国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「歴代史上最強プレーヤーは、、、?(男子編)」

■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは
テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。

ウインザーラケットショップ池袋店スタッフの中居が独自の目線で話題の商品を紹介します。

テニスに関する仕事をして30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っているシニアプレーヤーです。
-----------------------
「歴代史上最強プレーヤーは、、、?(男子編)」

今回は、「歴代最強プレーヤーは誰か」をデータを元にピックアップしてみましょう。
(※)現役プレーヤー

世界ランキング1位に在位した期間は、



1.R・フェデラー(スイス) 310週(※)
2.P・サンプラス(アメリカ) 286週
3.N・ジョコビッチ(セルビア) 282週(※)
4.I・レンドル(アメリカ) 270週
5.J・コナーズ(アメリカ) 268週
6.R・ナダル(スペイン) 209週(※)
7.J・マッケンロー(アメリカ) 170週
8.B・ボルグ(スウェーデン) 109週
9.A・アガシ(アメリカ) 101週
10.L・ヒューイット(オーストラリア) 80週

世界1位だった期間が長いということは、最強を決める上で非常に参考になります。

ビッグ3が上位にいますね。

続いてグランドスラムを取った回数は、



1.フェデラー 20回(※)
2.ナダル 19回(※)
3.ジョコビッチ 17回(※)
4.サンプラス 14回
5.R・エマーソン(オーストラリア) 12回
6.R・レーバー(オーストラリア) 11回
6.ボルグ 11回
8.B・チルデン(アメリカ) 10回
9.F・ペリー(イギリス) 8回
9.K・ローズウォール(オーストラリア) 8回
9.コナーズ 8回
9.レンドル 8回
9.アガシ 8回

ビッグマッチに、勝てるかどうかも大事ですよね。

現役プレーヤーがトップ3を独占していますが、次はレジェンドプレーヤーにも焦点を当ててみましょう。



年間グランドスラムを2回達成しているロッド・レーバーも史上最強説のある選手です。



*全豪オープン会場にあるロッド・レーバーの銅像

レーバーはグランドスラムを11回取っているのですが、年間グランドスラムを2回達成しているのにトータルで11回は少ないと思いませんか。

実は、テニスのオープン化が関係しているのです。

レーバーが最初に年間グランドスラムを達成したのは、1962年で24歳のアマチュアの時です。

翌年プロに転向します。

この当時はグランドスラムはアマチュアしか出場できなかったのです。

1968年にオープン化し、グランドスラムにプロも出場できるようになった翌年の1969年に2度目の年間グランドスラムを達成したのです。

一番油の乗り切った25歳から29歳の5年間はグランドスラムに出場していませんので、もし出場していれば何回取っていたかわかりません。

当然その間は、プロで勝利を数々と上げていて、プロのメジャータイトルを8個取っています。
(全仏プロテニス選手権、全米プロテニス選手権、ウェンブリー選手権の3つがメジャー大会)

その頃、レーバーと実力を2分していた選手が、ケン・ローズウォールでレーバーより4つ年上で、21歳から33歳まではプロツアーに出場しており、グランドスラムにはその期間出ていないのに、グランドスラムを8回優勝しており、37歳で全豪オープンを優勝した最年長記録は未だに破られていない息の長い選手でした。

ちなみにプロのメジャータイトルを15個取っており、最多記録になっています。

最強を比較する上で参考になるのが、年間最高勝率です。



1.マッケンロー 1984年 82勝3敗(96.47%)
2.フェデラー 2005年 81勝4敗(95.29%)
3.ジョコビッチ 2015年 82勝6敗(93.18%)
4.コナーズ 1973年 87勝7敗(92.55%)
5.ボルグ 1979年 74勝6敗(92.50%)
5.レンドル 1986年 74勝6敗(92.50%)
7.ナダル 2018年 45勝4敗(91.84%)
8.G・ビラス(アルゼンチン) 1977年 132勝13敗(91.03%)
9.A・マレー(イギリス) 2016年 78勝9敗(89.66%)
10.レーバー 1970年 51勝6敗(89.47%)



29.錦織圭 2014年 54勝14敗(79.41%)

もし、年間勝率1位だった年の選手(1984年のマッケンロー対2005年のフェデラーのように)同士が試合をしたらどんな試合になるのでしょうか。
想像するだけで楽しくなります。

ほとんどのデータで上位に来るのは、やはりフェデラーです。

最強プレーヤーはフェデラーで決定してよろしいでしょうか。



「ちょっと待ったー」の声がしました。

ジョコビッチ対フェデラーの対戦成績、ジョコビッチの26勝23敗はどうします。

ナダル対フェデラーの対戦成績、ナダルの24勝16敗はどうします。


歴代史上最強の選手が、負け越していてはなにかおかしいですよね。

問題は、歴代最強を争う選手が今もなお、現役で戦っているのでまだ最強を決められないことです。

ちなみに、ジョコビッチ対ナダルの対戦成績、ジョコビッチの29勝26敗とほぼ互角です。


現在のビッグ3の戦いは、レーバーとマッケンローとフェデラーが同じ時代で戦っているようなものでもあります。

今はこの贅沢な時間を楽しみましょう。

ローズウォールは43歳でツアー優勝しています。

フェデラー、ジョコビッチ、ナダルも40歳過ぎてまだ戦っているかもしれません。

最強を決めるのは10年後にしましょう。

と言うことで、中居個人が選ぶマイフェバリットプレーヤーベスト5を発表しましょう。



第5位:S・エドバーグ(スウェーデン)(1983年デビュー1996年引退)
サービスandボレーがカッコ良かったです。バックハンドのダウンザラインはお手本でした。

第4位:J・マッケンロー(1976~1992)
1980年、1981年のウィンブルドンでのボルグとの死闘は伝説。ボレーの天才。ナイキのウエアを初めて着用した選手です。

第3位:D・ブラウン(ドイツ)(2002年デビューの35歳)
ツアー優勝なし、最高位64位。ドイツ国籍のジャマイカン。運動神経はG・モンフィス(フランス)と同等。サービスはトップクラス、ボレーのセンストップクラス、ストロークが淡白で、すぐドロップショットを打ってしまうのですが、負けてもスカッとします。

第2位:R・フェデラー(1998年デビューの38歳)
2001年ウィンブルドン4連覇中のサンプラスに勝ったのは衝撃でした。サンプラスの7度優勝を更新する8度のウィンブルドン優勝。
10勝23敗だったナダルに、ラケットフェースを90平方インチから97平方インチにして、5連勝しました。

第1位:錦織圭(2007年デビューの30歳)
18歳の時、ツアー初優勝、全米オープンでフェレールに勝ち、AIGオープンで日本に凱旋。その時にうちの子供がサインをもらい、それ以降ずっと応援しています。2014年全米オープン準優勝の時に加入したWOWOWは今でも継続しています。まだまだピークはこれから来ると注目しています。

おまけのマイフェバリットマッチ3選をお届けします。



第3位:ラファエル・ナダルvsダスティン・ブラウン
2014年ATPワールドツアー500ハレ(芝)
6ー4、6ー1でブラウンが勝った試合。
翌年のウィンブルドンでもブラウンが勝ち、ナダルが芝ではブラウンとやりたくないと言ったとか言わなかったとか。
全仏オープン優勝後の初戦で、最強と思われていたナダルがボコボコにやられてしまい騒然となりました。

第2位:錦織圭vsロジャー・フェデラー
2014年マスターズ1000マイアミ
3-6、7-5、6-4で錦織が勝った試合。
最後のマッチポイントをジャックナイフでノータッチエースで決めたのがクール。前年のマドリード1000でも勝っておりフェデラー戦2連勝を飾りましたが、この年、後2回対戦しており、しっかりフェデラーが2連勝してお返ししています。

第1位:錦織圭vsノヴァーク・ジョコビッチ
2014年全米オープン準決勝
6-4、1-6、7-6、6-3で錦織圭が勝った試合。
M・ラオニッチ(カナダ)S・ワウリンカ(スイス)と2試合連続で4時間越えの試合を乗り越え迎えたジョコビッチ戦、熱狂したのが昨日のようです。
勝てば決勝でフェデラーと対戦と思っていたら、チリッチが勝ってしまい、錦織圭vsフェデラーが幻になり残念な気持ちと、勝率が良いチリッチとの対戦にワクワクした気持ちで、決勝の前は眠れなかったことを思い出します。

いかがでしたでしょうか。

史上最強決定戦を生で観られるなんて幸せですね。

ビッグ3に挑んでいく錦織圭にもエールを送りましょう。

>>>>その他GEEK通信の記事はこちら




■関連ニュース

・「いまさら聞けない?テニスストリングの常識、非常識」
・「ラケットの未来予想図」
・「記憶に残るラケットベスト5を発表します。」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年5月26日17時07分)

その他のニュース

4月21日

クレー初決勝へ「本当に素晴らしい」 (17時01分)

アルカラス 史上初3連覇なるか (16時07分)

追い上げ許すも逃げ切り決勝へ (15時01分)

経験値UP&豪華景品付?!テニス365大会情報 (13時59分)

「完璧な試合」2連覇中のルーネ撃破 (13時20分)

あと1勝でポルシェ獲得も「免許ない」 (11時27分)

2週連続決勝進出、リベンジへ (10時09分)

最高の選手は3人「おそらく私と…」 (8時42分)

チチパス10連勝 2週連続V王手 (7時35分)

ジョコ 2年連続マドリッド欠場 (6時19分)

元世界1位ムグルサ 現役引退 (5時29分)

大激闘の末に3連覇阻止し決勝へ (0時09分)

【1ポイント速報】シフィオンテクvsルバキナ (0時00分)

4月20日

日比野ペア 逆転負けで決勝逃す (21時55分)

スコア操作&賭博、審判が永久追放 (18時35分)

17歳新星を撃破「現実離れしてた」 (17時23分)

ズベレフ「この天候では勝てない」 (16時26分)

高級リゾートで団体戦、非日常体験 (15時00分)

全チーム賞金獲得!団体戦が開催 (15時00分)

女王シフィオンテク 3連覇へあと2勝 (14時32分)

極寒の戦い制す、7度目の正直なるか (13時54分)

大坂なおみ以来の珍記録 (11時47分)

無敗記録を継続 3連覇へ前進 (10時34分)

世界3位撃破「信じられない結末」 (9時11分)

大苦戦チチパス、逆転勝ちで4強 (8時06分)

4月19日

ズベレフ 世界106位に敗れ4強逃す (22時55分)

先月負傷のマレー 練習再開 (21時19分)

ルバキナ 接戦制しクレー初戦白星 (18時58分)

西岡良仁、世界40位とバスケ対決 (17時58分)

わずか48分、母国大会で圧勝し8強 (17時13分)

弧を描く“バナナショット”披露 (15時34分)

世界1位 今季クレー初戦白星で8強へ (14時32分)

フェデラーも協力 新作テニスゲーム (13時53分)

島袋将 元世界31位ハリスに敗北 (12時21分)

【1ポイント速報】島袋将vsハリス (10時53分)

17歳フォンセカ、ツアー2度目の8強へ (10時16分)

デミノー撃破の19歳フィスが8強へ (8時35分)

ダニエル太郎 オジェに屈し8強ならず (7時19分)

4月18日

通算200勝達成「知らなかった」 (22時05分)

日比野菜緒ペア 不戦勝で4強 (21時02分)

ナダル 全仏OPに覚悟「命を懸ける」 (19時18分)

試合後に気持ち溢れ号泣 (17時34分)

大坂なおみ撃破「対戦できて光栄」 (15時53分)

NEW ERAコラボ第3弾があたるプレゼント企画実施中 (15時28分)

島袋将 チャレンジャー大会8強へ (14時19分)

【1ポイント速報】島袋将vsホン (12時33分)

錦織、全仏&全米の新作ウエア発表 (12時25分)

東レPPO 毎トー優勝者に予選WC付与決定 (12時04分)

ナダルに勝利「一生に一度のチャンス」 (11時01分)

36歳バウティスタ=アグ 400勝に到達 (8時58分)

ナダル敗退「このコートに別れを告げることができた」 (7時37分)

ナダル 世界11位に敗れ16強ならず (1時10分)

【動画】ムグルサ 四大大会初優勝の瞬間 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!