ブレイク 日本代表を賞賛 (8時16分)

イタリア 熱戦制し米撃破 (7時16分)

ブレイクが賞賛した日本代表のロッカールーム (2時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!