国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

若きフェデラーの一撃に反響

ロジャー・フェデラー
バーゼルでのフェデラー(画像は2006年)
画像提供: ゲッティイメージズ
ATP Tennis TVのインスタグラムは24日、2002年に行われたスイス・インドア・バーゼル(スイス/バーゼル、室内ハード)での世界ランク4位のR・フェデラー(スイス)のスーパーショットを掲載した。

>>フェデラー 2002年のスーパーショット<<

>>YouTube テニス365チャンネル<<

Tennis TVはこの日「おめでとうフェデラー」と題し動画を投稿。「1週間にわたる投票の結果、このショットが2000年代10年間におけるATPショットに選ばれた。投票してくれた方、ありがとう」と、これまで10度同大会を制覇している38歳のフェデラーを紹介した。

フェデラーは2002年の準々決勝で元世界ランク1位のA・ロディック(アメリカ)と対戦した。掲載された動画では、フェデラーがサーブ&ボレーを行うロディックに苦戦。ネットに詰めたロディックを抜くことができずに追い込まれるフェデラーだったが、ロディックのスマッシュをベースラインの後ろからスマッシュ。そのまま相手コートに決まりポイントを獲得した。

ポイントが決まるとフェデラーはガッツポーズ。呆然としたロディックはラケットをフェデラーサイドに投げ入れると、フェデラーに近づきスーパーショットを称えた。

この動画は17万8,000回以上再生され、300以上のコメントが寄せられている。

フェデラーはこの試合、ロディックを7-6 (7-5), 6-1で破ったものの、準決勝でD・ナルバンディアン(アルゼンチン)に逆転で敗れ姿を消している。

この投稿をInstagramで見る

Congrats @rogerfederer! 🏆🥇 . #tennis #tennistv #federer

Tennis TV(@tennistv)がシェアした投稿 -




■関連ニュース

・サービス後頭部直撃 倒れ込む
・ナダルのプレーに「永遠の感動」
・フェデラー 全豪の錦織が分岐点

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年5月25日18時20分)

その他のニュース

7月14日

プイユが手術 復帰は今季終盤か (17時37分)

42歳ハース出場も4強ならず (16時44分)

「ヘッド黒塗り謎ラケを打ってみた。トラックマンによる数値計測も行なってみた。#全身スピン」 (14時21分)

パートナーが出産「幸せ」 (10時46分)

ディミトロフ陰性に「感謝」 (8時56分)

アンダーソン「GS優勝したい」 (7時50分)

7月13日

YouTube 加藤未唯の好きなタイプ (18時33分)

ボール直撃の珍事を特集 (18時25分)

ナダル 初Vの死闘振り返る (17時36分)

フェデラーら活躍大会に注目 (16時07分)

ティームら出場 組み合わせ発表 (13時18分)

激闘制しUTS優勝 チチパス下す (11時45分)

望月慎太郎 中止は「しかたない」 (10時47分)

7月12日

ウィナーで優勝の瞬間を特集 (18時25分)

全国高3テニス大会 申込受付中 (16時23分)

10年ぶりにパルレモ出場へ (14時14分)

チチパスがハチャノフへ冗談 (12時01分)

ルブレフ、ティーム撃破でV (10時51分)

7月11日

ブライアン兄弟らのプレー掲載 (18時36分)

ベレッティーニ 3日間で3カ国移動 (17時05分)

「騙されたと思って打ってみて!ラクラケはプラスが色々」 (15時58分)

WB 約13億円を選手に分配 (13時11分)

テニスイラストコンテスト開催 (11時57分)

ティーム決勝へ「大きな目標」 (11時21分)

コロナから回復 コート練習再開 (10時11分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!