- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 全豪の錦織が分岐点

男子テニスで世界ランク2位のR・フェデラー(スイス)はNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)準決勝で敗退し、今シーズンを終えた。

元王者のフェデラーは昨年に膝を負傷し、その影響で世界ランキングは2002年10月以来14年ぶりにトップ10から転落。再起をかけ、エキシビションの国別対抗戦 ホップマンカップ(オーストラリア/ パース、ハード)で2017年をスタートさせたフェデラーは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)へ臨んだ。

初戦は元世界ランク8位のJ・メルツァー(オーストリア)に苦戦も、2・3回戦でストレート勝ちをおさめてベスト16へ進出した。4回戦で待っていたのは、前哨戦のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)で準優勝を飾った錦織圭だった。

この試合は序盤から白熱したラリー戦が繰り広げられ、満身創痍で戦う錦織に対し、勝利への執念が上回ったフェデラーが6-7 (4-7), 6-4, 6-1, 4-6, 6-3のスコアで振り切った。試合時間は3時間24分におよんだ。

その後も当時35歳のフェデラーは勢いを失わず、準決勝でS・ワウリンカ(スイス)、決勝でR・ナダル(スペイン)との激闘を制して7年ぶり5度目の優勝を果たし、完全復活を遂げた。

Nitto ATPファイナルズの会見で、今シーズンを振り返ったフェデラーは錦織との全豪オープン4回戦をあげ、復活への分岐点であったことを述べた。

「全豪オープンの錦織戦も逆の結果になっていたかもしれない。いずれにせよ、こうして最高のシーズンを送れたことに満足している。予想していた以上のシーズンになった」

全豪オープン後、フェデラーはマスターズ3大会やウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)での優勝など今季7勝をあげた。

Nitto ATPファイナルズは準決勝で過去6連勝と相性が良いD・ゴファン(ベルギー)に逆転負けを喫し、52勝5敗で2017年に幕を下ろしたフェデラーは「けがもなく戦えたことを嬉しく思う」と口にした。

また、今年は復活したフェデラーとナダルとは対照的に、N・ジョコビッチ(セルビア)A・マレー(イギリス)、ワウリンカ、錦織、M・ラオニッチ(カナダ)らが休養へ入った。36歳になった今も衰えを見せないフェデラーは、復帰を目指す錦織らへエールを送った。

「圭やトマス(ベルディヒ)、ミロシュ(ラオニッチ)らも復活して、オーストラリアでいいプレーを見せてほしい。来シーズンが素晴らしいスタートになることを期待している」






■関連ニュース■

・フェデラー 錦織は「欠かせない」
・フェデラー 錦織ら負傷続出語る
・フェデラー 東京五輪出場は?
(2017年11月26日11時04分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!