国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジャバー「全て出し切った」

オンスジャバー
準優勝のオンス・ジャバー
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は9日、女子シングルス決勝が行われ、第3シードのO・ジャバー(チュニジア)は第17シードのE・リバキナに6-3, 2-6, 2-6の逆転負けを喫して準優勝をおさめた。ジャバーは試合後の会見で「今日はすべてを出し切った」と語った。

>>ジョコビッチvsキリオス決勝 1ポイント速報<<

>>ウィンブルドン女子 組合せ・結果<<

世界ランク2位のジャバーは準決勝で世界ランク103位のT・マリア(ドイツ)を6-2, 3-6, 6-1のフルセットで破り、アフリカ勢女子として史上初となる四大大会決勝進出を果たした。

一方、世界ランク23位のリバキナは準決勝で第16シードのS・ハレプ(ルーマニア)を6-3, 6-3のストレートで下し、カザフスタン人選手として史上初となる四大大会決勝進出を決めた。

ともにグランドスラム初優勝をかけた両者の試合は第1セット、動きの硬いリバキナに対して試合巧者のジャバーが第3、第9ゲームでブレークに成功して先取する。

ジャバーに試合の流れが完全に傾いたかと思われたが、リバキナは得意のサービスが安定し始めると強烈なストロークでジャバーのサービスゲームで攻勢に出る。

1セットオールと振り出しに戻されたジャバーは、得意のドロップショットを織り交ぜて試合のペースを変えようと再三試みるも、リバキナは崩れず。ジャバーは逆転負けで初のグランドスラムタイトルを獲得することはできなかった。

ジャバーは試合後の記者会見で「ポジティブな2週間だった」と語った。

「これがテニス。勝者は一人しかいない。 でも初めての経験としては最高よ。次のファイナルが楽しみ。今回から多くのことを学ぶことができると思うわ」

「私にとってはポジティブな2週間だった。これからも気を引き締めていきたい」

「第2セット、第3セットは自分のベストなテニスができなかったわ。彼女(リバキナ)はよりアグレッシブになり始めた。彼女はもっとコートに踏み込んできて、私に大きなプレッシャーをかけてきたと思う。 今日は残念ながら解決策を見出せなかったわ」

準優勝の結果について問われると、「間違いなくポジティブに考えているわ」と話した。

「 結果はとても嬉しい。後悔はしていない、今日はすべてを出し切った。決勝戦は最初にたくさん負けて、その後一歩下がってもう一回勝つ」

「自分を信じて疑わないし、必ずやグランドスラムを獲りに戻ってくると思っているわ」

「これはテニスの一部。そこから学ばなければならないのは確かよ。でも、私はとてもポジティブに考えているの」

また多くのファンについてコメントを求められると、「彼らに感謝したい」と語った。

「次の大会が待ち遠しいわ。特にアメリカに行くので、クレイジーなファンがたくさんいることは分かっている」

「これは、始まりに過ぎないわ。とてもポジティブに考えているの。タイトルがすごく欲しかった。たぶん、それを望みすぎるがゆえに手にすることができなかった。私にとっては素晴らしいことの始まりに過ぎない」

「前向きに続けて、欲しいタイトルをもっと手に入れたいと思うわ」

大会最終日の10日には、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と世界ランク40位のN・キリオス(オーストラリア)による男子シングルス決勝が行われる。

[PR]ウィンブルドンテニス
第14日 男子シングルス決勝 ジョコビッチvsキリオス
6/27(月)~7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジャバー 四大大会初の決勝へ
・リバキナGS初決勝 ハレプ撃破
・シフィオンテク 37連勝でストップ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年7月10日8時12分)

その他のニュース

6月19日

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!